オンラインSKype英会話はリアル英会話

2017年03月04日

英会話レッスン強化


この土日はいつものシャドーイングや
ポッドキャストやドラマ・映画とか
もちろんやるのですが、

徐々に英会話レッスンもやっぱり増やしていきたいなと。

2010年頃、オンライン英会話にハマった頃は
1日8レッスン、10レッスンとかふつうにやってました。

その後TOEICにハマり、
1日5模試とかやってましたね(爆


今またオンライン英会話に戻ってきております。
ただ、もちろん、以前とは違う。

もう少し中身のある
ただ喋るだけではなく
自分のスキルを磨いていけるように。

そのためには、どこのスクールでもいいとか
どの先生でもいいやってわけではありません。

ちゃんと丁寧に対応してくれるとこじゃないと。

で、リアル英会話の予約を多めに取りました。

2017-03-05 19:00 時事英会話
2017-03-05 18:00 時事英会話
2017-03-04 21:00 時事英会話
2017-03-04 20:00 時事英会話

先生は
Sky
Sheryl
Grace
Queenie
で!

時事英会話にはしてますが、
ここで書いたように
単なるディスカッションをするだけにとどめず
しっかりと使い方を工夫して

どんなことがやりたいか先生に説明して
トレーニングに付き合ってもらうつもりです。


リアル英会話だと1レッスンが50分なので、2レッスンでも、他のスクールの4レッスン分になります。


50分という時間が苦痛なときもあるのですが
やっぱりちゃんと濃い時間を過ごせるなと感じています。

この他にもいつも通りレアジョブもやってるので
その中ではパラフレーズを意識してニュース記事について話していこうと思っています。


ってことで、今週末もしゃべる練習がんばります!


日曜日の夜21時は
タニケイさんをお招きして
JDH放送するので
それもがんばります!!


posted by Jun at 07:41| オンライン英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

英検1級合格発表 2016-3回


先日、二次試験を受けてきた感想を書きましたが
本日、はやくも結果発表でした。

英検1級2016-3_Jun結果.png


CSE2.0になってから、初めて2800を超えました。
リスニングでの失点がとても痛い感じはありますが
点数が上がるっていうのはそれだけでもやっぱり嬉しいことです。


点数は、前回はS: 640
だったのですが、

今回2次試験は

英検1級2016-3_Jun2次スコア.png


なので、やっぱりちょっと下がってました。
これは、ちょっとずれたスピーチの内容だったことと
結論をほとんど言う前に2分が過ぎて
特に「締める」ことなくスピーチを終えてしまったことが
原因かもしれません。

詳細のスコアが出たら、よく見てみたいと思います。


ということで4つのスコアを見てみると
(前回:R: 703 L: 698 W: 703 S: 640)

英検1級2016-3_Jun_CSEスコア.png

英検1級2016-3_Jun_英検バンド.png


ライティングがかなり引っ張り上げてくれた回でした。


今はスピーキング中心の毎日を送っているので
そこはそのまま続けて、

6月については、リスニングを850かそれに近い点数を取れるように
試験当日に集中する、というところに気をつけます。

ライティングは、今回のように
テクニックやテンプレートに極力頼らず
用法をそれほど知りもしない難解語彙の使用を避けて
相手に理解してもらえる
伝わることにフォーカスした文章を
次回も書きたいと思います。

リーディングは特に何もしなくても
安定してきてるので
できるだけ850に近づけるように持っていきます。


これから、初めての合格を目指す方は
6月まで(または2次だけなら7月まで)たっぷりと準備時間があります。

しっかりと計画を立てて
(ちょっと無理めな計画で、背伸びをしたプランを作って)
その通りに3, 4ヶ月やってみてください。


7月末には合格証書が手元に郵送されてきます。




posted by Jun at 20:20| 英検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

海外ドラマ・映画で英語を磨く -Gossip Girl S1E4 その@

→ エピソード3までの記事はこちら

今日からエピソード4 [ Bad News Blair ] です。

1. Chuckが部屋でパーティしてるところへ1人入ってきた。Nateとの会話
C : Who brought the sasquatch? Isn't that Carter Baizen?
N : I haven't seen him Since he was a senior and we were in the eighth grade.
He looks intense.


sasquatch = サスカッチ、サスクワッチ ; 大きな足跡を残すとされる、未確認の毛深い怪物。主にカナダでSasquatch、アメリカでBig Footが使われる。
sasquatch.png

Carter Baizen is a recurring character on the Gossip Girl television adaption.

an intense look = 情熱的な顔つき



2. NateがBaizenに話してる
N : The last time i saw your sister, She said your family had locked you out And you'd fallen off the face of the earth.
B : I didn't. I just fell off the face of theirs.

disappear/vanish off the face of the earth (British, American & Australian) also fall off the face of the earth (American)
to disappear completely



3. そこへChuckが邪魔をする
Snuck us into our first club, and you're gonna tell me The life of youtube filmmaker is better than this? You invented the lost weekend.

sneak into = 潜り込む
 → Sneaked or Snuck: Which Is Correct?


4. Blairのお母さんとアシスタントの人が喋ってる
You're looking at the high fashion book When you should be looking for a new face- You know, someone who looks good in your clothes.
- Someone in this book, like i told you.
- I hate the american apparel effect.
But they're closer to what you need.
They're-they're now, they're hip.


hip = Cooler than cool, the pinnacle of what is "it". Beyond all trends and conventional coolness.


5. Serenaを誘うのにDanが電話してきた
S : You have my full attention, i promise.
D : Good, 'cause i was calling To ask you to not talk with me at a movie tonight.
S : Tonight? Where? What time?
D : The sunshine, 7:00.
S : I'd love to.

電話に出た時Bが邪魔したので、I promise.とかになってる。
この2人だけがわかるやりとりが素敵💕

そして、7時って言われて「うん、わかった!」っていう返事が I'd love to.っていう。

こういうセリフをふつーに使いたい!



6. Serenaと映画に行けなかったDanが帰宅後お父さんと話す
R : How was the movie?
D : Uh, missable Literally.


7. Danが嫌いなBlairについて語る
Who is basically everything i hate about the upper east side Distilled into one 95-pound, doe-eyed, bon mot tossing, Label-whoring package of girlie evil.

distilled = 蒸留された
doe-eyed = 大きな優しい眼をした、くりくりした愛らしい眼をした
bon mot = 名文句、うまい言葉、(軽妙な)しゃれ
mot = 女、あばずれ
tossing = 〈俗〉〔怒り・いら立ちの強調〕ひどい、いまいましい
label whore = A label whore is someone who only wears brand name clothes, with the name of the brand usually placed somewhere for all to see. A walking advertisement for a clothing store or brand.

bon mot tossing がイマイチわかんないなー


以上!
今日はここまで。

今回は2回でおわりそう。
あと21分34秒のところまできました。

来週もできるかな。





posted by Jun at 22:00| 海外ドラマ・映画で英語を | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「英検1級合格マップ」の2刷が届きました!!!


英検1級合格マップの2刷ができました✨✨✨





ここみるとわかります。

Jun_英検1級合格マップ2刷.jpg


もちろん、2刷の日付も加わってますが
うっかりブログURL載せるのを忘れてたので
それも今回は追加してもらってます。

中身も他にちょこちょこ変化はありますが
比べてもわからないくらいです。


ってことで、本屋で見かけたら
見てみてください!!!


ありがとうございます






posted by Jun at 18:00| 英検1級合格マップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オンライン英会話の使い方を工夫する


あなたの英語勉強法がガラリと変わる 同時通訳者の頭の中




最近、週末になるとこの本を開き、
勉強方法を書き出したメモと比較しつつ、
勉強メニューを決めます。


通訳、という仕事にずっと特に興味はなかったのですが
去年、上田さんの通訳WSとか行って、
イッチーのセミナーで松本さんに会ってお話ししたことをきっかけに
ちょっとだけ意識するようになり、

Salah.さんの影響でシャドーイング中心の生活をするようになり

試験をあまり受けない方向へ意識が変わったところへ


この関谷英里子さんの、勉強法ががらりと変わる本を見つけました。


この本は前にも書きましたが、

え!?1人の人間がこんなに勉強するの?
3人くらい必要じゃない?
っていうくらいの勉強方法が書かれています。

しかも、通訳なので、
今あたしが強化しようとしている
スピーキングに効果のあるものばかりです。

やることをすべて書き出すとかなりの量になりました。

Jun_英検_通訳.JPG

通訳スクールの無料体験とかセミナーにも行ってみようかなと思います。
今の会社をすぐにやめるとかにはならないですが
ちょっとずつ方向転換と、毎日のトレーニングに取り入れていきます。


ってことで、オンライン英会話の使い方


勉強メニューのメモにある
シャドーイングとか暗唱とか
リテンションは1人でもできます。

でもパラフレージングって難しいなぁと思って。
あとはサイトラ(日英、英日)も。


パラフレージングは、英会話の先生に説明したら
一緒にやってくれて
しかも、ボキャブラリーの少ないあたしが考えつかない
パラフレーズの候補を出してくれるんじゃないかなと思ってます。

で、昨日、リアル英会話
Grace にその話をしてみました。
「いいんじゃない?」っていう返事。

これって、何年も知ってる先生だから
こちらを知っててくれるから
言えるリクエストかもしれないな、とは思います。
Graceは優しそうで、実は、ちょっと厳しいところもあるので
ただ楽しいだけのレッスンで終わらないので
あいてるときはいつもGraceです。



レアジョブも週に数回(月に10回以上)受けてますが、毎回違う先生なので、しかも25分なのでちょっと短すぎます。


ってことで、パラフレージングについては
そんな感じでやってみようと思います。
サマライジングも同じ感じでできますね。



次に、サイトラ
これはバイリンガルの先生じゃないと無理かな、と。
なので、エイゴックスで、お願いしたいなと考えてます。
っていう。

オンライン英会話をただ受けて
ニュース読んで、ちょっと意見言って、
って感じのも

なんとなくマンネリ化してきたと思うので
もっと同じ25分、50分を有意義に
自分のすぐ先の未来につながるような
利用をしていきたいと思ったのです。

同じお金を払うんだったら
リターンが大きい方が絶対良いし。

それには、自分からやり方を工夫してみて
先生にリクエストしてみて
先生からのアドバイスも聞きながら
試行錯誤もあると思うし
それより良い方法もあとで見つかるかもしれないし

でも、どんな勉強も
たとえばTOEICでもそうだけど、
やってみて、うまくいかなければ、調整して
自分が心地よく成長できるところを
探していけばいい
と思います。


「何年でそれくらい英語できるようになりますか?」
「半年で900点超えたいんですけどー」

とか
それはもういろんな質問をいただきます。

期間も重要だし
そんなすぐには手に入らないケースもあります。
でも、自分でやってみたらいいのに、って思うことが
多々あります。

「TOEICやろうと思ってるんですけど、どの本がいいですか?」
っていうのも同じ。

どの本、っていうより
どれでもいいから1つ決めて
または、ついていく!と思える人を1人決めて
それだけに絞ってやっていく
自分のアレンジで、その1冊から最大限のリターンを得るように
工夫を繰り返す
、っていう行為が
あとあと色々と功を奏してくれると思います。



あ、あと、
関谷さんが紹介している、Cambly はネイティブなので
これも短い時間でちょっとやってみたいと思います。
ネイティブにも伝わる英語を話したいなと先日思ったのです。

フィリピン人の先生や
日本人にあまりにも慣れてるネイティブ(英検の面接官とか)は
たぶん、くみ取ってくれて
通じてない部分もその人の脳内で補ってくれてる
気がしてて

だから、あまりそんなのがない先生だと
容赦なく(?)ネイティブの耳で聞いてくれて
伝わらなければ伝わらない、っていう状況になるかな、と。

なんとなく、
日頃そう感じている、というだけですが。


まぁ、もちろん、Camblyも英語を教える、という立場で
そこにいる方々なので脳内補充はやってくれちゃうとは思いますが。
ネイティブはネイティブの良さがあると思うし。


あと、シャドーイングはアメリカ英語に限定したくて
CNN English Express もアメリカ英語のとこだけ抜き出してやってましたが
通訳、っていう仕事を考えると(何年先か、定年後か、くらいの先の話ですが)
聴くほうは限定せずいろんな英語を聞いた方がいいなと思いました。


posted by Jun at 08:34| オンライン英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする