オンラインSKype英会話はリアル英会話

2017年06月24日

Time Asia [US] June 26 2017

Spoiler Alert



Time Asia [US] June 26 2017


今週号はちょっといつもより読みやすそうです。
長い記事がアメリカの政治とかロシアがなんとか〜とかだと
ついついスキップしちゃいますが、
今回はUberです。まだ途中だけど。


ブログにまとめるのはナショジオだけかなと思ってはいるのですが、
今回はTIMEも書いてみます。


p.7 Ways to ride the world's oceans of plastic trash----------

これはツイートもしたけど
英検のエッセイやスピーチにサラっと入れたい具体例が載ってます。


UN summitでアジアの国たちがプラスチックだらけの海を綺麗にする
ってことを決めた話です。

幾つかの国がおもしろいクリーン作戦を考えついたようです。

ひとつめ
パソコンメーカーのDELLが 配置の海岸から集めたゴミをリサイクルして
laptop packagingを作るってことです。パソコン入れる箱とか容器のことかな。
かなりのプラスチックが海からなくせる見込みとのこと。

ふたつめ
Stell McCartneyさんというデザイナーは、自分の製品の幾つかに
ポリエステルの代わりに海のプラスチックを使うと決めたようです。
彼女は以前、海から取り出した( recver ) プラスチックから
スニーカーを作るのをAdidasと一緒にやって経験があります。
彼女だけじゃなく、2014年にはあるミュージシャンが
廃棄プラスチック(plastic waste)から作ったデニムコレクションで
オランダのブランドと一緒に活動していました。

みっつめ
オランダの起業家がプラスチックを取り出すためのバリアや水中に設置する
スクリーンを開発したんだけど、Great Pacific Garbage Patchでそれを試したいとのこと。

とはいえ、科学者達がいうにはそんなにすぐに解決する方法はなくて
国ごとでもうちょっと良いゴミ政策を作ることだったり
国民にプラスチックの使用を減らすように説得することだって。

Great Pacific Garbage Patch = 太平洋ゴミベルト

使いたい表現は多すぎて、この文章は、このページだけ切り取って
音読対象にすることにします。


p.8 Middle East rifts are widening amid a global power vacuum----------

これはタイトルから気になる!
rifts are widening っていうのはいろいろ使えそう。


p.10 A shooting and the risks of political outrage ----------
ここは一回ですっと理解できないセンテンスがいくつかありました。
たとえば

It is anchored in the unfashionable idea that political leaders serve a single American public, one united more by its pastimes than divided by its politics. Democrats and Republicans play for the fun of it.

この more と thanに注目して何と何を比較してるか、ってところです。
まず、serveの目的語が a single American publicで、
それを説明しつつ言い換えてるのが
one united by its pastimes
one divided by its politics
の部分です。

moreとthanがあるので、
a single American public、それはつまり、
divided by its politicsなa single American publicというよりは
united by its pastimesなa single American public、にserveしている、
っいう。

unfashionable = 流行でない、時代遅れの
for the fun of it = それがおもしろくて (from weblio)

一瞬で読み取れなかった時にどうするかっていうのは
その時の気分によりますが、
こうやって立ち止まって構文や分の組み立てを考えるのも
良いなって思いました。


もうひとつ瞬時にわかりづらかったのは、その次の列にある箇所。

He targeted the notion that the country could still be more than the political furies that increasingly define it, and that had allegedly come to consume him.

ここでもまたmoreが出てきてます。
この直前のセンテンスでも more thanがあるので、
これを書いた人が比較級好きなのだと推測しました。

でもこれは、A more than Bみたいになってないので
理解するのに時間がかかりました。

the countryがthe political furies以上のものである(could be)、というnotionっていう文の構造です。
define it のitは the countryなのかな、と。

consume himっていう表現も「へぇ」って思いました。

これ、和訳するの難しいなぁ。。
国が(つまりアメリカが)まだ、ますます定義されている政治的猛威以上のものであるかもという考えを標的とした、そして、伝えられるところによると、彼はその考えにとりつかれた
的な!?

consume somebody (with something) [usually passive] to fill somebody with a strong feeling
だいたい受け身みたいです。


あと、気になった、こんな文かけるといいなと思ったのは、

Most days, partisans benefit by stoking the political outrage. But few in Washington now doubt that anger has gone too far, crossing from passion to danger, from appropriate to irrational.

stoke = かき立てる

gone too farをそのあとから説明してて
crossing from passion to danger, from appropriate to irrational.
っていうところです。

あ、今気づいたけど、これは doubt that だから、〜ではない、と疑うってことだから、〜ではないと思ってるってことだ。でも、主語が fewだから、doubtしてる人はあまりいない、ってこと。


そういえば、この次の長い記事は
スポーツものだったので脊髄反射的にスキップしました。


p.17 Never mind Trump. We need Shakespeare more than ever ----------

ここで気に入った表現、というか書き方を。

最初の段落で、

The election returns were still coming in
when Oskar Eustis, artistic director of New York City's famed Public Theater,
knew what he must do.


って書いておいて、次のパラグラフで

Seven months later, the deed is done

っていう、

読み手が「え、なになに?続きは」と気になる感じです。


あと、次のページで

it's easy to divide the world into friends and foes,
to deny the flaws of allies while magnifying the blemishes of the enemy


っていう、この対比を使ってて
しかも、foeとかblemishっていう単語使ってたり
magnify っていう動詞を使ってたり。

これJun能動語彙の範囲で書き直しちゃうと、
it is easy to divide the world into friends and enemies,
to ignore the weak points of friends
while exaggerating defects of the enemy

っていう、こんな感じになるでしょう。

英字雑誌とかでは、こんな書き方がしたい、っていうところを見つけて
ちょっとずつ自分の能動語彙だったり表現の幅を広げていきたいです。



以上、気まぐれにTIMEで思ったこと書いてみました。
今週は今やっとUberの記事に入りました。もうすぐ半分です。






posted by Jun at 05:22| 英語を読む事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

英検1級2次試験スピーチ・質疑応答対策!3週間で合格


今夜から早速、2次試験対策スカイプです。
3週間あるので、スピーチも質疑応答も
丁寧にやってって、合格ラインまで届くよう
可能な限りサポートしていきます!

1級の2次試験対策のスカイプはまだ受付中です→http://kokucheese.com/event/index/471015/

※カメラは不要です。
スカイプ初めてでも、スマホで電話とかLINE通話するのと同じです。
スカイプはパソコンだけじゃなく、スマホやタブレットにも入るし
無料で使えるのでとっても便利✨





合格マップ買ってくださった方から
「不合格だったけど、受けてみたら意外と点数がよかった」
「リスニング先読みを本で知ってやってみたら、一次試験突破しました〜」
「受けたことで次までやることが見えました」
なんて、
合格しても
惜しくも不合格でも
いろんな嬉しいご連絡いただいてます。

ありがとうございます!!!!!

秋受験や冬受験
また来年合格目指す場合にも
英検1級合格マップ、ぜひお供にどうぞ💕💕

英語上級者には不要かと思います。

でも、合格をとにかく
ぎりぎりでも欲しい!って方には
かなり役立つ内容になってるので
合格までご一緒できればと思います!


とはいえ、2次試験、それでは不安だ、って方は(笑

これ!



14日でできる! 英検1級 二次試験・面接 完全予想問題

これ1冊あればだいぶ2次試験のことがわかります。
そして、いろんなジャンルのトピックについて
ネタの洗い出しをしてみてください。


2次試験受験する方は、合格まであと少し✨✨✨



posted by Jun at 21:52| 英検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

National Geographic : June 2017 - そのA

Spoiler Alert

1. National Geographic : June 2017 - その@


National Geographic [US] June 2017

それでは、早速第二弾やっていきましょう。

ページを開いてちょっと読んでテンション上がったこの記事。
今Gossip Girlより頻繁に見てしまっている、ビッグバンセオリーに
出てる女優さんの話。

子役だった女優さんが
neuroscienceのPh.D.とって
しかも、また女優に戻った、って
それも、科学者役で、って話。

Startalk; From TV to Lab, and Back -----------------------

ちょっとメモしておきたいのは、これ。
何回かこのブログでも取り上げてる、SA的な語。
STEM = Science, Technology, Engineering and Mathematics
です!

他の単語も。
precocious〈子供が〉早熟の;

女優の名前は、Mayim Bialik。
子供の頃は理科の授業とか眠くなるくらいで
かしこい子供たちのいる学校へ行ってたんだけど
Blossomというドラマに出始めてからは19歳まで
撮影現場にチューターを呼んでた、っぽい。

junior highでは、数学や理科に興味がなくて
すべての男子たちが自分より計算が早くて
理科や数学の美しさがわからなかった、って。

でも、高校の終わり頃に出会った
生物の先生がscientistになれる、っていう自信を与えてくれた。

ここで、インタビューしている人が驚いてて、
たった一人の人が人生を変えてしまうのね、って。

(それはそう思うなぁ。。
あたしが英語を好きになったのだって
中学1年生の時の担任が英語教師だったって
そういう理由だし。その先生が大好きだし、今も)



どれだけ多くの生徒がそんな機会を失っているか?

ほとんどの女子たちが、
STEM領域において、歴史的な差異だったり
先生とかからの文化的なバイアスによって
そういう機会を逸している。

You're not naturally good at math.

っていう感じで。

だって、簡単じゃないって思ったら
その道へ進もうとは思わないもの。


大学へ行ってなかったら、
女優を続けてただろうし、それはそれで幸せだっただろうし。
でも、UCLAへ行くのは好きだったし
academicallyにchallengingなことをするのも好きだった。

そして、
Big Bang Theoryがあんなに人気出るとは?!!!


誰も思ってなかったわよね。
あたしも見たことなかったし!

ここで覚えたい表現!その@
I try to imagine someone pitching the show idea to network executives: "Let's have six scientists, and they'll talk but you won't know what they're talking about, and they'll crack jokes and they'll laugh, but they won't explain it to you."


ここで気になるのは、pitching = 売り込む
とか
crack jokesって言い方。



しばらくインタビューは続くんだけど、次に暗唱したいところ
覚えたい表現!そのA
I don't knock women or scientists who want to do that. For me, that's not the way that I choose to portray women in science.

ここでは、knockが"こきおろす、けなす"みたいな。
どんな女性を、っていうのはその前の部分で出てきてて。

the sexy-scientist stereotype of the white shirt open with the black bra underneath な女性。

そして、Mayim Bialikは続けます。

それだけが興味を引きつける唯一の方法じゃないと思う。

女性科学者に興味がある男性は少ないと思うけど
それが自分のゴールじゃない。
多くの女性が、自分に開かれた道を知らずにいると思う。
私が小学校の時に思ってたような。
ラボに一人になりたくない、
残りの人生オタクみたいなラボコートや
醜いメガネをかけたくない、って。

でも歳をとってわかったの。
海洋生物学とか、動物を研究したり、環境を調査するのも
それもすべて科学なの。


覚えたい表現!そのB
You like engineering? you want to do coding? Knock yourself out.

(まさにこれはあたしの領域=IT系)


いろんな種類の、たくさんの創造性があるSTEM領域がある。
それが、私たちが、できるだけ女性が若いうちに話しておきたいことなのです。


以上〜




In search of a red - HOT LOVER -----------------------
rhesus macaque (Macaca mulatta) = アカゲザルのお話です。macaque.png

hunky = マッチョな;がっしりした

どの猿がかっこいいか?ってところから始まります。
どれが異性からモテるか、って。

どの顔の色がモテるか、って話で
ある研究によると、うすいピンクのやつから、赤い顔の猿までいます。
顔の色が生殖活動での成功率に影響するようです。

文構造が難しかったのが、これ。

Dubuc showed each rhesus test subject two photos of faces in different shades of red.

Dubucさんは an evolutionary biologistです。
これは、showがSVOOの動詞で、
each rhesus test subjectに
two photosを見せた、ってことだね、きっと。

で、その生物学者は発見しました。
濃い赤い顔の方が強くメス猿を引きつけ、
そして、多少はオスザルさえも引きつけた。

調べ方としては、目の動きを記録した。

はい、ここで、覚えたい表現!そのC
It's the same as with humans.
If you see someone attractive in a bar or on the street, your eyes will linger a little longer.


求愛行動も見てみたら、深い赤い顔のほうが
メスザルからのアプローチをより多く受けていた。
中くらいに赤い顔とか薄い顔よりは。

生殖活動においては、女性は赤い顔の方が
薄い顔の猿たちに 勝っていた。

でも、オスザルたちには。

There's a twist.


より多くのカップリングだったり子孫を残すには
オスザルの場合は、赤い顔だけじゃなく
グループでの支配が必要だ。

Color alone wouldn't be enough.

って。

おとこは大変だ。





posted by Jun at 23:27| 英語を読む事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「自然体」な、英検1級一次試験結果


今日は英検の結果発表でした。

Junの結果は。。。。

英検1級一次試験結果_Jun_201701.png


こんな感じ(✿´ ꒳ ` )


Hiroshiさんに、
「2142点くらいだったよ」って報告したら

自然体でいいね!」

って、ひとこと。

いろいろ思う方もいるかもしれませんが
今はスコア追求してないことと
試験前に語彙や過去問で対策をする情熱がないので
受験票持って会場へ行き、
自然にこの点数を出せるのが "いいな"、って思います。

考えてみると、
語彙が-2とかだから
だいぶ安定してきたな、
っていうのはあります。

読解やリスニングも
そのうち上がってくるだろうと思ってるので
あんまり気にしていません。

もちろん850のひとつやふたつも取りたいという気持ちも
あることはあるのですが、
そこまでではない感じかな。

冷めてるわけじゃなくて。


今の英語の勉強を続けていって
・CNN English Expressのシャドーイング
・英字雑誌 (TIME, National Geographic)
・海外ドラマ/映画 etc
いつの間にか、すっと850点とかとれちゃった的な日がくればいいかな。

今は、まだ合格したことのない
1級がどうしても欲しい人とか
準1級をまずは手に入れたい人とかに
合格のための"できるだけ"最短距離な勉強を
シェアしていきたいし
何か一緒にできればなと思います。

ギリギリでも合格は合格。


イッチーとかじゃないし
あたしの英語レベルは高くないけど
まずは合格するところからだし
合格したら、その人それぞれ目指すところがあるだろうし
やりたいこともあるだろうし。

って感じで
この「自然体」な結果に
ちょっと満足です💕

一応、過去の一次試験の点数を振り返ってみましょう。


英検1級一次試験結果_Jun_2017.png

順調にいけば、
11回連続12回目の1級合格となります。


TOEICは7月に久々に受験します。
去年の9月以来です。

最近少しTOEICの問題を解きたい感情が湧いてきました。


やっぱり少し離れてみるのも良いのかもしれません。
去年の前半はけっこーTOEIC自体が辛くなってて
それを無理して受験してて
やっと9月を最後にやめる決心ができて。

だから、英検は無理したくないなっていうのもあるのか、、ないのか。。

また、ほっとけば
あたしのことだから、
急にスコア重視になったり
誰かと競争したくなったり
試験対策に明け暮れたり
TOEIC, TOEFLなど
毎日うるさくツイートするかもしれません(笑


今は好きなようにやれてるので
それが一番いいかな、と。


楽チン✨🎶🎶🎵


posted by Jun at 21:09| 英検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

National Geographic : June 2017 - その@

Spoiler Alert






ってことで、もう一回、英語好きさんの記事を読んでみました。

色はなんでもいいんですが、

未知→赤
使いたい→青


ってことですね。

そして、

1回目:ざっと理解
2回目:調べたいところチェック
3回目:ブログ書きながら調べたり
4回目:使いたい箇所チェック
5回目:音読と暗唱


もちろん、人それぞれやり方があっていいんですが、
いったん、誰かのやり方を真似てみて
自分なりのアレンジを加えていく、ってのも
効率的で効果的だと思ってます。

英字雑誌に限らず。

TIMEについては、1記事取り出して
JBが菊池さんと名古屋で3月かそれくらいにセミナーやった時に
1センテンスずつ暗唱して和訳(サイトラ)してく、
っていうのを週末だけ続けてます
(続いてます!ひっそりと!)

まぁ、週末だけだし、ぜんぜん少ないので
1ページがまだ終わってないんですが、

このTIMEの読み方についても
大好きなナショジオでやってこうかなと
思ってます。

まずは、3番目のブログに書くところから(そこか!?

ナショジオも定期購読したいくらい
とても読みたいものばかりなんだけど
1ヶ月に1冊としたって、やっぱり今のスケジュールに
入れ込むのはとても難しく。

そうでなくても毎週届くTIMEに追われてるのに(苦笑

ってことで、早速、June 2017から始めたいと思います。

National Geographic [US] June 2017

ちょっと順番がすでに前後してますが、
覚えたい表現も実はすでにチェックしてあります。
しかも黄色い蛍光ペンで!
(自分のアレンジ加えたというより別物になってる気が。。。)

Explore; Holo Bones -----------------------
anatomy (解剖学) を効率的に生徒におしえたいなーって思ってた教授が
Microsoftの秘密ラボで体験したHoloLensの記事。
(Microsoft's top secretって書いてあるけど、売ってた
ヘッドセットをつけると周りが火星になって、別の科学者とアイコンタクトさえできるんだけど、その人さえ別の部屋にいるホログラムだったりする。
で、Microsoftは Holoanatomy っていうのを売り出したらしい→売ってる

このholoanatomyで生徒たちは、人間の体の中をexploreできて、
骨とか器官がどんな形なのか、どう動くのかってのを
every angleから観察することができる。

ここで、覚えたい表現!その@
Virtual reality immerses users into an alternate world, removed from their surroundings.
これメイントピックではないんだけど、このimmerse 人 into 〜 worldがいいなぁ、って。
このあと
Virtual realityはそうなんだけど、HoloLensは違うよ、ってことが書いてある。

HoloLensは、実際の物体とホログラムの物体は共存してて、
同時に相互作用(対話)できる。
ってことは、生徒は授業中に教授や他の生徒と会話しながらホログラムともコミュニケートできる。

HoloLensはすでに、航空産業からファッション業界まで使われてて
エレベーター技師は問題を探るのに使ってたり
建築士はブループリントのホログラムバージョンを作ってたり。
いつの日かホログラムで解剖学を学んだ外科医たちが手術をするかもしれない。




Explore; Saving Ocean Species, from top to bottom -----------------------

あ、この記事で覚えたいのはこれ。覚えたい表現!そのA
The old proverb about not giving a man a fish but teaching him how to fish tends to apply literally to matters of ocean conservation.

汚染された海岸とか枯渇した漁場とかの、地域の問題を解決するより、
もっと持続する解決方法は、その土地の人が自分たちで問題に取り組めるツールを渡すことから始まる。

ここでペルーのマンタレイが出てきました!
マンタレイ(笑!
去年のチャリティセミナーで神崎先生がマンタレイの
ゲキムズ長文読解をやってたのを思い出しました。


マンタレイはフラグシップ種であり、ocean healthのindicatorでもある。

あるconservation biologistの女性は、
学校の先生がネットワークを作って
情報を交換し、レッスンプランを比較し、
漁業従事者やビジネスに金銭的援助や技術援助ができるようにしている。

これ、方向をやじるしで書くと
biologistが→学校の先生を手伝う→先生たちが漁師さんと漁業の会社たちを助ける
ってことになる。
この会社たちは、成長してるエコツーリズムを活性化することができる。

この方法は、うまくいってるようにみえる。
マンタレイは法律で守られるようになったし、
イメージアップして、
なんと去年はペルーの国内の雑誌の表紙を飾ったのだ


ほんとはもういっこ、
ビッグバンセオリーに出てる女優さんの記事もやりたかったけど
もう遅いので、今日はここまで!


シャドーイングやって、
筋トレやってから、寝ます!




posted by Jun at 22:41| 英語を読む事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする