オンラインSKype英会話はリアル英会話

2017年04月01日

最近の勉強とか、今後の英語とか

さっき更新しましたが、奨励賞もらうとやっぱやる気出ますね。

ちょっと最近の勉強と、これからの勉強計画とか
試験とかテストとか、英語以外についても。


今は自分自身の勉強としてはシャドーイング中心に
しゃべることを重視してて
ポッドキャストを聞きながら精聴を毎日1つやったり
洋楽の練習をアカペラで正しい発音で歌えるまでやったり(今15曲目!)
あとは、TIME定期購読で多めの文章を読んだり
エコノミストは毎週少しずつ読んで、数人で、記事について英語で50分話すっていう会に最近したり、
他にはオンライン英会話を受けていたり、
週に1回、「英語で話す力。」の暗唱をやってたり(仲間に報告の義務あり)
Gossip Girlを見て気になるところを書き出してみたり


これにプラスして、名古屋の先日のセミナー(菊池さんとJBのやつ)で聞いてきたことをいろいろ実践する予定です。
まずは、TIMEから1ページだけ切り取って(他の記事はすべて読みました)
それを語彙を抽出して
・英英で調べる
・日→英でも言えるようにする
・音読
・サイトラ

・1文ずつ暗唱
ってことをやります。1記事で1ヶ月かかってもいいかな、くらいで。


エコノミストは、一緒に会話する人たちがいて、
1週間に数記事だけ進むので、けっこう内容を理解できたり
ちゃんと調べて準備ができるし、
他の人と話すことでプラスαの知識だったり
英語会話での表現を他の参加者から盗んだりできます。


でも、タイムはやっぱり1週間で1冊届いちゃうので
どうしても追われることになっています。

ってことで、上記の名古屋で学んだことを1記事だけでもやってみようと思ったのです。
他の記事は流し読みでもいいし、語彙を調べてある程度理解できたら次へいく、って
割り切る感じで。でも選んだ1記事は丁寧にやっていきます。



シャドーイングについても今はCNN-EEをずっとやってるのですが、
1冊ずっと1ヶ月やります。
ニュースとか気に入ったインタビューものとか。
今回はテイラースイフトのインタビューをちょっと長期間かけてやってみようと思っています。


ってことで、平日も土日もこれだけでやることがいっぱいで
それでも少しずつ成長してるのかなどうなのかな、って不安になったり
久々に英語で会話した人に褒めてもらえると嬉しかったり

試験をあまり受けないと、測定するものがなくなるので不安だったりします。
あとは1ヶ月に1回のTOEICとか、その頻度で受験していると
気を抜く暇なく勉強をしてることになるし、1試験終わったらすぐに次のテスト、ってなりますが、
今は、何が終わることもなく次の試験とかあまり考えてないので
自分でしっかりと時間ややることを管理しつつ進める必要があります。

その意味で、タイムの定期購読やCNN-EEが1ヶ月に1回、こちらも定期購読で届いてしまうのは良いペースメーカー担っているなぁと思います。その上、英語で話す力。の暗唱やエコノミストを英語で話す会については、一緒にやる人たちがいるので、こちらも週に一回サボり防止になってくれています。

本日は月に一度の集まり。ランチからTOEIC模試を解くっていう流れも板についてきて(もうすぐ3年くらいかな、同じメンバーで集まってるのは)、やる気をもらえたりします。

TOEIC L&Rは年に1回くらい受けて、スコアの更新を(履歴書上の日付だけですが)しておいたほうがいいかなということで、7月受験を考えています。転職予定は今のところないですが、履歴書に書くスコアが3年も4年も前のものはやっぱりなんとなく、って思うので。毎年7月に受験するならリピ割もきくし。履歴書に書くだけなら970点くらいでも普通に良いと思います。ゲームでやるなら990以外はありえませんが、もう戦線離脱してるので気楽なものです(笑

ってことでいうと、本当は履歴書に書く、TOEFL iBT も新しいスコアにしないと、、なのですが、ちょっと受験費用も高いので今は見送りです。まぁ、ふと受けたくなったらちゃんと対策して良いスコアに戻したいですし。。

試験はやっぱり楽しいな、って思います。
それが正直なところです。

極力受けない方向でしばらくはやりますが
少し余裕がでてきたら、ちゃんと対策をして良い結果を出せる準備をして
いろいろな試験を受けたいと思います。
その頃には英語力が高まり試験対策というより結果が自然についてくるかな〜と期待しています。


あとは、スペイン語の仕事をするならDELEも受けてちゃんと資格として履歴書にかける準備をしとかないとなぁと思っています。B2はないとちょっと仕事では使えないかな、と。たぶんここでも語彙が問題。趣味でHSKもまた3級とか挑戦したいなと思ったり。。

4/16のTOEIC SWは神崎先生とオフ会があるので受験することにしましたが、Sはちょっとだけ準備をしたくなりました。上記にあるような毎日のトレーニングメニューから時間を捻出してスピーキング試験の対策をするってちょっと厳しそうではありますが。Q10くらいはちゃんと見直しておきたいです。
S200も、あったら履歴書的にいいよね。。

ってかなり履歴書について今回は書いちゃいましたが
最近(ここ3日くらい)考えていることでした。

posted by Jun at 20:15| 徒然なるままに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年ももらった!英検協会からのEncouragement Award :奨励賞

去年もこんな記事を更新してました。

2016年→うちにも来たよ!英検協会からのEncouragement Award Grade1 :奨励賞

今年もやってきました、奨励賞〜!!!
ぱちぱちぱち〜。

英検1級奨励賞.jpg

こんなの届いたら、やる気出ちゃいますね!

じゃ、12回目、13回目の合格も続けていきましょう!って。

英検1級奨励賞Jun.jpg


スコアはそれほど良くないので
LやRでは850点を取る回が出て来ればいいなと思います。

語彙が苦手ないのでおそらくLの850点が現実的な気がします。

SやWはなかなか850点満点っていうのは難しいですが、
Wならもしかして可能性もあるかもしれません。


6月の英検も申込みをしました。
ワークショップも4月と5月、そして、6月に2次試験対策も行います。
それプラスで、スカイプでの2次試験対策も予定しています。
4月のWS申込みはこちらから

posted by Jun at 20:11| 英検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

英語を上手に話すということ


今日、さきほどちょっとツイートしてましたが、
アメリカ人の同僚と帰りに少し一緒になって
トランプがどうだとか
オバマケアがどうだとか
そんな話をしながら電車に乗りました。

こんなときあ〜もっと英語が上手に話せたらな〜って思います。
これでも1年前よりずっと上達はしたし
トランプの話をちょっとでもできるようになるくらいに
ポッドキャストとかさらば白人国家アメリカとかで
知識もつけてきたんだけど。

やっぱりふつーのスピードで話しかけられると
そして、教科書にはない英語で話されると
聞いて理解はできるけど
相手が日本語わかるっていうこともあり
日本語で答えちゃう。

英語でも喋ってはみるけど
自分の英語がとても受験英語っぽくて
英検スピーチですか?っていう
(特に政治関連だから)そんな表現でしか話せないのが
なんか恥ずかしかったりして。

エコノミストを読んで英語で話す会っていうものに
週に一回参加して、日本人同士英語を話しつつ
ちょっと内容も難しめのものをディスカスするように
頑張ってはいるんだけど。

あたしが喋るとテストっぽい。。英検ぽい(笑
ドラマや映画とか、そこまでじゃなくても
ニュースで聞くような自然な英語って
もう本当にでてこない。

聞いたらわかるのにーーー!!

あ、もちろん、その前に語彙が少ないから
repetitiveだったり、
いっつも同じ表現だったりって
そこはまず低いレベルで問題ではあるんだけど。

でも、せっかくドラマやポッドキャストで
かなりきちんと聞いたりしてるんだし
シャドーイングで滑らかにしゃべれる練習をしてるんだから
少しは、そうゆう恥じらいを感じないで
「ふつーに」喋りたい、とか思う。

ってことで、こんな本を買ってみた。

毎月定期購読でシャドーイングに使っているCNN English Expressで連載しているやつをまとめたものらしい、この本。


英語通ならこれだけは知っておきたい72の表現

まだ最初の方だけどおもしろそう。
面白いだけじゃダメで、自分がそんな使い方ができるように
なるように繰り返し練習をしなければいけなくて。


で、こっちの本は、72の表現を買うときに
アマゾンでつい目にとまってしまったので買った本。


イギリスのスラング、アメリカのスラング −−英語 with Luke

ドラマとかはスラングとか多くて
下品なものでなければ使えるようになればいいのになぁ、と
憧れの対象でもあります。

まぁ、その前にちゃんとしゃべれるようになるのが先ではありますが。


うちの会社の外国人も、日本語ネイティブたちが使う
慣用表現は理解しづらいものが多いらしく、
「?」って頭の上に浮かんでます、よく。

ってことで、オンライン英会話はネイティブの講師のやつ
やっぱり受けたいなぁと考えています。エイゴックスかな、やっぱり。


ネイティブに発音が通じるようになりたいし。
今日は電車で
cause a stir の stirがちゃんと届かず、
え? star ?みたいに、その同僚アメリカ人に聞き返されちゃいました。

車内がとてもうるさい電車の中っていうのもあったけど
やっぱりネイティブが聞き取れる発音で喋りたいし
彼らの使う、教科書に載ってない表現とかを聞いて
いつか使えるようになりたいなと思ったり、です。


posted by Jun at 21:34| 英語を話すこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 9 (elephant in the room)

今週末もまたまた出かけっぱなしで、
いろいろと自宅でできることが少なく、
でもポッドキャストの確認は先週よりは進んだので
できたところをまとめておきたいと思います


3/16 - 3/21のところ。

wire tapping is pretty offerencial...みたいな感じで聞こえてたんだけど
wire tapping is pretty old-fashioned でした。

ぜんぜんトンチンカンだったのが

nothing to say (his) esteem とか、ちんぷんかんぷんでしたが
nothing that they have seen でした(爆!ぜんぜん違う。

あと、これは別のニュース(音声でも文字でも)見かけたのですが

How low was president Obama gone to tap my phone?
っていうセリフがありました。

go lowってトランプが好きな表現なのかも。
“When they go low, we go high.”
っていう、スピーチでも「口撃」に使ってたみたいです。


音でいうと
complete chat down って何度聞いても聞こえるのに
complete shutdown だったみたい、ってのがありました。


jiggling the door っていうのは、
ホワイトハウスに侵入しようとした犯人の行動の一部です。
メモみると、ziggling とかメモしてました。


この人の行動、こんな感じです。

boulder another fence, moved right up to the mulch, even hide behind the pillar.

boulder 〔丸い〕大きな石→ここでは動詞として使ってるのかな、と。
mulch 根覆い


first artist inducted into the rock'n roll

body in the revel とかメモってたら
body in the rubble でした!
知ってる単語なのに!!!

leveling the house →家をぺちゃんこにする、です

cease and assault rifle
= 実用的な全自動射撃能力を持つ自動小銃
これで一個の名詞扱い(=複合名詞的な)

get flurry and get little sprinkle

よく flurry of で出てきますが、ここでは
flurry にわか雨、通り雨
sprinkle 小雨


twitter rant
rant = 暴言を吐くこと


bike rack
cellphone PIN
crowded on to roof tops
→洪水とかで屋根の上に人が殺到しているシーンです
pellet gun
→ポッドキャストでニュース聞いてると身近にない「武器」の名前がたくさん出てきます

bracket-buster = どんでん返し
→ A game in which a low-ranking team unexpectedly defeats a high-ranking team.

alleged copper
copper. 銅; 警官
→ここでは警察官のことでした。

Molotov Cocktail = 火炎瓶
これも画像検索すると、物騒な画像がたくさんヒットします。
この表現は The Economistで最近見かけて知ってました。
でも、やっぱり音だけで聞くと瞬時に反応できないものです。
今回、文字情報と音声情報がつながりました!

intelligence on consumer electronics
→この on が聞き取りづらかったです。

knocked the ball out of the park
out of the park = 成功する

So massive the plumes of fix smoke, captured on radar.
The fire quickly hopscotching.

hopscotching = http://www.thesaurus.com/browse/hopscotching


meals on wheels
〔慈善団体などが体の不自由な人々に対して行う〕食事の宅配サービス
bluff(人)をだます
induct〔新しい考えなどを人に〕紹介する、授ける
paramedic =〔米国の〕救急医療隊員
hit a nerve = 神経にさわる
roe v. Wade ロー vs. ウェイド事件(see on Wiki
inferno 地獄.
→そんな映画のタイトルを聞いたことがあるようなないような。。って思ってました。
スペイン語読みをしちゃいそうですが、ここはやはり英語で ɪnfˈɚːnoʊ です
litmus test リトマス試験
ring = 黒幕一味
crime ring 《a 〜》犯罪組織[集団]
今回はこんな表現で出てきましたが、CNN EEで出てきて知ってました。

A man who said he was investigating a conspiracy theory about Hillary Clinton running a child sex ring out of a pizza place fired an assault rifle inside the Washington, D.C. (see more)

こんな感じ。
こうやって、やってることの
(使い古された表現ですが)点と点がつながる感じ
これが楽しいです✨✨。




そして、今週のいちばんの収穫は、、
the elephant in the room = 見て見ぬ振りをする
 → 問題があるのはわかってるのに、みんなでそれに触れようとしない様子のこと
elephant.png

おもしろい(๑˃̵ᴗ˂̵)و!!!!



〜・〜・〜・〜・〜 過去分〜・〜・〜・〜・〜・〜
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 1
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 2
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 3
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 4
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 5
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 6
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 7
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 8


posted by Jun at 07:00| 英語を聞く事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

英検・TOEFL・IELTS・TOEIC SWライティング試験対策に。スピーチ添削にも使えるチケット2枚


いろんな試験の準備に使えると思いますが
英作文のフルーツフルイングリッシュの添削チケットが


2枚無料で試せます→ここから


2枚なら、英検1級のスピーチ添削やエッセー添削に使えるかなと思います。
他の試験にはちょっと字数が足りないですが。。。



あと、たぶん、最初に「やりたいな」って思っても
40枚から、っていう2万円とか
(有効期限がないので消えないとはいえ)
ちょっと躊躇してしまうところかなと思いますが

(通常の料金表はこれ)



この2枚のチケットなら少しだけうでだめしもできるし

どれだけ自分が書けないか
逆に、意外と書けてたり
っていうのを確認できるので
英検の合格ストラテジーを立てていくのにも使えます。

まだ試してない方は是非✨

オンライン英会話と同じで
やったからすぐにスキルが上がるわけではなく
少しずつしか上達しないし
時間のかかるものですが、

最初から「時間のかかるもの」として
半年・一年と続けると変化が感じられます。

英語で何かを書くって
最初の1センテンスでもすごーーーーく億劫なんですよね。
英検などの試験でも

語数が足りない
何書けばいいのかわからない

などなど色々悩みを聞きます。

これはある程度は慣れで解消できます。

そのうち、もう少しライティングに抵抗がなくなってきたら
ライティングについての本を買ってみて
ちょっとしたコツを使ってみたり

そうこうしているうちに、並行して
読んだり聴いたり話したり、語彙強化していると
その中で使ってみたい単語や表現が蓄積されてて
ある日ふとライティングで自然な形で使えたりします。


何曜日に1エッセイ提出する

って決めてもいいですね


そして、
それを続けるには

たとえば、Twitterなどで宣言をしておく

これ、有効です。

実際には誰も気にしてません(爆

誰が怠けてようと
有言実行であろうとなかろうと。

でも、宣言しておくとさぼれなくなります。


だからやる前に言っておく




ツイッターじゃなくても他のSNSでも
ブログ持ってたらブログでも

あとは、Skypeなどの学習仲間に宣言しておくのも良いです。
お互いに「今週、出した〜?」
「あ、まだ〜」
「今から、やる。。(つもり)」
みたいなやりとりも楽しいです。

オンライン英会話やエッセイ添削って
強制されてないので、
ちょっとめんどくさいなと思うと
すぐに「ま、いっか〜」って思っちゃいます。

そこで peer pressure を使うのです。

あ、語彙とかも同じかな。

なんか話がそれちゃいましたが、
使えるものはどんどん使って
結果を出せることにつなげてくのをおすすめします!





posted by Jun at 07:16| 英作文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする