50分レッスンが効果的!リアル英会話

2018年08月21日

TOEIC高得点も英検1級も欲しいとき



Jun_study-record.jpg




ある方から質問をいただきました。


TOEICと英検、両方並行してやったほうがいい、
って前にブログに書いてありましたが、
今もそう思いますか?




はい!思います。



もうちょっと詳しく、
今の思考を整理してみます。



並行してやるのは

英検1級の勉強



TOEICで980点超えるくらいまでのスコア

です。



990はまたなんか別な感じがします。
*英語力が高い人は除きます。



980といっても
どちらにしろ990点目指す必要はあるし
同じような勉強方法になると思いますが、

990はなかなか取れないって思ってたほうが
気分的にも楽ですし、
英検1級をやる精神的余裕が出ます。





980まではちゃんと勉強して、頑張ったら、取れると思います。
*頑張ったら

英検1級もちゃんと対策して準備すれば
合格はできます。


しかも、1級でSとかWの対策でやったことが
LRしかないTOEICにも、しっかりと生きてきます。
それが990点までのちょっとした隙間を埋めるところで
役立ったりします。



回り道に思えるかもだけど
どうしても990って考えて
そこだけに集中するより
英検1級でも取ってから考えよう、
くらいがちょうどいいかなと思います。

それくらい990がきついって
個人的には思うからです。
受けてたら980点くらいのところから
ふとある日990が出ることもあるでしょう。
そんな予想外のタイミングで990が
天から降ってくるのを楽しみに待ちながら

英検1級&980点を目指して
勉強するのが
精神的にも、英語のバランス的にも
とても良いと、今は、思います。



個人的には、950点レベルだと
文法や読解やリスニングや語彙など
なんかしら抜けが、まだある。

でも980点くらいまでくれば
少なくともTOEICで出る範囲の英語知識は
だいたいカバーできてるところかな、と。



で、990っていうのは
その時の運とかタイミングとか
問題との相性や会場との相性、
体調や気分など色々あります。

もしかして全問正解わかってても
マークミスとかしてたら取れません。




なので、オススメは

TOEICの勉強をしながら

英検1級を受験→合格

その後TOEIC980点を超えて

英検1級または別のLRSW試験の勉強をしながら
TOEIC990がたまたま取れるタイミングを狙う、

っていうのが良いかな。


残りわずかな点数で990までたどり着くには
SやWのある試験の勉強をやるのが
とても役立つと思います。




ということで、ぜひ「英語ジム らいおんとひよこ」へどうぞ!





TOEICランキング2つクリックおねがいします💓
ありがと💕💕✨✨✨


TOEICランキング

にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村




posted by Jun at 11:20| 徒然なるままに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

英語で書くこと:英文ライティング強化の味方



Jun-EnglishStudy.jpg




Amazonで、オススメに表示されてて
いつもならそんなに気にしないのですが


表現のための実践ロイヤル英文法』の著者の1人である,マーク・ピーターセン先生による特別編。日本人の書く英文によくあるミスや誤解について,その原因と解決策を明快に講義します、


って書いてあったのでへぇ!って思って
詳細ページをみてみたら、
同様に、ロバートヒルキさんの新刊も並んでました。

合わせて予約しました。





📖ネイティブ発想で学ぶ 英語の決定詞




📖ピーターセンの英文ライティング特別講義40







クリックおねがいします!
ありがと✨✨💕💕💕!!!


英検ランキング

にほんブログ村 英語ブログ 英検へ
にほんブログ村




posted by Jun at 23:45| 英作文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月19日

途中でやめなければ結果に繋がる



never-quit.jpg




ダイエットのニュースなどで
成功してる芸能人や有名人の言葉を
立て続けに読みました。

単なる偶然です。

はるな愛が「目標体重まではやめないこと」
北川景子が「毎日走ってます、30分程度ですが」

って言ってたり。



あとはネオヒルズ族の人が

「全てを犠牲にしてきた。」
「眠いしだるいし疲れてるけどチャリこぐ」
「俺は決めたことを貫く」

って言ってたり。


多分、あのZOZOTOWNの人も
ダイエットじゃなくて資産形成には
ものすごーーく犠牲を払ったり
自分の持てる知識や経験リソース、コネなど
全てを投入して今があるのだろう。


ホリエモンもそう。

やっぱり成功してる人って、
ちゃんと努力してる。

そして、途中でうまく行かなくても諦めてない。


身近なところでいうとサラさんはそんな人です。
絶対こうする、と決めたら途中でちょっとした障害があっても
踏みとどまります。

私ならさっさとやめて次へ行ってるだろう、ってところでも。


一番、心に残って、毎朝思い出す言葉は
最初に書いた、はるな愛の「途中でやめない」って言葉。

はるな愛本人のブログも読んでみました。
以下、抜粋。


停滞期がきて痩せなかったり、むしろちょっと太っちゃっても、
そこで「もういいや。」って辞めちゃダメなんだよね。
ゆるめのダイエットでも、とにかく目標まで続けることが大事です❗


私の場合、ちょっと良い結果が出たらそこで手を緩めてしまう。
-5kgが目標だったのに、2kg減ったところで、
我慢してた食べ物を食べてしまったり。「ちょっとくらいいいや」って思ってしまう。


これは英語もそうだな、って。
日永田さんが、TOEFL iBTもう少しで120点のところまできてて、多分、とるところまで一気にいくでしょう。それが今楽しみで仕方ないのですが、私なら116点で一回やめちゃいそうです。っていうか、なんなら、今も最高101とかで止まったままだし。受験もしてないし。英検も特にスコアをあげる事なく合格を繰り返してるだけだし。



あとはモリテツさんとかも本当にすごい人で、今でも十分にすごいのに、その上を目指して色々やってるその勢いはとどまることを知らず。


休んでる暇ないよなーって思います。
これだけ「すごい人たち」「すごい努力」をしてるんだから、差が広がるばかり。もう雲の上すぎて何も見えませーーーん。


だから、目標達成するまでは

自分にご褒美、とかナシなのです。
今日はおやすみ、とかナシなのです。

戦時中の言葉ではありますが
大学受験の時に、机の上に貼ってました。

「欲しがりません勝つまでは」


テスト結果を公表することが怖くなったのもあります。
TOEICでさえ990が取れてない。985も怪しい。
英語力が下がってしまったんじゃないか、という恐怖。




今、

ちょっと体重が増えても
体脂肪が減らなくても
スコアが上がらなくても


今やってることを信じて続けること。
やめなければ辿り着ける。


って思って頑張ります!
というブログ更新をして自分を鼓舞している面もあります。




Being successful means never giving up.
Winners never quit, and quitters never win.




(宣伝)英語ジム らいおんとひよこで英語学習を根本から変えたい方、お待ちしてます!




クリックおねがいします!
ありがと✨✨💕💕💕!!!


英検ランキング

にほんブログ村 英語ブログ 英検へ
にほんブログ村






posted by Jun at 13:00| 徒然なるままに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月18日

結果を急ぐこと:誰かと比べること



competition.jpg



英語学習をしていると
(英語だけじゃないけどどんなコミュニティでも)

結果を急いでしまう
他人と比較してしまう

ってことが発生します。


全く競争心のない人でも、
なぜか関係ない競争へ知らずに巻き込まれたり
そんなつもりはないのに敵対視されてしまったり。


私は子どもの頃から競争心で色々勝ち取ってきました。
今も競争は好きです。
どうしても他人と比較してしまいます。


英語の試験で、楽しく競争できることがなくなってきたので
今はあまりそんな風に考えることもないですが
やっぱり競争で伸びる人もいますね。

健全な、他者に迷惑をかけない競争なら楽しくていいかな、と思います。



ちょっと思うのは
あまりにも上のレベルの人を見すぎると
やる気さえ喪失してしまう恐れがあるってことです。


ずっとはるか昔、私は小学校の頃は
水泳と体操と陸上すべてで
特別訓練生として学校代表のトレーニングを掛け持ちしてました。
最終的に陸上に残ったのですが、
その時言われた言葉で残ってるのが

自分より少し速いやつと走れ、ってことです。

ものすごーーーーく速い人と練習をしても
意味がないとは言いませんがやっぱり
気後れも遠慮もあるし、劣等感に苛まれます。


ちょっとだけ速い人なら
その人に追いつき追い越すためにすごく頑張れます
現実的な目標として。

そして、そのちょっと速い人本人も
「やべぇ越される」って焦って頑張ります。

相乗効果で、二人とも新記録が出たりします。

結果的にどっちが勝ってもいいのです。
どちらも良い結果を残せて
嫌な気分にならずにいられたら。


っていう。

そんなことを思い出しながら、
英語について話を戻すと。


今はツイッターとか
本当にすごい人たちが目立ちます
自分の視線がそっちに向いてるから
っていうのもあると思いますが
自分の英語のできなさに打ち拉がれる日があります。



そんなことを考えてたって
その時間が無駄だったりします。


この点では
マイペースでいいんだ、
と言い聞かせることが必要です。




そして、その「できる人たち」からすると

いや、そんな言うほど君はやってないよね?
ここまで来るのにこっちがどれだけやったと思ってんの?
何年もかかって今があるんだからね。甘いでしょ。



って言う感じだと思います。


近年、ストイックさに欠けているJunに足りないものは

 ・狂気
 ・執念
 ・壮絶な努力
 ・屈辱
 ・他人の300倍やる
 ・貪欲さ
 ・どれだけ思いつめているか


です。

っていうのを最近指摘されました。
指摘されながら、メモしたものを
ここでもう一度清書しているのです。


結果を急いでもどうしようもないこと

どちらかといえば、私はスタート時点で恵まれてて
英語がかなり得意な中高時代を過ごし
その後ものらりくらり英語を趣味としてやってきました。
だから全く英語ができない状態からのスタートではないはずなんです。

これでは、うさぎと亀の、うさぎになってしまった気分です。
(いやそれもうさぎに失礼か)


地道にコツコツやること
他人と比較しないこと
結果を急がないこと
テストの結果に一喜一憂しないこと
必要以上に自分の英語力を卑下しないこと



っていう反省をしながら
これらを毎日忘れないように
英語の勉強を続けていきたいです。


ときどき英語好きさんが今でもいたらなーって思います。
もちろん、それこそ雲の上レベルの英語力をお持ちの人ですが
英語好きさんのブログにとても元気をいただいてたので。



もちろん、英語学習者が読むべきブログ記事 Best 3に書いてある、これまた「すごい人たち」のJBやサラさんとは今も仲良しで( it's like a cliche but ) "インスパイヤ"されてます。現状に感謝して、やっぱり謙虚素直でいないと、って思います。


ここからどうやって英語力を上げていくか
試験で結果を出していくか
っていうのは
今からの努力にかかってます。


思っているだけではダメで
行動しないと。


ダイエットも同じ。
明日からじゃなくて今から。






クリックおねがいします!
ありがと✨✨💕💕💕!!!


英検ランキング

にほんブログ村 英語ブログ 英検へ
にほんブログ村



posted by Jun at 11:59| 徒然なるままに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

英語の文章が読めるようになる、ということ



Reading.jpg





英語の文章を読むのには何が必要でしょうか?


試験を受けるのでも
仕事の英文でも
英語サイトを趣味で読むのでも
ニュース記事を読むことも
説明書やパンフレットを読むとか
小説や雑誌を読むことも


語彙+文法

が、まず必要です。


例えば、

When I was a child, I wanted to be a monkey.

っていう文章があって、これを理解するには
childとかmonkeyっていう単語を知っている
または辞書で引く必要があります。

was, wantedが過去を表していることを知る必要があります。

また、従属節 When S+Vの方で「〜のとき」という意味になることも。


*保育園の卒園式で一人一人手形をとって
好きな食べ物とか将来の夢を書くやつがあったのですが、
私の「大きくなったらなりたいもの」は「お猿さん」でした(←実話
上の例文ではシンプルにするために将来の夢のニュアンスは省きました




このセンテンスなら、
辞書や文法書を引かなくても
いちいち脳内で和訳しなくても
瞬時に頭にイメージが浮かぶことでしょう。


では、こんな瞬時に脳で理解できるセンテンスのパターンを増やしていけば
日本語の文章を読むように英文が読める範囲が広がります。

今は、中学の教科書で出てくるような単純なセンテンスしか
自動で意味処理をできないとしてもストックが増えれば増えるほど

俗にいう、英語を英語のまま理解する、ことがより多くなります。

すべてのどんな英文をも英語を英語のまま理解する、っていうところは
果てしなく遠いです。ネイティブじゃないし。



そして、またまたここで例文を出します。

 ・I paid a cool 200,000 yen for this MacBook.

 ・Taking care of my cat is not troublesome at all; it is a labor of love for me.

 ・We need a safe pair of hands to meet our customers' demands.

 ・A cup of coffee in the morning is a real shot in the arm for me.

 ・I woke up 10 minutes shy of at 6 A.M. in the morning.

 ・Failure in the exam was a bitter pill for me to swallow.


これは「すぐに使えるCNN重要口語表現300」っていうCNN English Expressに載ってた表現を使って自分で英作文したものを添削に出して文法ミスがないか見てもらったものです。

これらのセンテンスの場合、知らない単語はほぼないと思われます。
でも、表現を知らないと正しく理解できないものもあるかもしれません。


上から、

cool
a labor of love
a safe pair of hands
a shot in the arm
shy of
a bitter pill to swallow

を使って書いてます。単語自体は全然簡単ですね。
この場合は、
語彙+文法
だけではカバーしきれない範囲だと思っています。


だって、例えば、shy と ofだったら、
あれ?shy?形容詞にof?
shyは動詞も名詞もあるのかぁ。。でも意味不明〜
という流れになります。


ということで、語彙+文法以外に
表現も大事になってきます。



私の場合は、
それぞれの表現について最低3つは自分に関連したセンテンスを作って
添削にだして音読して復習しています。

スピーキングやライティングでとっさの一言で使えるといいな、という企みです。
自然にすっと出てくるまではまだまだですが、小さな努力の積み重ねと思ってやってます。

これって、自分で使えるまではまだ至ってないものがあるにしても
これらのどれもが英文で、例えば好きで読んでる英字雑誌ナショジオで出てきたら
全然わかります。すっと入ります。



で、さっきの I wanted to be a monkey. のセンテンスくらいに
すっと脳に入ってくる文章を増やすにはどうしますか?


語彙と文法の勉強、表現のストック







と、???


何か足りなくないですか??



いっぱい×丁寧に読むこと


です



あとは、センテンスとセンテンスの関係、パラグラフとパラグラフの関係、
(主張の部分や例を挙げてたり、対比とか。)
論理展開の把握も必要ですが、
ちょっとまたこれは別の機会にして。。




なんどもなんども書いてますが、
この英語を読むことが生理的に嫌で嫌でたまらなかった
私がこんなことを言うなんて!
数年前からは考えられなかったことです。


そして、丁寧に読むことは一人でもできます。


構文が取れなかったら?
→語彙や文法を調べ、隠れている表現がないかググって見ましょう。
調べて調べて「もういいや」と思ったらそこはスキップしましょう、今は。


語彙や構文がわかるのに意味がわからなかったら?
→背景知識を調べましょう。キーワードや登場人物をググりましょう。
それでもわからなければ別の素材にしましょう。


興味が持てなかったら?
→優先順位を考えましょう。
 興味がなくても試験で必要だから読む
 興味がないし昇進や転職に関係ないから諦める


どうしても意味が取れなくて気持ち悪い場合は?
→お金を出しましょう。
 フィリピン系オンライン英会話でも英語講師でもツイッター上でもどこかに教えてくれる人はいます。



色々、言い訳をして読まないことを選択する人もいるでしょう。
「英文苦手、読めない」→「読まない」→「読めなくてもいい」と決めるのは自分なので、その決定に責任を持ち、誰のせいにもしないならいいと思います。
一生読まないというコトにもならないし、その気になれば始めればいいのです。
私はいつか70歳とか過ぎて、人生のスピードが少し緩やかになったらスペイン語の本を読んだりスペイン語の映画を見たり、スペイン語のオンラインレッスンを受けたいな、と(今は)思ってます。



ちょっと話がそれましたが、

・必要な語彙と文法、表現の知識を蓄える
・英文をとにかく読んでみる
・難しければ飛ばす、素材を易しいものにする
・誰かに(お金と敬意と節度を持って、素直に謙虚に)教えてもらう

っていうことで英文は読めるようになると思います。

だんだんとコツが掴めてきて、
最初は易しめの素材だったとしても
少しずつ難解なものに挑戦したくなります。
それが1つ階段を上がるタイミングです。


1年かかっても2年かかってもいいのです。
1年や2年なんて今まで読めなかった時間の長さを考えるとほんの少しです。
今日始めて来月読めるようになるなんて期待しないほうがいいですね。
読むのと並行して語彙や文法や表現の習得に忙しいので
そんなにたくさんできないのです。



私も進化の途中ですので、
興味のわく英字雑誌を中心に、
英検やTOEFLのリーディング素材も読んだりしながら
すっと理解できる文章の幅を広げていってます。





クリックおねがいします!
ありがと✨✨💕💕💕!!!


英検ランキング

にほんブログ村 英語ブログ 英検へ
にほんブログ村


posted by Jun at 12:25| 英語を読む事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする