オンラインSKype英会話はリアル英会話

2017年01月09日

英検1級合格のために、あと2週間何ができるか


英検1級合格マップの発売から3週間!


昨日、ひとり洋楽カラオケ行った時に
近所の本屋(そんな大きくない)に行ったら
1冊だけ、本棚の高いところにありました٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ !!!
本棚の前には踏み台が置いてあったので、それに乗れば取れます。


っていうことで、あと英検まで2週間きりました。
3連休で今日はお休みの方も多いかもしれません。
私も(!!)4時起床で朝から忙しくしております。
残りの時間をできるだけ無駄なく過ごしたいですね。

本を出したからには不合格なんてことになると
ちょっと恥ずかしいので(ノ≧ڡ≦)
あと2週間やれることをやっておきたいなと思います。


英語上級者や
すでに1回以上合格している方には
必要ない情報ですが

どうしても英検1級が欲しい!

って場合には

そして、

この1月で一次試験だけでも突破したい!

って場合は


今から2週間を諦めずにぜひぜひ頑張ってください!って思います。

Hiroshiさんブログの英検1級カテゴリも読んでみるとコツがわかりやすいかと思います。
あたしのブログなんかよりずっと論理的に整然とまとまっているので読みやすいかなー。


とにかく、まずは、ライティング。

どんなトピックがくるかわからないので、
どんなジャンルでもどうにか3つはアイディアを搾り出せるように
サンプルアンサーのサイトを読み尽くしておく。
できれば音読のほうが目も口も耳も使うので
体内に残りやすいかなと思います。

http://voiceroom.web.fc2.com/CI16.htm
とか
http://e-kaiwa-master.com/essayfreedl.html
とか。

意見を自分で考えてみたいって場合は
多くの人の賛否両論が掲載されている、
http://www.debate.org/
とかイイですね。時間のあるときに読むだけでも
へぇ〜そんな考え方があるのか〜って思ったりします。

同じトピックでも他人の観点から見た意見って
新鮮で、自分のこだわりがあるものであっても
少し視点を変えることで
濃い意見にできたりします。

ライティングで、自分の意見を書いて
3つ理由を書いたりするけど

○○っていう意見もあるようですが、個人的には〜と思います

みたいな感じで、
ライティングについての書籍を読んでいると
counter argument を少しだけ入れるのも
相手に与える印象が違ったりするようです。


英検1級のライティングは、内容がすごく重視される印象があります。
(だから、あたしは苦手だし、ハイスコアを出せないんだけど。。。)

なので、そんな感じで、まずは内容を充実させる。

もちろん、語数がとても少ないので、
その中で3つ理由を書いて、濃厚な内容にするのが
ちょっと難しかったりします。

ここまで10回の合格の経験や
他の英検仲間(850点満点の知人が数人いたりする)から聞いた話だと
すごく高度な文章でなくても、
高尚な思考を見せなくても、
相手を納得させられる、理解しやすい文章のほうが
得点しやすいみたいです。

あぁ、、、すっごい曖昧💦💦。。。

1級に合格する小学生・中学生が割といますが
彼らは英語力的にはすごく高いかと思いますが
社会人経験はないし、やはり子ども目線での
政治や世界情勢や社会問題を見て
それについてエッセーを書いていると思います。
(全員が天才児ではないという意味で)

なので、それを考えると大人の方には希望が湧くかな〜、と。
だから

コンテンツ重視で!


ここを心がけてみて
採点する人は何千人(?)とかの文章を読むので
その人が「あら、これ、なんか読みやすいわね。
しかもわかりやすい。スペルミスはあるし文法エラーも多少あるけど
まぁ、これくらいなら内容でぜんぜんカバーできてるわ」
っていう
判定をしてくれればこっちのもんです。

文字を丁寧に書く、っていうのも大事だという方もいますね。
TOEFLやTOEIC SWと違って手書きなので
ここがあたしにもとても苦手ポイントでもあります。

人間的な心情として採点者も、そりゃ読みやすい丁寧な文字の方がありがたいかな、と。
それは容易に想像できます。
もちろんそれが点数に直結しないにしても。

人間なので。


そんな感じで、1. 内容を重視し、
2. 読みやすいことを意識して、
その上で 3. テクニック的なところも
考えられればいいかなと。

それはバラエティ豊かな構文を散りばめる、とか
1級的な語彙を使う、とか
目を引く表現・慣用表現を混ぜてみる、とか。


あたしが技術的なところで参考にしてるのは、
即戦力がつく英文ライティング
発信型英語スーパーレベルライティング
スーパーレベル パーフェクト英文法
とか、かな。

英語力が高いわけではないので
それをどこまで自然に使えているかは怪しいし
あたしが使うと単なる小手先の技になってないか、
というのは常に気にしているところではあります。

でも、英語力というのはじわじわ上がっていくものであって
数日数週間でどうにかなるものではありません。

なので色々駆使します。

ざっと読んでおくだけでも
本番で役立つことも多いです。



技術とは別で、アイディアを得るためには
英語で経済・政治・社会を討論する技術と表現、とか。
やっぱりイッチー本サイコー✨!
この本は試験当日に一次も二次も持っていきます。
この本しか持っていきません。
あと、数回合格した頃にライティングで点数が取れないことを悩んでて
連続受験している仲良しな方に相談したら
勧めてもらったのは英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニングです
またまたイッチー。



最近、JRC-E1で始めた書籍は
最短合格! 英検1級 英作文問題完全制覇なのですが、これを1つ1つ暗唱してってます。


暗唱をしていくのは、たとえば1ページに時間がかかるので
方法としては有効だし、夏の合格や秋の合格を目指す方には
今からスタートしてみてほしいなと思いますが
あと2週間であれば、この本を繰り返し音読することのほうが
よほど効果が高いかな、と。
そのまま2月の二次試験でも使えるし。


っていう、今日は貴重な得点源である、
しかも、合否を左右する可能性が高いエッセーのところについて
書いてみました。


あと2週間、がんばってみてください!!!

合格マップにはタイプA, Bとして
半年かけて合格を目指す方と
1年かけて合格しにいく方と
大雑把ですが分けてやることを書いてあります。

なので今月の受験する方には
ちょっと急すぎますね。

ってことで、あと2週間何ができるかを考えてみました。


さて今日も1日がんばります!






posted by Jun at 06:56| Comment(0) | 英検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

サンプルスピーチ音読について→エッセイ対策と二次対策に:英検1級合格マップ


英検1級合格マップでもこのブログでも載せている二次対策用のサンプルスピーチの音読について質問をいただいた(本が発売されて割とすぐにいただいたのですが、)ので本の内容を補足する感じで書いてみます。

合格マップのp.126の下の方に載ってるサイトがこの2つ。
http://e-kaiwa-master.com/essayfreedl.html
http://voiceroom.web.fc2.com/CI16.htm

で、ここを使った二次対策について、です。

もちろんライティング対策にもなります。
エッセイはトピックが1つしかないし
得意ジャンルのものが出るとは限りません。
なので特に幅広いジャンルのトピックについて
何かしら自分の意見を述べることができる必要があるのです。

もちろんふだんから日経とか読んでたり
いろんな情報ソースから物事を考えて
自分なりの意見を持っている方には必要ないかもしれません。

あたしのように英検受ける前は特に時事問題とか疎くて(今も疎いけど)
特にどんなジャンルについても自分の意見もない場合は
試験合格を考えると自分の意見であってもなくても
それをきれいにまとめて読み手聞き手を納得させるものを
作る必要があります。

普段から何も考えてないと何も浮かびません。
そこでサンプルアンサーです。

このジャンルにはこんな3つのアイディアが言えればいいのかーって
そのアイディアをもらう場所です。
それを自分の意見として伝えることができれば合格です。

いただいた質問はだいたいこんな感じ。
ちょっと変えてありますが内容はあってると思います。


スピーチサンプルなど合計200個プリントアウトしました。
進め方は1つ目を10回音読、2つ目を10回音読、、、200個目を10回音読のようにやりますか?
また、1番目から200番目までどれくらい時間をかけましたか?



Jun 送った回答は、、、


回数はそれほど重要ではなくて
・内容を理解して
・表現を取り込みつつ
・できるだけ多くのジャンルをカバーする

ことが、自分でスピーチを作る前の段階として必要です。

それでもやはり具体的な数字が欲しいということであれば
1つのスピーチを10回毎日繰り返す、で進めてみてはいかがでしょうか?

そして、毎日200個は無理なので
最初の30個を10回ずつ、朝と夜に。
で、翌日は11個目から40個目までの30個を10回を朝晩2セット、
その翌日は21番目から50個目までを。。。。という感じで
少しずつずらしていきます。

時間的に余裕がある方は1セット20回ずつにします。

200個目までくるとまた1個目に戻ります。

初回合格の時には一次試験後に、1ヶ月朝晩毎日続けて
その上で、スカイプ英会話のシミュレーションレッスンを
24回くらい受けました。
シミュレーションレッスン以外の英会話レッスンも受けていました。


それくらいやっていると
だいたいどんなジャンルでも何かしら答えられるようになります。
スピーチだけではなく質疑応答も重要なので
音読や暗唱以外に、何か関連事項を質問された時に
瞬時に反応して答えられることが必要です。




以上です!

回数とかどうやって進めるかっていうのは
具体的な方が、単にそれを真似するだけいいので
楽に取り組めるって方はぜひ同じ方法でやってみてください。

やってみて、自分に合う方法やアレンジを加えて
さらに加速度的に二次試験対応力を高めていくのも
もちろんすごくおすすめです。

posted by Jun at 23:23| Comment(11) | 英検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英検のリスニング口語表現は知ってるか知らないかが鍵:ではその習得方法は?


英検のリスニング
について質問いただいたので
回答を書いてみたいです。


口語表現?についての取得方法について悩んでいます。
たとえば、
I can live with that.
それなら我慢できるわ
みたいな表現なんですが、
私は聞いたことないフレーズなのでそこで?と固まってしまって。

こういう表現ってTOEICではあまりでてこなかった気がするのですが。
こういうのって
知ってるか
知らないか
になってしまうと思うのですが、
どうやって勉強していけば良いのでしょうか?
なにか良いテキストが有ればご紹介頂けるとありがたいのですが…



テキストってのは難しいねー。
こうゆうのは、これまでにどれだけの英語を読んで聴いて観てきたか、ってことになるから。

教科書に載ってない意味を雰囲気で掴む、ってことで。

とはいえ、
これまで学生時代からやってこなかった過去を悔やんでも仕方ないし、
多かれ少なかれ誰でも同じで「ここが足りないあれが足りない」と感じるし
あたしも同じで、っていうか毎日思うし。

ひとつの方法としては、TOEIC(特にpart2)や英検で出てきたら書き留めておき、ひとつでも覚えておく。
できれば、それを英会話などで使ってみる
自分の言葉で使うと、少し違う表現や形で現れても応用が利いて、雰囲気をつかめるようになる。



あとは、洋楽ドラマをセリフを見ながら、解説サイトググってみたり、かな。日本語の意味を書いてくれてるところとかあるし。そのようなものをまとめてある本も売ってると思うけど。本に書いてある1ページ1表現を根性で覚えることもできるだろうけど、映像つきで、とか、実際のシチュエーションで、あれ?なにこれ?って思う経験をしないと、感覚が身につかないかな、と。


知ってるか知らないか、ではある。

でも、大量の口語表現を観たり聴いたり読んだりすると、似たようなものもなんとなく感覚で掴めるようになる。それには大量のインプットも必要で。


それまでは、
・ひとつひとつ出会ったら書き留める
・書く、または、話す、で使ってみる
・洋楽、ドラマ映画で単に楽しむのではなく表現を見つける視点を意識して勉強する
・口語表現の本を1冊読んでみる
←これは最後の補助手段。

で、どうかしら。



英文もそうだし、ドラマとか良いね。
これはあたしが最近やってるからだけど笑


このブログの海外ドラマ・映画で英語をのカテゴリでちょこっと書いてある(最近始めたばかりだけど)ドラマ10分を3時間くらいかけて、セリフを勉強していく、それに時々復習して記憶を上塗りしていく、ってくらい、丁寧にやってくなら勉強になると思う。ただ、ストーリーを楽しんで「あー感動したーおもしろかったねー」だと別にそれは英語の勉強にはならない。

ただ、英検合格を目指すためのリスニングにおける口語表現ってところにあくまでもフォーカスするなら、英検対策は、過去問がやっぱり一番だから、ドラマとか映画は遠回りになっちゃうね。映画とかじゃなくて、英検の過去問を大量にとき、すべての初見の表現をノートにでも書いておく→時々見直す。がいいと思う。

あたしは小学5年生から始めた英語、試験対策が中心の英語学習人生だったけど
それでも特に大学受験準備では大量の英文(問題集や参考書)を読み、試験英語を聞いてきたっていうその量的な蓄積があるから、あたしの現在がある。そこで今はずっとやってこなかった表現とか教科書に載ってないものや発音イントネーションに注力してる。これは試験対策でもなんでもない(つもり)。


っていう、今回はコメントなどではなく直接メッセージいただき、すでに回答済みなのですが、答えになったようななってないようなお返事を送りました。「ブログネタにしたいな」っていうことは伝えてあって快諾頂いたのでちょっと詳しめにここに書いてみました。





posted by Jun at 21:16| Comment(0) | 英検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

12/25までフルーツフルイングリッシュのチケットが安い







英検1級合格マップでも
エッセーのところで紹介している
フルーツフルの英作文添削チケットですが
ちょっとだけ安くなっているようです。





あたしはだいたいこうゆう安くなっているタイミングで買ってます。
有効期限がないので忙しくなっても大丈夫です。


このブログでも英作文カテゴリには
84個もの記事がたまっちゃいました。

ここへ載せてるのは一部なので
それ以上に添削には出しています。

数年前からやっているので
短期間で提出したわけではないんだけどねー。

ここから
、Junの添削結果が見れます。

先生によっていろんなコメントを書いてくれたりするし
めっちゃ簡単なメッセージで終わる人と
丁寧にalternative expressionsを提供してくれたりします。

先生の指名はできるけど
その分料金が高くなる(チケット消費)のでしてません。

あと、英検1級、TOEFL, IELTSのエッセー対策もありますが
これもけっこーチケット使います。
時々やってます。


でも、ふだんは普通に500円のチケットだけで
600字だけ提出します。
英検のエッセーとしては短いですが
英語で文章を書くのが苦手な方にはうってつけ。

英語で何かを書くことが苦痛ではなくなります。
ネタに困ったら(というか英検合格狙いなら)
英検のスピーチの過去問で書いちゃえば一石二鳥です。

Jun本の Hiroshi's eye にもありますが、
ライティングの占める割合が増えています。

つまりライティングで得点できれば
その他が少しミスが多くても
合格の可能性はぜんぜんあるってことです。


ってことを考えれば
今ライティングであまり得点できてないな、って場合は
あと1ヶ月ライティングを集中してがんばれば
合格へぐっと近づきます。


英検1級は語彙がとても難しいと感じます。
語彙がきついならライティングでがんばればいいのです



posted by Jun at 21:38| Comment(0) | 英検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

英検1級:二次対策は今からやっておく

英検1級対策のライティングと二次対策は特に
他のセクションに比べて
日々のコツコツ具合が顕著に出る部分です。


🚩まずはオンライン英会話の利用から

あたしはオンライン英会話は今は2種類。。あ、3種類、、かな。
レアジョブmytutorと、リアル英会話

1. リアル英会話は特に、50分レッスンだし
「時事英会話」コースにして
先生が選んでくれた記事を読んで
たっぷりと会話をします。

最近連続で予約してるのは Jollibee 先生。
なんか「英語を知ってる」人っていう印象があって
話しやすいし、あたしに喋らせてくれるのでとても好きです。

ガチガチの二次試験面接対策とは別で
どんな話題でもとにかく自分の意見を
たくさん喋る
変な言い回しは訂正してもらう
って、繰り返しやっていると
やっぱり流暢さは改善されていきます。

なので、リアル英会話の使い方は
英語で話す基礎体力作りという位置付けです。
25分レッスンばかりだと50分が最初は辛いです。
でもやっぱり50分くらいは喋らないと
そこまで深い会話にはならないし。


2. ただ毎日50分はやはり仕事とか忙しいので
リアル英会話は週に1回とか2回じっくり時間がとれるときにレッスン受けて、それ以外はニュース記事を軽く25分でレアジョブで受けてます。先生がたくさんいすぎてどの人を選べばいいのかわからなくなりますが、あたしのポイントは

・写真を見て好感度高いか
・大卒条件にひっかかるか
・女性
・年齢が20代〜30代くらい


です。
大卒っていうのはやっぱり知的な会話ができそうな気がするからです。
特に英検ぽい会話をするなら賢いなって思える先生の方がやりやすいです。

あと若い先生を選ぶのは発音がきれいなことが多いこと。
だいぶ Americanized されてる人が多いので
(年配の方だとたぶん独自の方法で英語を操っている感じがする・・・あくまでそんな印象ってことです)
30代くらいまでの先生のほうが英語自体が上手です。


mytutorで、二次試験対策をやってます。これはもう毎回受験のたびに受けてます。二次試験に自信がない方はぜひ今からシミュレーションレッスンで鍛えてみてください。英検ぽいトピックに慣れること、どんなものが来てもどうにかなんとか答えられるくらいにしておけば本番はどうにかなります。二次試験だけものすごーーーーく苦手な方はあたしの周りにもけっこーいて、やっぱりそんな場合はとにかく intensive に二次試験の対策だけに専念するほうが絶対いいって思います。二次試験突破には なりふりかまわず、ってことが一番重要です。


二次試験のコツとしては
・試験の流れに慣れること
・対応可能なジャンルを増やすこと
・ふだんから3つのポイントをさっと出せるくらいに(日本語でもいい)アンテナを張っておくこと
・英語で何かしら喋りつづけられること/会話を楽しむこと
(ここではもう発音とか文法とかより、とにかく黙ってしまわないこと)

かなー。
あとオンライン英会話の先生がいつも同じトピックばかり出してくるようなときは
http://voiceroom.web.fc2.com/CI16.htm
このサイトとかたとえば送ってあげて「これやりたい」って言っていろんなの試すのもGood。



🚩次にそれ以外のトレーニングについて

もちろん英会話を1日に25分とか50分とか毎日受けたとしてもそれだけでは不足します。


レッスンとレッスンの間に何をするか


ってこと。

レッスンの間に自分でトレーニングして
それを実践として発揮してみるのが
英会話レッスンです。


たとえば、サンプルスピーチの音読だったり
たまに暗唱してみたり
それがだいぶできるようになったら
今度はシャドーイングとかやってみたり。
自分でスピーチを作ってそれを添削に出して
正しくなってきたものを暗唱したり。


ちょっとここで暗唱について
サンプルスピーチの暗唱はすぐに忘れてしまってもいいです。
または10個くらい暗唱できれば十分っていう方もいますね。
JRC-E1でもやってますが、だいたい翌日には忘れてます
でも重要なところ、何度も出てくる言い回しは
違うサンプルアンサーを暗唱することを継続していると
身についてきます。

JRC-E1参加の人たちから聞くのは
オンライン英会話で〜の表現使えた✨!
っていうこと。

そんなストックがだんだん増えていくのが暗唱の狙いです。


次に音読について
これは200個くらいやったらいいと思います。
だいたいどのジャンルもカバーできます。
得意なジャンルの強化と
苦手なジャンルの穴埋めが必要です。

本番はどんなものがでてくるかわかりません。

でも、二次試験も過去出題されたものが
使われることもあるので
たくさんやっておけばどれかは本番で使えます。


最後にシャドーイングついて
って書きたいところですが
コメントでも質問いただいたし。


シャドーイングのやり方や素材はどういう感じでしょうか?
@ポッドキャストのCNNニュースなどを聞きながらシャドーイング。
A英語教材の文章を見ないでシャドーイング。
B英語教材の文章を見ながらシャドーイング。
Cその他のやり方

参考までに教えてもらえると嬉しいです。


って。

そこはまた次回!(明日くらいかな)書きます。
焦らす理由はそんなにないけど長くなっちゃったので(笑


では!

週末は英語三昧です✨💕







posted by Jun at 04:41| Comment(4) | 英検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

英検1級2016 2回:ぶじに、10回目の合格を果たせました。


Jun_英検1級二次試験結果201611.png

Jun_英検1級201611_10回合格.png


2016-1 (夏) ; 2798
    R: 746 L: 760 W: 689 S: 603

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

2016-2 (秋) ; 2744
    R: 703 L: 698 W: 703 S: 640


今回はWとSをスコアあげたかったので、
CSE2.0での勝負としては
一応滑り出しは悪くないかもしれません。


10回目の合格ができました。

二次試験は10回受験して10回合格なので
今のところ勝率は10割です。

一次試験は、初回合格した次の時に
1回だけ落ちたことがあります。



では、1月もまたがんばります!



posted by Jun at 21:20| Comment(2) | 英検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

英検1級 10回目の合格をかけて受験してきました!


集合時刻はいつもなぜか9:15です。
今回は10回目の二次試験、10回目の合格を目指すっていう
なんとなくキリの良い節目の受験回だったのですが、
今まで9:15じゃなかったのはたぶん1回だけ10:15ってのが
あったような気がします(記憶が確かなら)

早起きなので苦痛ではないのですが、
午後からならいつもより多めに寝て
午前中シャドーイングやら音読やらできるのになぁ、って。

で、今日も、なので、4時起き。
6時までシャドーイングとか通常メニューと
英検の模範解答の音読もちょっとしてました。

いつもは早めに到着して
一番乗りで試験を受けて10時には試験終了してる、
みたいなところを目指しているんですが
(そのほうが1日を効率的に使える)
今日はあえて、ぎりぎりに行きました。
ん〜なんでかな、理由はありません。

で、そしたら、2時間待ち!

11:20過ぎてから面接室へ入りました。

でも、その待ち時間の間に
けっこー知識の復習ができたので
あ、これもありかな、と思いました。

幸か不幸か、あたしは全然きんちょーしないので
ドキドキで吐きそうとかなくて
比較的冷静に復習してたり
周りの受験者たちの様子を観察できたりします。

今回はどんな本を持ってるんだろーって見てました。
旺文社の二次試験対策本を持ってる人と
イッチーの面接大特訓と、100時間大特訓を持ってる人がいました。

あたしは、2時間ずっと、これ読んでました。


英語で経済・政治・社会を討論する技術と表現

JRC-E1で、暗唱をしてきた、面接大特訓の内容の復習にもなります。
コンパクトに要点がすべてのジャンルでカバーされてる感じです。
この本もやっぱいいなぁって思いました。
二次試験当日に持っていくのはこの本が好きです。

JRC-E1では今日の日に向けて約50分のスカイプ練習会を36回やって
本番を迎えました。

あたしもいつになく、今回は練習できたな、って思ってます。

だからって出来がどうか、っていうのは別問題かもしれませんが。。
面接官との相性もあるし、トピックとの相性もあるし。

でも、相当練習しました。
やりきった感がありました。

4人で相当のシミュレーションを繰り返してきたので
しかも質疑応答も各自考えたりして
だいぶ上手になり、手応えを感じてます。
みんなで合格できればいいねぇ。。


あたしの試験は、初めて、
面接官、二人ともネイティブで、
しかも、タイムキーパー不在!!!

え!
面接官、自分でタイム測ってるよ💦

人がいないのかしら。。


でも、ネイティブだったので
英語は聞き取りやすく、
話がスムーズにできました。

1回だけ質疑応答で聞き返したのですが
1人の面接官が相当お疲れのようで
ちょー機嫌悪かったです。

受付の人が「先生たちに休憩とってって言われても
時間おしてるしー」とか話してたし
だいぶ大変な午前をお過ごしだったのでしょう。

それでもスピーチはまぁ、一応2つ明確にかぶらない理由で
具体例も交えながら話したし、
質疑応答もすべての質問にけっこー詳しく答えました。

ただねぇ、、、やっぱり文法がぐちゃぐちゃ。
そして、語彙すくねーーーー!!!!

語彙っていうか表現力っていうか
パラフレーズできないから
同じ単語ばっかりつかっちゃうんだよねぇ。。


はぁ、、これも引き続き(っていうか前からだけど)
今後の課題です。

がんばります。

発音はちょっと点数高いと嬉しいな。
(まだ無理かな)



で、JRCに話が戻りますが

E1以外でもJRCはいくつかあって
JRC-SAは今月で終わっちゃいますが、
1年続けたおかげで、あたしのリーディングスコアは
だいぶ上がって、落ち着きました。

今後はスピーキングに集中しつつ
試験はしばらく英検1級だけになるかと思います。

っていうことは、1月まで何もないのかー。。。

え。


試験何もないのかー。。。



今までは年に10回 TOEIC
ひどいときは(爆、TOEICのIPテストも途中ではさんで
しかも、英検1級を年に3回と
TOEIC SWも受けてましたね(すでに懐かしい)
TOEFLを2回とかVERSANTも時々とか
IELTSは今年初でしたが。

で、そんな数年を送ってきたのに
急に何もない。。

1月まで!??

何もない。。。


この試験がない中で
どれだけテンション保って
毎日のメニューをこなしていくか、

寒くなるので
Runも筋トレも億劫になることは
容易に想像ができます。

これからの季節が自分を試す本番です。

2016年はもういろいろ変化があって
目標とかたてたやつはほぼすべて白紙くらいになったので
2017年の目標を12月最後の方に考えたりするんだけど
まぁ、そうゆう年だったんだな、今年はって、
もうそんなノスタルジーです。


ってことで、英検1級合格発表を待ちたいと思います。

合格にしてください!!!
合格ボーダーギリギリでいいです!!!


posted by Jun at 17:56| 英検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする