Jun著「英検1級合格マップ」アルクから出ました!
英検1級合格マップ

2016年12月31日

2016年:年末年始冬休み2日目


もう2日目になっちゃいました。
貴重な冬休みが〜〜〜〜!!!!
と嘆いても仕方ないのですが。

今日はそして唯一外出する日。なので
勉強はそこそこにお出かけを満喫してました。


まず、朝起きてから(7時起床❗❗❗❗💥)、
英検1級過去問エッセイ(の準備) 45分
昨夜JRCで解いた2016-2回のエッセイを書いてフルーツフルに提出し、、ようと思いましたがやめました。
  (→ 今12/31までチケットが安いので多めに買っておきます)
トピックは
Should democratic nations actively promote the spread of democracy to nondemocratic nations?
エッセイを書くのに慣れてなかった頃は(今でも下手ですが)サンプルアンサーを大量に音読して書き方を真似ることを頑張ってました。アイディアとかも浮かばないので。

最近は、関連情報をネットで探して(英検とは直接関係ないサイト)
そこから自分の意見を考えてエッセーにするようにしてます。たとえば、今回のは
- Promoting Democracy: The Whys and Hows for the United States and the International Community
- Democracy Cannot be Imposed by Force
- Promoting Democracy and Human Rights
- Promoting Democracy Is Not Imposing Democracy
- The Great Democracy Meltdown -Why Democracy is Failing Across the World-

http://www.debate.org/ とかもいいですね。これ↓
- Should Democracy abroad be promoted by the United States?

っていうエッセー書く前にこれくらいの記事を読んでると30分とかすぐに経過しちゃいます。まったく時間なんていくらあったって足りやしない。

これくらい読んだところで

最終ゴールはすべての国がデモクラシーになることだ、という人がいるが
でもそこまで単純ではない
1. 外国の助けなしに推進できない。その場合はデモクラティックじゃない
2. それぞれの国に考え方や感じ方、適切な政治がある。デモクラシー一択ではない


キーワードは、authoritarianism とか dictatorship とかかな。
あと、これは使いたい!
democracy promotion is not a panacea.
panacea はパス単にも載ってる定番1級単語ですね

ここまでまとめてたんだけど、、3つ目が思い浮かばず。Give Up💤💤
今日はこのへんで勘弁しといてやるぜ (° ꈊ °)
もうちょっと書きやすいトピックが出てきたら書いてみるかもしれません。
なのでこの回のトピックはスキップで。
本番では賛成で書いて民主主義の良いところを並べて終わりました。
もちろん、それなりの点数(W: 703)で終わってますが。


で、洋楽 30分+30分


そして、いつものシャドーイング
今日は発音はスキップで。時間が少ないので。

でも本を開かなくてもいいやつはやっていきます。
1. Mastering the American Accent 15分
p.106 CD4 Track 36 Practice Paragraph (Linking vowel to vowel, consonant to vowel, and consonant to consonant)

2. CNN ENGLISH EXPRESS 2016年12月号 15分
p.19 CD3 Professional Listening Techniques [US president Barak Obama says ...]
p.21 CD7 Paralympians Outrun Olympic Champion
p.25 CD10 Reindeer Killed by Lightning



CNN EE 脱マンネリ表現のまとめ on Google Docs 30分
昨日の続きです。



チェルシー視聴 30分
チェルシー・ハンドラーのトークショー at Netflix
FYI: トークショーの世界配信: 「チェルシー」にみるイノベーション

シーズン1エピソード1を試しに見てみました。



今日はミュージカル RENT を見てきたので
ほとんど勉強はできてません。

また明日がんばりまーす。





posted by Jun at 00:20| Comment(0) | 勉強記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

2016年:年末年始冬休み1日目


久々の勉強記録を更新です。




っていう感じで、楽しそうな冬休みの計画(?)を立てたので
いろいろできてるかできてないか確認しつつ記録したいと思います。

まずは、今朝は少し遅めの起床で 4:00 起床。



なんかツイッタータイムラインとか見てると
とか、
ツイキャス聞いてると
他の英語学習者のストイックさとか優秀者に圧倒されてばかりで

そうゆうのを見ると

あ、自分も頑張らないと!

って思えるので、この冬休みの計画でつぶやいた項目以外も
色々とやってみるかもしれません。
記録してる時間については朝30分に、もう一回夜に30分とかいうときは + で表示してます。
そこまで厳密な数字でもないですが。

ずっと電波時計で自宅でも動いてるので、
○時0分、15分、30分、45分のときに何かをスタートして決めた時間までそれをやります。
これは食事とか掃除とかも同じで。その時間がきたら始めるようにしてるので、逆にその時間がこないと始めません。関係ないですが、JRC系でスカイプコールするときは秒単位でカウントダウンしてから開始時刻の+-10秒もタイムラグがないように心がけてます(←他のメンバーは誰1人として10秒や20秒早くても遅くてもたぶん気にしてませんw



ってことで、まずは、朝は起きてからシャドーイング

先に発音の練習をします。
1. American Accent Training 30分
p.41 CD2 Track34 Squeezed-Out Syllables
p.76 CD3 Track27 Reduction Sounds
p.87 CD3 Track43 glide (Vowel / Vowel Liaison Practice)
p.88 CD3 Track45 T, D, S, or Z+Y Liaisons
p.90 CD3 Track47 Finding Liaisons and Glides
p.91 CD3 Track50 Colloquial Reductions and Liaisons
p.102 CD4 Track6, 8, 9,10, 13 The American T

2. Mastering the American Accent 15分
p.106 CD4 Track 36 Practice Paragraph (Linking vowel to vowel, consonant to vowel, and consonant to consonant)

こっちは本を開かなくても言えるくらいなのでシャドーイングしたりオーバーラッピングしたり録音して「うぇー」って思ったり。その反省を意識して音なしで音読してみたり。音読もスピードを限界まで上げたり、逆に落として丁寧に音を出すようにしてみたり。そしてまた録音してみたり。


次の3.も、見なくてもできるやつ。本はすでに本棚にしまいっぱなしです。

3. CNN ENGLISH EXPRESS 2016年12月号 15分
p.19 CD3 Professional Listening Techniques [US president Barak Obama says ...]
p.21 CD7 Paralympians Outrun Olympic Champion
p.25 CD10 Reindeer Killed by Lightning

数回ずつオーバーラッピングしてから録音して反省してそれからまたオーバーラッピング。今回は F の音を意識して修正してました。こっちは試験英語の音声じゃなくてニュースそのままなのでスピードがついていけないところがけっこーあり長い付き合いになりそうです。

このCNN EEの練習が楽しいのは、なんといっても、(録音を聞くまでは)「え、どこのニュースキャスターですか?!」ってなりきってシャドーイングできること(ノ≧ڡ≦)

録音聞くと「はぁ。。(´-ω-`)」ってなるけどね。


4. CNN ENGLISH EXPRESS 2017年 1月号 30分+30分
p.25 CD10 Conjoined Babies Separated
p.30 CD15 Japanese Biologist Wins Nobel Prize
p.31 CD17 UN Vote on New Secretary-General
p.32 CD19 Assange to Release 1 Million Documents
p.33 CD21 Concern over Great Wall Repairs
p.36 CD27 Death of Thai King
p.37 CD29 Milestones of China's Space Program
p.53- CD40-44 Virtual Reality Classroom
p.65- CD62-66 Big Progress in a Little Package
p.70- CD 68-72 Taking Burials to New Depths

こっちは届いてからの練習量がまだ少なく、覚えてもないのですが、繰り返しやってくことですでに覚えた12月号同様できるようになると思います。そして、次の号が届く頃にこの号からいくつか対象を絞って継続して練習していくものを決めます。12月号は上記3つだけを残しました。
p.86 「137億年の物語―宇宙が始まってから今日までの全歴史」については以前から聞いていてほしい本だったので内容に興味はありますが、イギリス人が喋っているのでシャドーイング対象からは外してます。



5. ENGLISH JOURNAL 2017年 01月号 30分
p.106 CD21 US, China ratify Paris climate agreement
p.118 CD29 Tea Time Talk Vol.142 On Writing
p.120 CD30-32 Quick Chat 「ペットを飼ったことはありますか?」

こっちは他の素材と比較するとそこまで丁寧にやる感じでもなくて。
いろんな内容をできるだけ広くやる中で知識とか表現とかを得るため、みたいな感じ。



次に、音読メニュー

CNN ENGLISH EXPRESS 2017年 1月号 45分
p.42 - 49 「脱マンネリ」表現
p.93 この日本語ネイティブなら何と言う?

「脱マンネリ」はこれかなり良い!あたしが知らないだけってこともあるけど。Google Driveにまとめておいて、あとは印刷してレギュラー音読メニューに追加決定です!



このへんで洋楽 60分+15分
曲の意味を調べたりしながら1曲ずつ練習します。
音程が多少外れててもそれは仕方ないとして、大事なのはアクセントとかイントネーションです。



次に洋画 120分
いつもの海外ドラマに加えて、冬休みは1本映画を観ることにしました。
と思ってましたが、予定のものがNetflixから消えてたので、New Year's Eveに。
ストーリーもまったく初めてなので初回はふつーに2時間みました。
なので勉強時間ってほどではないです。英語音声+英語字幕。

でも時期的に大晦日のストーリー in NY でかなり良かったです。
セリフとか発音に注目しつつ楽しめました。



いつものシャドーイング 30分+35分
6. 英検1級 面接大特訓:JRC-E1今日締め切りのp.289 シャドーイング→暗唱→録音
7. 英語で話す力。:1/1締め切りの Unit25 A, Bをシャドーイング
8. Hackers TOEFL Listening:今週のp.198 No.3 シャドーイング。まだ完成にはほど遠い



いつものオンライン英会話 25分
レアジョブでデイリーニュース


ずっと声を出してると疲れてくるのでときどきそうじゃないのを間に入れます。
ここでは、洋画の表現まとめ on my blog + CNN EE 脱マンネリ表現のまとめ on Google Docs 30分
文字でちゃんと残しておくと後日も見れます。脱のほうは量が多くてまた明日以降に続きをまとめます


そして、読み物も。
英字雑誌4冊を進める 30分
National Geographic [US] October 2016 p.100〜


ちょっとやっぱりここらへんで脳が疲れてきたので
海外ドラマをゆるーく観る 30分
ビッグバンセオリーのシリーズ1-エピソード2
これ、めっちゃおもしろいです。
Scientific American的な単語が頻出なので。


そして、本日のクライマックスは。。。。
仲間と英検1級過去問Skype 120分
2016年−2回:ライティングなし
語彙 -2, 穴埋め -0, 読解 -0
part1 -0, part2 -2, part3 -2, part4 -1

エッセーは明日以降に添削に出そうと思います。



ということで、本日は11時間くらいの英語時間でした。
4時起床の割に思ったより少なかったけど

23min. Runもできたし、
Butt Trainer と筋トレもできたので良かったかな。

あと5日。明日は出かける予定だけど
貴重な時間大切に使おう。



New Year's EVE の表現とか。
1. He's playing some party,
but this is Times Square.
She's a little on edge today.

on edge = not relaxed, nervous, anxious, edgy

2. if we could schedule a C-section.
Just, you know, kind of get this show
on the road, am I right?
- Yeah.
- Uh, we were thinking, um...
...maybe tonight-ish.
Midnight-ish. Uh...


-ish

Kind of/sort of, usually added onto the end of a word or phrase
eg.) well did it work?
  - Yes...ish


1. kind of, sort of.
2. Give or take a time period
 1. That's what I meant to say... ish.
 2a. Come over at 12-ish. (give or take an hour)
 2b. Come over at 12:30-ish (give or take half hour)
 2c. Come over at 11:10-ish (your choice; five minutes or ten)



3. Since 1907 there's been
a Times Square ball drop.
The first ball was made
of wood and iron...


Times Square ball
= a time ball located in New York City's Times Square. Located on the roof of One Times Square, the ball is a prominent part of a New Year's Eve celebration in Times Square commonly referred to as the ball drop, where the ball descends 141 feet (43 m) in 60 seconds down a specially designed flagpole, beginning at 11:59:00 p.m. ET, and resting at midnight to signal the start of the new year. In recent years, the festivities have been preceded by live entertainment, including performances by musicians.
TimesSquareBall.png



4. Truce?
Truce.

これはカップルが大げんかをしてるところだったんだけどちょっと休戦ってところで片方がひとこと。で、相手が同じ単語で返すっていう💕


5. - Okay. Mom! Mom! No more.
I'm over it.
I'm over it and I'm over you.


over it : to want to have nothing to do with it; to not want to hear about it, see it, deal with it.


6. save a kiss for me.
15歳の女の子が同じ学校の男子にデートの待ち合わせの前に言ってた💓



7.
make a hole
これは何回も何人もの人が言ってたセリフ。
「ちょっと通してくださーい」「道をあけてくださーい」「とおりまーす」みたいな感じ。


posted by Jun at 00:38| Comment(0) | 勉強記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

TED:Laura Vanderkam: How to gain control of your free time





この人の英語の喋り方をコピーしたい!って思って
ブックマークしておいて何回か聴いてます。
ところどころスピードが速くなるのでついていけないですが。

時間管理についてのトピックもあたしの大好きなネタです。

TEDのページはここ→How to gain control of your free time


いいなって思う動画とかを
できればスクリプト見れるやつで
シャドーイングとかするのは
とても良いと思います!!


posted by Jun at 22:49| Comment(0) | TED | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

サンプルスピーチ音読について→エッセイ対策と二次対策に:英検1級合格マップ


英検1級合格マップでもこのブログでも載せている二次対策用のサンプルスピーチの音読について質問をいただいた(本が発売されて割とすぐにいただいたのですが、)ので本の内容を補足する感じで書いてみます。

合格マップのp.126の下の方に載ってるサイトがこの2つ。
http://e-kaiwa-master.com/essayfreedl.html
http://voiceroom.web.fc2.com/CI16.htm

で、ここを使った二次対策について、です。

もちろんライティング対策にもなります。
エッセイはトピックが1つしかないし
得意ジャンルのものが出るとは限りません。
なので特に幅広いジャンルのトピックについて
何かしら自分の意見を述べることができる必要があるのです。

もちろんふだんから日経とか読んでたり
いろんな情報ソースから物事を考えて
自分なりの意見を持っている方には必要ないかもしれません。

あたしのように英検受ける前は特に時事問題とか疎くて(今も疎いけど)
特にどんなジャンルについても自分の意見もない場合は
試験合格を考えると自分の意見であってもなくても
それをきれいにまとめて読み手聞き手を納得させるものを
作る必要があります。

普段から何も考えてないと何も浮かびません。
そこでサンプルアンサーです。

このジャンルにはこんな3つのアイディアが言えればいいのかーって
そのアイディアをもらう場所です。
それを自分の意見として伝えることができれば合格です。

いただいた質問はだいたいこんな感じ。
ちょっと変えてありますが内容はあってると思います。


スピーチサンプルなど合計200個プリントアウトしました。
進め方は1つ目を10回音読、2つ目を10回音読、、、200個目を10回音読のようにやりますか?
また、1番目から200番目までどれくらい時間をかけましたか?



Jun 送った回答は、、、


回数はそれほど重要ではなくて
・内容を理解して
・表現を取り込みつつ
・できるだけ多くのジャンルをカバーする

ことが、自分でスピーチを作る前の段階として必要です。

それでもやはり具体的な数字が欲しいということであれば
1つのスピーチを10回毎日繰り返す、で進めてみてはいかがでしょうか?

そして、毎日200個は無理なので
最初の30個を10回ずつ、朝と夜に。
で、翌日は11個目から40個目までの30個を10回を朝晩2セット、
その翌日は21番目から50個目までを。。。。という感じで
少しずつずらしていきます。

時間的に余裕がある方は1セット20回ずつにします。

200個目までくるとまた1個目に戻ります。

初回合格の時には一次試験後に、1ヶ月朝晩毎日続けて
その上で、スカイプ英会話のシミュレーションレッスンを
24回くらい受けました。
シミュレーションレッスン以外の英会話レッスンも受けていました。


それくらいやっていると
だいたいどんなジャンルでも何かしら答えられるようになります。
スピーチだけではなく質疑応答も重要なので
音読や暗唱以外に、何か関連事項を質問された時に
瞬時に反応して答えられることが必要です。




以上です!

回数とかどうやって進めるかっていうのは
具体的な方が、単にそれを真似するだけいいので
楽に取り組めるって方はぜひ同じ方法でやってみてください。

やってみて、自分に合う方法やアレンジを加えて
さらに加速度的に二次試験対応力を高めていくのも
もちろんすごくおすすめです。

posted by Jun at 23:23| Comment(11) | 英検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英検のリスニング口語表現は知ってるか知らないかが鍵:ではその習得方法は?


英検のリスニング
について質問いただいたので
回答を書いてみたいです。


口語表現?についての取得方法について悩んでいます。
たとえば、
I can live with that.
それなら我慢できるわ
みたいな表現なんですが、
私は聞いたことないフレーズなのでそこで?と固まってしまって。

こういう表現ってTOEICではあまりでてこなかった気がするのですが。
こういうのって
知ってるか
知らないか
になってしまうと思うのですが、
どうやって勉強していけば良いのでしょうか?
なにか良いテキストが有ればご紹介頂けるとありがたいのですが…



テキストってのは難しいねー。
こうゆうのは、これまでにどれだけの英語を読んで聴いて観てきたか、ってことになるから。

教科書に載ってない意味を雰囲気で掴む、ってことで。

とはいえ、
これまで学生時代からやってこなかった過去を悔やんでも仕方ないし、
多かれ少なかれ誰でも同じで「ここが足りないあれが足りない」と感じるし
あたしも同じで、っていうか毎日思うし。

ひとつの方法としては、TOEIC(特にpart2)や英検で出てきたら書き留めておき、ひとつでも覚えておく。
できれば、それを英会話などで使ってみる
自分の言葉で使うと、少し違う表現や形で現れても応用が利いて、雰囲気をつかめるようになる。



あとは、洋楽ドラマをセリフを見ながら、解説サイトググってみたり、かな。日本語の意味を書いてくれてるところとかあるし。そのようなものをまとめてある本も売ってると思うけど。本に書いてある1ページ1表現を根性で覚えることもできるだろうけど、映像つきで、とか、実際のシチュエーションで、あれ?なにこれ?って思う経験をしないと、感覚が身につかないかな、と。


知ってるか知らないか、ではある。

でも、大量の口語表現を観たり聴いたり読んだりすると、似たようなものもなんとなく感覚で掴めるようになる。それには大量のインプットも必要で。


それまでは、
・ひとつひとつ出会ったら書き留める
・書く、または、話す、で使ってみる
・洋楽、ドラマ映画で単に楽しむのではなく表現を見つける視点を意識して勉強する
・口語表現の本を1冊読んでみる
←これは最後の補助手段。

で、どうかしら。



英文もそうだし、ドラマとか良いね。
これはあたしが最近やってるからだけど笑


このブログの海外ドラマ・映画で英語をのカテゴリでちょこっと書いてある(最近始めたばかりだけど)ドラマ10分を3時間くらいかけて、セリフを勉強していく、それに時々復習して記憶を上塗りしていく、ってくらい、丁寧にやってくなら勉強になると思う。ただ、ストーリーを楽しんで「あー感動したーおもしろかったねー」だと別にそれは英語の勉強にはならない。

ただ、英検合格を目指すためのリスニングにおける口語表現ってところにあくまでもフォーカスするなら、英検対策は、過去問がやっぱり一番だから、ドラマとか映画は遠回りになっちゃうね。映画とかじゃなくて、英検の過去問を大量にとき、すべての初見の表現をノートにでも書いておく→時々見直す。がいいと思う。

あたしは小学5年生から始めた英語、試験対策が中心の英語学習人生だったけど
それでも特に大学受験準備では大量の英文(問題集や参考書)を読み、試験英語を聞いてきたっていうその量的な蓄積があるから、あたしの現在がある。そこで今はずっとやってこなかった表現とか教科書に載ってないものや発音イントネーションに注力してる。これは試験対策でもなんでもない(つもり)。


っていう、今回はコメントなどではなく直接メッセージいただき、すでに回答済みなのですが、答えになったようななってないようなお返事を送りました。「ブログネタにしたいな」っていうことは伝えてあって快諾頂いたのでちょっと詳しめにここに書いてみました。





posted by Jun at 21:16| Comment(0) | 英検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする