2019年10月25日

英語学習のインプットとアウトプット、絶妙なバランス



donut-3723751_640.jpg



英検、二次試験対策直前数週間とてもスケジュールが詰まってます。
でも二次試験対策楽しいです!


英検の英作文とか、二次試験対策で
合格目指して頑張っている方の
原稿を添削したり、スピーチを聞いたりすることが多く
インプットとアウトプットって

絶妙なバランスで必要だな〜って感じます



まずは、英作文でもスピーチでも


知識があればあるほど
日本語での思考は、複雑でいろんなことを考えてしまいます
 日本語での知識インプット(時事ネタやその他の情報)

そして、難しい単語を知っていればいるほど
それを使いたくなるし

カッコ良いフレーズを知っていればいるほど
それを使いたくなるし



だけど、日本語の知識が多いと
日本語での思考のレベルが高すぎて
英語としてアウトプットするときに


論理的に崩壊してたり、
話の流れを端折りすぎたり、


関係代名詞とか分詞構文とか(もちろん使ったほうがいいけど)
たくさん使おうとして、なんだか結局伝わらない文章になっていたり


ということがよくあります。

・説得力のある内容を
・かっこいい表現で
・論理的な流れを持って
・相手にわかりやすく


伝える、っていう

この辺のことを満たすのって
難しいな〜って思います。


そこで、やっぱり人に見てもらうことで
自分で気づいてない点に気付き、
次は気をつけよう!と
徐々に改善していく。





その一方で、

英作文添削やオンライン英会話で
自分のアウトプットを修正してもらって

そのタイミングでは「ふむふむ」って思って
その度になおして、メモしたりして反省するけど


人に訂正してもらえる量ってすごく少なくて
それだけでは全然足りない



これは、

・たくさん読むこと
・たくさん聞くこと
・文法書を読むこと
・語彙を覚えること
・使いたい表現を覚えること
・ライティング技術についての本を何冊か読むこと


っていうことで、その不足を補うことができます。



たくさん書いたら、たくさん話したら
それでいいのか、って、それじゃ足りないし

いっぱい知識を詰め込めばいいのか
って、やっぱりそれだけじゃ足りないのです。


当たり前かもですが、

どちらかに偏っている人は多いのかな、と。



最終的には、

言いたいことを
相手に理解してもらう

これです。


そのために大事なことは
多方向から攻める必要があって


さっきの


・説得力のある内容を
・かっこいい表現で
・論理的な流れを持って
・相手にわかりやすく



って、これのうち

どれかが大きく欠けたら
そこを埋めるのは、他のでは補足できないから
どれも疎かにできないなぁと思っています。



そういう私は
最近インプットに偏っているので、
ちょっとバランス悪いな〜って。




ちなみに、2019年秋の英検は、
久々に申し込みをせず受験をしてないのですが、
時間を見つけて、ちょっとずつ解いています。

リーディングから。

語彙は4ミスでした。
空所補充は1ミスでした。
読解は最初の6問はノーミス。
最後の4問は、近いうちに解きます。
そのあとリスニングも(年内には)やってみます。


なかなか、850点満点っていうのは難しいですね。
家で細切れに解いているから緊張感がないからかもだけど。





本物のシャドーイングで本物の英語力を。

英語ジム らいおんとひよこはこちら




posted by Jun at 07:16| 英語の勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

続けること&捨てること:英語学習を続けるモチベーション



stones-339254_640.jpg





続けることが強さの秘訣




英語でも
筋トレでも
仕事でも


続ける


ってことがとても重要で
それがわかってても
何かと日々自分の中で理由をつけては
サボっていたりします。


さぼる日があっても良いと思ってて
また翌日始めればいい


ただ、やめないこと。


英語学習については
私、とても、この「やめない」ってことが得意みたいで
飽きっぽいのは飽きっぽいから
細かい部分を見るとやめてることがいっぱいあるし

例えば、
1年以上続けたSkype模試会だったりJRCだったり今はやってないし
そもそもTOEICも4年くらいで飽きちゃったし
英検のパス単とかはなんども挫折してるし
洋書の小説とか読めたことがありません。
(白夜行の英訳を1年以上かけて1冊読み切ったことがあったような気がする)

その上、
オンライン英会話も
3ヶ月くらい続けてはやめて、
また始めて、みたいな感じで
年々も連続してたのは
多分2009年頃から2013年頃TOEICにハマる手前までかなと思います。


それでも、何かしら
手を替え品を替え
英語の勉強を続けてきて

なんとかやってきています。

そして、今も日々の英語の勉強はけっこうやってます。


寄り道しながら
時にはやる気を失くしながら
それでも続けることで
結果的に、歩いた足跡ができるし
そのまま続いていくんだと思います。



捨てることも時には重要




そして、ここまでの話とかぶるといえばかぶるんだけど、

捨てることも重要


昨日、オオグシ君(って勝手に呼んでる)がツイートしてました。






このツイートは、教える立場に立って言ってると推測しました。

でも、これは学習者にとっても同じです。


あれもこれもと手を出して
結局、なんの成果も出さずに
1年も2年も、それこそ手を替え品を替え
何も身についてない、って人が
一定数いるな〜と思います。


なので、

一時的に、短期集中でも(1年とか2年とかだけでも)
マトを絞って、
やることを厳選して
ある程度まで力をつけるってことをやれば


また、そこからメニューを組み直して
選び直して
捨てるものは捨てて


レベルアップしたら
レベルアップした時にふさわしいものがあります



それって、自分でやってるとわかるものです。

ここら辺で、なんか違うのやってみたいな〜って

そこがちょうど次の段階へ上がる時だと思います。


1年前、2年前から比べると
パワーアップしたかもしれない

そろそろフルマラソン出てみるか〜

的な。


TOEICのLRしか受けてなかったけど
英検とかSWとかやってみようか、とか

教科書的な文法の例文暗唱しかやってなかったけど、
海外ドラマ見ながら
自分だけのマイ例文暗唱リストを作って
そっちを覚えようかな〜とか


試験の英文ばかりじゃなくて
英字雑誌とか洋書とか
読んでみようかな、って。


それって、そこで、もしかしてつまづくかもしれないんですけど
やってみたらいいんです。

で、
あ、やっぱ続かない、これ
って思ったら
やめちゃえばいいのです。

これも矛盾してるけど。


Junの場合は、
洋書は何度トライしても読めなかったので
もう読もうとは思っていません。

TIMEもちょっと定期購読もしてました
でも、全然つまんないし、
苦痛でしかない、

こんな時はやめちゃおう、と。

でも、
Scientific American
National Geographic
の定期購読は続いてて
(今溜まってきたけど)
苦痛じゃなく読めるから

朝起きたらとりあえずSA開く
寝る前に眠くなるまでとりあえず読む

気になった表現があればツイートする、
みたいな感じでナショジオはもう定期購読1年半がすぎました。
(一旦2年で解約して手元のものを読み終わったら再開する予定です)


そうやって、やってみれば続くものもある。
どうしても性に合わないものもある。

でも、英語の勉強にはなってる。


2年前から考えたら
または、TOEIC990点取った頃から考えたら
英字雑誌をこんなに読みたいと思えるまで
英文を読むことが苦痛ではなくなったことが
自分ではよかったなぁ、と思います。

色々やってみて捨ててきた経験があるからです。


成功してる人って
その成功しか、こっちからは見えないけど
1つの成功の裏には何百、何千って失敗もしてきてて
だけど続けてきたから、大きく成功してる
ってどこかで読んだことがあります。


だから

・続けること
・捨てること

っていうのは
全然違うみたいで
同じことなのです。




  ★★★ 最近更新した記事 ★★★

TOEIC 990点満点の取り方
結局、TOEICは何点取ればいい?
英語が喋れる、ってどういうこと?
英検に役立つ英文ライティングの秘訣:その壱
✔︎ ミスを減らす
✔︎ 同じ文型・言葉を繰り返さない
✔︎ ミスと繰り返しを減らすには
英検に役立つ英文ライティングの秘訣:その弐
✔︎ トピックとずれない
✔︎ 理由がかぶらないように
✔︎ パラグラフの中の構成
✔︎ 理由が3つ思い浮かばないとき
英検に役立つ英文ライティングの秘訣:その参
✔︎ 分詞構文
✔︎ 無生物主語
✔︎ 付帯状況のwith
✔︎ 強調構文
✔︎ 副詞の挿入
✔︎ コロン、セミコロン
英文法を学習する意味、文法用語の理解




英語力を本気で伸ばしたい方に是非!
英語ジム らいおんとひよこはこちら



posted by Jun at 18:00| 英語の勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする