オンラインSKype英会話はリアル英会話

2017年07月17日

PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 14

5月21日の記事から約2ヶ月。。PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 13

ぼちぼち再開しています。
7/11の分からやっってます。

ポッドキャストの番組は ABC News "World News Tonight with David Muir" です。
これまでも精聴に使ってたのはこれだけです。
BBCやCNNやgay talk show "Feast of Fun" は多聴で聞いてます。
特にFeast of Funは大好きでかなり更新が楽しみです。


チェックした表現!その 1
seems to be on the end of the Trump individual there's nothing burger
nothing burger = Something of less importance than its treatment suggests

聞こえたときは、え?バーガー?って思ったけど本当にバーガーでした。

わかったときは思わずツイートしてました。




おもしろい(*'∀'人)!!!



チェックした表現!その 2
miss universe pageant
pageantって言う単語には派手な行列ってイメージがあったんだけど、美人コンテストの意味もあったんですねぇ。。

pageant
= beauty pageant
= beauty contest


チェックした表現!その 3
bruising welcome back to capitol hill


チェックした表現!その 4
foul play
foul play 不正行為、ここでは犯罪・殺人

----たぶん、これ何回目かだ。。聞き取れないっていうか覚えてないから聞き取れない。。⤵⤵⤵


チェックした表現!その 5
from several of the students

これはなんてことないフレーズですが、え?from several distune?とか思って、なんか難しい単語か何かかと思っちゃって、一度思ったら students には聞こえず。。。


チェックした表現!その 6
we hazed him
"もやで包む; ぼんやりさせる."っていう意味以外に
いじめるって意味があるようです


チェックした表現!その 7
Some of the callers, giving him an earful
give an earful = to tell someone how angry you are with them

これも前に出たなぁ。。


チェックした表現!その 8
you can snag tonight's deals

snag = すばやくつかむ


チェックした表現!その 9
digging and sifting

これは行方不明の男性4人の遺体を探すのに土を掘り返してるニュースだったと思います
sift ふるいにかける


チェックした表現!その 10
narrowly averted

narrowly かろうじて
averted 避けられた

avert は1級単語なのになぁ。。
なんか聞き取れなかった。


チェックした表現!その 11
caught in dangerous rip currents

rip current 浜から沖に向かう激流


チェックした表現!その 12
backhoe
backhoe = excavator

On Monday, a slew of law enforcement agencies converged at a farm in Solebury Township, using metal detectors, a backhoe and “a ton of investigative resources” to scour the property, Weintraub said at a news conference.
https://www.washingtonpost.com/news/morning-mix/wp/2017/07/11/police-search-large-farm-for-4-missing-pennsylvania-men-suspecting-foul-play/?utm_term=.259fb2b818ea

これは知らないと聞けない単語です!


チェックした表現!その 13
Jared Kushner security clearance should be revoked

聞いたときは、
Jared Kushner security claimers? should be report? revolt? ん?
みたいな感じでした。

security clearance または clearance = 秘密情報の利用許可
security clearance - (国家・軍の)機密情報[文書]取り扱い許可

これも知らないと聞けないです。
そして、動詞の方も revoked ってつながる。


チェックした表現!その 14
While pay in the perks may be tempting, the government warns
perks = perquisite
perks自体はTOEICか英検とかで出る単語ですが、これが略されてたとは知らなかった


チェックした表現!その 15
compromising material on Hilary Clinton
compromising = 名誉[評判]を傷つけるような,疑いを招くような
compromisingと間違えてました。音じゃなくて、意味とか。


チェックした表現!その 16
mob chansing him / from a mob
数日この事件を扱ってて、卒業旅行へいった(ギリシャだったかな)男性が mob に殺された、って。
最初は mom に聞こえて、卒業旅行先へお母さんが追いかけてきて殺しちゃったかと思ったんだけど、いや、なんか違う、って思って、mod とかメモしてて、わからないままで、なかなか正確なイメージが脳内で映像化できませんでした。mobでした


チェックした表現!その 17
cadaver dog
cadaver dog = 死体捜索犬
これはたまたまその日の朝に語彙の復習をやってて、cadaverっていうのがTIMEかNational Geographic に出てきてたらしく、昼にポッドキャスト聞いたら、タイムリーに出てきて、聞こえて、もちろん意味がすぐに分かって小躍りした✨🎶🎶⤴単語です。


チェックした表現!その 18
dish out
dish out = 惜しげなく提供する、ばらまく

Trumpがなにかを dish out したっていう話だったか、と。。


チェックした表現!その 19
medical headline

これ!超ショック!
何回聞いても、ん?知らない単語だ? metacle? headline ん?
って思ってたら、medical って普通の単語で(苦笑。。

そんなこともあるもんだ。



チェックした表現!その 20
tick bone illness
tick prey that tell you where
tick preyのところも聞き取れなかったです。
tick borne = ダニによって媒介された


チェックした表現!その 21
on a men's side
これもなぜか聞き取れず。
med? mid? side
そのキャスターのその時の言い方、とかにもよるのかな。


チェックした表現!その 22
a half of foot of rain

これは面白い言い方です。
これだけ見るとピンと来ないけど、

one inch of rain,
one foot of rain,
20 inches of rain,
12 feet of snow

って並べると、あ〜なるほど〜って。




以上、7/13の分まででした!




クリックおねがいします!
ありがと✨✨💕💕💕!!!


英検ランキング

にほんブログ村 英語ブログ 英検へ
にほんブログ村


posted by Jun at 17:20| 英語を聞く事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 13


だいぶ、あいちゃいました。
毎日聞いて、メモとって、聞き取れないところは一度巻き戻して、とか
欠かさずやっています。

その後の確認作業が間があいちゃったので、
今回は、5/12 - 5/18までの期間のまとめです。



residents ??? to safetyって聞き取りづらいところがあったんだけど
ここは、住人たちが安全な場所に(走って)向かった、ってことで、
race to safety でした。

rank-and-file 平社員の
showboat 目立ちたがり



他には、天気予報とかで、New York ???って聞き取りづらかったんだけど
ここは、 New York through Hartford って through 地名で、範囲を表現してました。



そして、またまた、急いで安全な場所に逃げるって時の、the frantic rush っていう表現とか
ぼぉっと聞いてるとうっかりしちゃいます。

このominousとかも
this ominous online message


次に「ん?」ってなったのは、dodged a bullet in this case
これは、
dodge a bullet:間一髪で避ける
って意味でした。

あと、S was finally cornered っていう表現では
cornerが動詞で、「〜を窮地に追い込む」って意味

staking them out っていうところでは、
stake out 容疑者などを見張る、張り込みする

この、dodgeだったり、cornerだったり、stakeだったり
別にたいした難し単語じゃないのに、
この意味で使われると、とか、このフレーズになると、
こんなシチュエーションを表すんだ〜って。

知らないと聞けない。




北朝鮮のミサイル発射のニュースで、
Word that they've launched だと思われるセリフがあり。

word that 〈…という〉知らせ,便り,消息
っていうのを見つけたんだけど、これかなぁ。。。50%の自信。


pins the man against the wall
pin = 身動きできなくさせる"

who coined the phrase alt-right っていう箇所も早くて聞き取りづらかったけど、この「オルタナ右翼」っていう、alt-rightを知ってたのでなんとか聞き取れました!


it's a dead end 。。dead endが聞き取れず。。


車の事故で、dangling over on ramp っていうのがありました。

tighten screwsでは、
screw = ねじ 。。。これはわからなかった。。

そして、よく天気予報で出てくるのにメモで取れなかったのが、torrential rain


full of police cadets
cadet = 陸軍士官学校[海軍兵学校]生徒


そして、またまた車の事故です。
これはNYのTimes Squareのニュースだったかなぁ。。違うかな。
charred wreckage
charred = 黒こげの (*'∀'人)スゴ-ィ


calling him a showboat
showboat 目立ちたがり屋

sworn enemy ; 仇敵
fatal heart arrhythmia
 arrhythmia 不整脈

blind-sided 死角から不意をつかれる ←アメフトから

unprovoked 正当な理由のない


car airborne の意味で、
airborne: in the air
車が空中に浮いて、みたいな。
これがNYの車ですね。HONDAアコードが突き刺さってたやつ。

the car bearing into pedestrians
bear + 場所の前置詞副詞=移動する

ちょっと聞き取りづらかったけど、聞こえたのは、man slaughter charges

あと、これ!今回一番のこれ!
marron handra code

え????

ツイート済みですが、
maroon Honda Accord 栗色のホンダアコードでした(笑

HONDA大好きなのに、それ聞き取れない、って。。

ちなみに、maroon5のmaroonはこんな色なんだーって思いました。

栗色っていうより、ワインレッドに近いような
紫っぽい色でした。



以上!
また次が少し間空くかもしれませんが、
聞き取れ具合は高まってきたと思います。

今年の1月終わりから始めたんですね。
4ヶ月だ。

コツコツ、こつこつ、続けていく。



〜・〜・〜・〜・〜 過去分〜・〜・〜・〜・〜・〜
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 1
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 2
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 3
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 4
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 5
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 6
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 7
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 8
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 9
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 10
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 11
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 12


posted by Jun at 23:51| 英語を聞く事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 12


前回で、かなり取り戻した感があったのですが、
今度はブログ更新自体ができないほど
いろいろと追われてました💦💦
(この💦←絵文字は勘違いされてるかもしれません
全然知らなかった!英語圏で勘違い or スルーされているスマホの絵文字15選

ってことで、本日は  4/4分から。。え!?そんなに??
4/16までです。なのでニュース的にちょっとリアルタイム的に欠けますね。

いちばん最近聞いた、昨日とか今日のニュースとかはパリのテロとかフランスの大統領選とか、
あの50歳教師が15歳と駆け落ちした(誘拐事件)話とか(逮捕された!)、
あとは大停電の話とかがあったかな。

ってことで、少しでも進めておきたいと思います。
このあと(4/17以降)がまたしばらく確認作業ができないと思うので。

大量にgoogle driveにまとめてあるんだけど
抜粋でここへ載せておきます。


inside the war room war room 作戦室

gave his commanders the green light

many bone dry resoivors
bone dry = ひからびた

electrocuted
be electrocuted 感電して死ぬ
→これはなんとなく英検とか死刑の話で出てきたりする単語なきがする。。


across the pond 大西洋の向こうで

Coptic Church コプト教会:エジプトの正統キリスト教会
tinderbox 1(昔用いた)火口(ほくち)箱.2(一触即発の)危険な場所[人]
smoke billowing across 場所
billowing = 大きな膨れ上がる波またはうねりによって特徴づけられる
(関連)billowing cloud 波状雲

あるニュースで、needs to go off on another sunset 。。みたいなのがあり
go off into the sunset いつまでも仲良くやっていく、映画のハッピーエンディングシーンから

主人公が仕事をやり終えて夕日の中に消えていく、、、みたいな。へぇ〜。


do or die = (成功するために)死ぬ覚悟でやる, 極力がんばる
→これ、単語は簡単だけど音で聴くと「え?」ってなります。


botched robbery

got a ファイズ? みたいに聞こえた箇所
→ FBI got a FISA court order from the judge でした!

FISA = The Foreign Intelligence Surveillance Act


peer through the window 窓からのぞく


bumped from this flight
→ bump 航空会社が予約オーバーで予約を取り消す

US's Carl Vinson:カール・ヴィンソン (空母) 。アメリカ海軍の航空母艦
Massive Ordnance Air Blast、大規模爆風爆弾兵器
= mother of all bombs の正式名称 = MOAB(モアブ)
これはアメリカがシリアに攻撃した時のやつだったかな。

simmering = 今にも爆発しそうである
cadastral = 〔測量〕 地籍についての

still TBD = still to be determined





難しかったのは、it was anti? ante? at a timeとか思ってたら
実は It was empty at the time っていう。。ぜんぜん実は簡単だった。音が。。💦音が。。。💧

あと、at an upscale gym in のupscale も聞き取れず。。


turned all this burn?? into auto repair shop ってわからなかったんだけど
turned this old barn into ..... あ!!そっか! barn か!って納得。


あ、あと、
swimmer than stress ってメモして、いやいやいや動詞でthan ってないでしょ(爆笑!とか一人で楽しくなっちゃったけど、本当は swimmers in distress でした。むずかしーーー!正確に音を聞き取ることって。


ブログ更新が追いついてなかったり
聞きながらメモした箇所の確認作業がちょっと進まないときがありますが
毎日丁寧に聞いて、巻き戻しつつ、わからない箇所、気になった表現をメモして
ちょっと調べたり調べなかったりしてます。

でも、そうやって毎日アメリカのニュースとか聞いてると
どんどん世界平和から遠ざかってる気がしてきます。

いろいろとこの先どうなるんだろう、この地球は、とか
日本の平和ももちろんだけど、いろんな国とかテロとか。。。。
心配だ。。。



〜・〜・〜・〜・〜 過去分〜・〜・〜・〜・〜・〜
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 1
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 2
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 3
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 4
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 5
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 6
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 7
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 8
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 9
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 10
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 11


posted by Jun at 21:43| 英語を聞く事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

ポッドキャストでニュースを聞いてたら。。



ライティングが合否を決める大きなパートとなります。
そのエッセイをしっかり練習するのが今回のメインです。
ただ、読解問題を丁寧に解く・理解する、
また、
語彙をこうやって覚える、っていう実戦演習
とか
エッセイやスピーチのアイディアのブレーンストーミングも
4月の回で予定しています。

5月の回は直前なので、本当に直前対策なので
ここまでパート別に丁寧にできないかなと思っています。
6月の試験までもう少し時間があります。

底力をつけて、一気に合格までご一緒しましょう。



-------------------------------------
さて、最近なんだか、いろいろ興味がでてきて
(良いことですが)

TIMEかなにかに載ってた人の本も読みたくなってきました。

Destined for War: Can America and China Escape Thucydides's Trap?



Nuclear Terrorism: The Ultimate Preventable Catastrophe

Kindle版でも良いお値段しますね、、「ほしいものリスト」で寝かせておきます。
英語なので最後まで読めるかなーとか一抹の不安もあり。


お風呂で読んでいる実況中継 トランプのアメリカ征服 言霊USA2017

こっちは日本語だし、町山さんの軽快な口調で
かなり楽しめます。

ほぼ娯楽に近い本な雰囲気なのに
アメリカについての背景知識が入ってきます。
広く浅く楽しくって感じです。

でも知ってると知らないとでは
ポッドキャストでニュースを聞いた時の
理解度がぜんぜん違います。

日本のニュースでも、「日本人ならほとんど知ってること」を
当たり前のように軽くはさんできたりしますね。

それと同じで
Roe v. Wade
とかがメイントピックではないところで
さりげなく言及されます。

まず知らないと聞こえないし
(そんな単語だか熟語だかイディオムなんて知らない!)
聞こえても??ってなります。

フィリバスターって単語も
町山さんの本から知りました。

知ってる人は知ってるかもしれませんが
日本では馴染みのない単語かなーって思います。
日本のワイドショーやニュース見てても
そうそう出てこない気がします。
もしかして池上彰さん系の番組とかコラムとか読んでたら
でてくるのかもしれませんが
興味がないと本当に知らないものです。

なので、そっち方面に興味が少しでてきた今
調子に乗ってアメリカの文化的・地理的・政治的
geopoliticalな(?)ものとか歴史も
浅ーーーく楽しく知ってみたいなと思います。

ポッドキャスト聴くのにも、
ドラマや映画を観る時も
CNN English Expressでシャドーイングやるときも
知ってた方が知らないより良いかな、
より楽しめるかな、って。


CNN ENGLISH EXPRESS



って、今週末は出かけっぱなしなので
ポッドキャストもGossip Girlも更新できないかなーと思って
最近の興味について書いてみました。

今日明日はとても天気がよくて、あったかくて
桜舞う春を満喫できそうな週末です。



posted by Jun at 08:24| 英語を聞く事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 11


待ちに待った週末です!

朝起きて、あ〜雨☔かぁ〜。
って思いつつ、これで堂々と Run にでかけなくてよい、
走らなかったことへの心苦しさから100%解放される!
みたいなヨコシマな考えとともに起床しました(ノ≧ڡ≦)

筋トレは好きだし、苦もなく続けられますが
Runは比較的いやいややってます(笑
出かけちゃえば平気だし、戻ってくると爽快だし、
それはわかってるけど、行くまでに相当「えいっ!」って必要になる。

とはいえ、大好きな夏はすぐそこ。
しっかりと身体をつくっていかないと、と思ってがんばります!


ってことで、今週のポッドキャストまとめ。
最近少なめだったのですが、今週はだいぶ catch up できたかなと思います。
3/25 - 4/3 まで分。

ポッドキャストは、TIME, Economistや他のニュース番組
そして、さらば白人国家アメリカなど、背景知識や独特の英単語や表現を少しずつ増やしながらちょっとずつ内容を理解しつつだいぶわかるようになってきました。

この同じ著者の町山さんの本をまた読むことにしました。
新しい本です。お風呂の中での読書用です。

実況中継 トランプのアメリカ征服 言霊USA2017


いろいろ言われつつも、やはりこのおちゃめなトランプさんが世界中の注目を浴びています。この先アメリカが、そして、世界がどうなるのか、かなり影響を持っている人です。ロシアとの仲も緊張が高まりつつあり平和に生きていきたいあたしはちょっと不安も感じますが、、そして、どこの国であれ空爆とかもうやめて仲良くできればいいのになぁ、とか、ほとんど子どもじみたことを考えてしまいます。


ってことで。やっと、ポッドキャスト。


they subsequently then fled on foot
fled = fleeの過去形


tourists watching it all unfold
これは5文型 SVOC

all-out brawls
all-out 全面的な、徹底した
brawl けんか,口論; 取っ組み合

going after his own party
his own が速くて聞き取りづらかったかも。


a May Day Call
Mayday call 海難信号



this has rally's erupting violence between Trump supporters and protesters


pulling off a high-end heist
heist 強盗
この発音とスペルが /hάɪst/ 聞いてすぐわからなかった!まぁ、知らない単語だったけど。


GOP Health Care bill's failure
GOP. = アメリカ合衆国の共和党 = Grand Old Party.

A pro-Trump rally https://goo.gl/9b3CqR
←→ anti-Trump

as well as wanting them to see if they had any weapons

the wings torn off
 → tear off ひきちぎる
飛行機が落ちた話でした。

で、これも。
You can't tell it's a plane

このplaneがplungみたいに聞こえてなかなかわかんなかったなぁ。。(・ε・`)


unboard a bus
こっちはあまり辞書に載ってないかな、ネットで見つけた意味はこれ。
unboard = To leave a passenger vehicle such as a train or ship; to disembark.

spinal epidural:脊髄硬膜外
 ほかに、spinal epidural anesthesia:脊椎硬膜外麻酔、とか

No word yet on what triggered that malfunction
→これが聞き取りづらかったぁ。。。。


like a stampede
stampede (動物などが)驚いてどっと逃げ出すこと./ (群衆が)先を争って逃げ出すこと,総くずれ; 大敗走, 殺到

his trove of classified information
trove of 〜の宝庫、〜の山

In a bid to turn a page
a bid 試み
in a bid to ~ しようとして

a heck of a ~: used for emphasis


bustle them to another high school
bustle = (人を)急き立てる

あ、そうそう、詐欺の電話の話がよく取り上げられるのですが、
そこで聞こえてくるのはこんな表現です。
phone call
robo call
sounds fishy


amid mounting calls


coal miner standing

空港でからだを必要以上にしつこくぺちぺち気持ち悪い感じで触られた男の子の話。https://goo.gl/qh6tt8
whenever he touched me, I got, started having hives a little bit and I had that for at least half of the plane ride
hives じんましん

more than 100 women have come forward and shared stories that are shockingly similar to mine
この that が聞き取れなかった!

男の子はこんな障害がありました→ sensory processing disorder 感覚処理障害



次に、とってもすっきりした箇所。

最初、man on the ??? there ???
って、で、man on the right shoot there?? かな。。

とか、でも

じっくり聴き直してたら、、、


man on the red shirt に聞こえてきた!!!


(๑˃̵ᴗ˂̵)و ヨシ!


こうゆうのが本当に嬉しい瞬間です!
逃げた容疑者の特徴として、話が通じる(もちろん文法的に正しい)ものを探っていったりします。



hood of his car
 → hood 自動車のボンネット

light-hearted 快活な、陽気な
it's not just a one-way street 一方通行ではない

opioid addiction
opioid→アヘン様合成麻酔薬


あと、これは天気予報のコーナーで出てきたやつ
convective outlook
convective 対流の; 伝達性の.
convection (熱・大気の)対流,環流.

画像検索すると、こんなのが出てくるので、こんなやつのことだとイメージしとけばいいかなと思ってます。
convective_outlook.png

日本語の詳しい解説はここ→http://www.cfijapan.com/study/html/to199/html-to175/154a-AC.htm


why all the cloak-and-dagger stuff
Cloak and Dagger〈映画・物語・事件など〉メロドラマ的な陰謀[スパイ]活劇(風)の.→外套と短剣とは、スパイ・ミステリー・暗殺といった要素を内包するシチュエーションを言及する言葉

crying foul 相手が不正な手段を使ったと主張する

internet trolls and botnets to push out this information
→ https://en.wikipedia.org/wiki/Botnet

caught them off guard 不意を突く

pit us against
= to set someone or something in opposition to someone or something.


fight them and Dems
→Dems、またでたよー!→民主党員たち(Democrat(民主党員)の複数形Democratsの短縮形)

waterspout 水上竜巻

fist fight (素手の)なぐり合い

confirmed sighting
→目撃された
これは、50歳の教師と15歳のかけおちの話です。

to close Rikers

Rikers Island is New York City's main jail complex, as well as the name of the 413.17-acre


Breitbart News = ブライトバート・ニュース
ニューヨーク・タイムズはブライトバート・ニュースを、フェイク・ニュースであり、ミソジスト(女性嫌悪主義者)、ゼノフォビア(外国人嫌悪)、レイシストのサイトであると批判

→これは、「さらば白人国家アメリカ」に出てきて、知ってた番組です。。でも、音できこえてきたときに反応できなかった〜〜〜!!悔しい!!!

head of RNC
RNC = Republican National Committee :共和党全国委員会

これ、この表現いいなぁ、と思って。
it's bound to raise some eyebrows


stunning buzzer beater
→バスケでよく出てくる、、らしい。
試合終了のブザーぎりぎりで得点してちゃっかり勝利しちゃうプレーヤーのことみたいです。


Trump teed up a fresh week.
 →tee up = 準備をする


難しかったのは、これ!!


ぱら〜 winds

え!?


per hour winds でした〜

high-def and infrared cameras attached drones
→high-def = high definition


she wrestles for the wheel
→これはシーン的に、たぶんハンドルを取ろうと取っ組み合いしたっぽいです。



そして、この表現も気になりました。

epic disaster

なんで気になったか、っていうのは、最近、この本で読んで、epicのスラング用法を知ったばかりだったので、この偶然の巡り合わせに嬉しくなっちゃったのです✨✨💕💕💕





あと、他に、ちょっと意味がわかんなかったけど
raining gasoline って聞こえてきて、ぐぐってみたら

It's raining gasoline! ってのが出てくる。。けどわかんない

っていうのがありました。
いつかわかる日がくるかもしれません。


full of metal shrapnel ripping through subway car
shrapnel;[集合的に]1榴(りゆう)散弾.2(さく裂した)榴散弾[砲弾,爆弾]の破片

こんなのは知らないと聞き取れないですね。
知ってても音で知ってないといけないのですが。。

他には、March madnessとか
plant sugar maplesみたいなちょっと可愛い表現をメモしてみました。

revamping the government
revamp : 改良する
これはimproveとかameliorate とかと一緒にイッチー本で出てきた記憶があります。

cheer on the player
→声援する、っていう、cheerはそのままでも使えるし、on + 人 でも使えるようです。


以上!
今回はたっぷり復習できました。

電子辞書で調べてある単語などについては
ヒストリー機能で復習できます。

ちゃんと思い立ったが吉日で復習をやらないとなーって思ってます。



〜・〜・〜・〜・〜 過去分〜・〜・〜・〜・〜・〜
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 1
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 2
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 3
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 4
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 5
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 6
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 7
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 8
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 9
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 10


posted by Jun at 13:55| 英語を聞く事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 10


今週もちょっと少なめです。
3/22-24まで。
毎日聞いてて4/1分まで書き出しはやってるのですが
確認作業が滞ってて。

ま、そんな時期もあるってことで!

では、今回のまとめ。
bleeding ground for terrorists とか思ってました
→いや、やっぱりだって、出血するよね、って思って。。。(爆笑)

breeding ground 温床
ってことでした。

他にも物騒な単語が毎回出てきます。
carnage=大量殺人

put on lockdown たぶん閉鎖された
 lockdown =〔刑務所内の〕封鎖, (囚人の)厳重監禁


phonin to us recific plot ?え?
→ pointing to a specific plot でした。

このpointingがすごく聞き取りづらく。。


copy cuts???→ copycats 模倣犯
 あ〜そう言われるとわかるし、聞いたことあるし。コピーキャット!


あと、政治のところでNo, Yesがよく使われてました。
still a-konw?/unknown? → still a no

will probably ??? → I will probably vote NO
I am still ??? this time → I am still a NO this time

これって文字だけで見ると、別に難しくないし、
え?これ聞き取れないの?って思うかもだけど
急にこれ流れてくると、どうにかして知ってる単語に置き換えようとするし
ここで NO っていうのがでてきません。。
これだけ聞くと、もちろん、次からは大丈夫ですが!

あと、これこれ!!!
awfully tough gold rich tan

なんか、これ、Junちゃん好きそうな単語並んでるねぇ〜ってかんじだけど、意味をなさない(笑!!!

that is an awfully tough goal to reach, Tom でした〜!てへぺろ


were so out ランディス??
outlandish = 風変わりな,奇異な


I'm Jun in for Nyanko.
 →メインキャスターがお休みの日に「本日はにゃんこのかわりにJunがお送りします」っていう時の in for

fighting to round the vote
round = しめくくる、完了する
これはCNN-EEででてきた、the US rounds it up in 10th place.
(アメリカは最後から10位でした)っていうこのroundと同じかな、と。


pull the plug 中止する
to make a deal falls flat
 fall flat=倒れる, まったく失敗に終わる

London is a city to fiant parliament was in session
→これは、defiant = 反抗[挑戦]的な, だったかなぁ。。ちょっと意味が取れず。

filibuster = 〔長々と演説を続けるなどして〕議事進行を妨害する
 出ました!これ!「さらば白人国家アメリカ」で知ってたこの単語。聞こえると嬉しい💕✨

Wisconsin turning the table on</strong>

in brown and look them calmly え?
but one of them, Ian Brown, looking at them calmly
固有名詞は聞き取れないときに、一般名詞として聞いちゃうと意味が一層わからくなりますね

excuted the himeleck → Heimlich
 ヘンリー・ハイムリックさんのことかハイムリック法のことか。。。
ハイムリック法=気道に詰まった異物を除去する救急救命法で、excute舌ってことだから、救助でその方法を使ったってことかな。
ハイムリックさんを処刑したとかじゃないね、そもそも the がついてるし。

the law of the land = 当時確立した法, 国法
break the news ニュースを知らせる・打ち明ける

rabbit call?/hole?
 rabbit hole = 野兎によって作られた巣として土中にある穴
----- Metaphor for the conceptual path which is thought to lead to the true nature of reality. Infinitesimally deep and complex, venturing too far down is probably not that great of an idea.
The origin of the term is from the rabbit hole in Alice in Wonderland which leads into Wonderland.
不思議の国のアリスから来てるのね〜。なんとなくあの奇妙な感じ。


did not have クワイト? →We did not have quite the votes to replace this law.
for the ??? future →we're going to be living with Obamacare for the foreseeable future.
これはちょっとカンニングしちゃいました。
Paul Ryan Pulls Bill: "Obamacare Is The Law Of The Land"

大きなニュースになってると、スクリプトはなくても、別のニュースでも同じセリフが引用されてたりしてそのまま調べられたりしますね。で、音を聞き直して、あ〜 foreseeable ね〜確かに、そう言ってる〜。となったりします。


あとこれ(笑
fords words borrowing that ....え??
→ Harrison Ford's words following that ... って前に Harrisonがありました(笑

with playing coy? →playing coy
 play coy 恥ずかしそうな[関わろうとしない]ふりをする"

appearing to ??? misdaim→appering to backdown from misclaim
 misclaim = mistaken claim

futher ??? raised ニューナーズ? postponing
→ ぬねす氏のことかな → Devin Nunesさんの名前はこのあとのニュースで毎日出てくるようになりました。

derail ま making a mess って聞こえてたんだけどこれは
→ derailment, making a mess だ!ってわかりました。

なんだか、もう、このまとめかたも雑ですが、
あ〜Gossip Girlもやれてないなぁ、、ってちょっと余裕がない今週末でした。




〜・〜・〜・〜・〜 過去分〜・〜・〜・〜・〜・〜
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 1
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 2
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 3
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 4
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 5
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 6
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 7
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 8
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 9


posted by Jun at 18:06| 英語を聞く事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 9 (elephant in the room)

今週末もまたまた出かけっぱなしで、
いろいろと自宅でできることが少なく、
でもポッドキャストの確認は先週よりは進んだので
できたところをまとめておきたいと思います


3/16 - 3/21のところ。

wire tapping is pretty offerencial...みたいな感じで聞こえてたんだけど
wire tapping is pretty old-fashioned でした。

ぜんぜんトンチンカンだったのが

nothing to say (his) esteem とか、ちんぷんかんぷんでしたが
nothing that they have seen でした(爆!ぜんぜん違う。

あと、これは別のニュース(音声でも文字でも)見かけたのですが

How low was president Obama gone to tap my phone?
っていうセリフがありました。

go lowってトランプが好きな表現なのかも。
“When they go low, we go high.”
っていう、スピーチでも「口撃」に使ってたみたいです。


音でいうと
complete chat down って何度聞いても聞こえるのに
complete shutdown だったみたい、ってのがありました。


jiggling the door っていうのは、
ホワイトハウスに侵入しようとした犯人の行動の一部です。
メモみると、ziggling とかメモしてました。


この人の行動、こんな感じです。

boulder another fence, moved right up to the mulch, even hide behind the pillar.

boulder 〔丸い〕大きな石→ここでは動詞として使ってるのかな、と。
mulch 根覆い


first artist inducted into the rock'n roll

body in the revel とかメモってたら
body in the rubble でした!
知ってる単語なのに!!!

leveling the house →家をぺちゃんこにする、です

cease and assault rifle
= 実用的な全自動射撃能力を持つ自動小銃
これで一個の名詞扱い(=複合名詞的な)

get flurry and get little sprinkle

よく flurry of で出てきますが、ここでは
flurry にわか雨、通り雨
sprinkle 小雨


twitter rant
rant = 暴言を吐くこと


bike rack
cellphone PIN
crowded on to roof tops
→洪水とかで屋根の上に人が殺到しているシーンです
pellet gun
→ポッドキャストでニュース聞いてると身近にない「武器」の名前がたくさん出てきます

bracket-buster = どんでん返し
→ A game in which a low-ranking team unexpectedly defeats a high-ranking team.

alleged copper
copper. 銅; 警官
→ここでは警察官のことでした。

Molotov Cocktail = 火炎瓶
これも画像検索すると、物騒な画像がたくさんヒットします。
この表現は The Economistで最近見かけて知ってました。
でも、やっぱり音だけで聞くと瞬時に反応できないものです。
今回、文字情報と音声情報がつながりました!

intelligence on consumer electronics
→この on が聞き取りづらかったです。

knocked the ball out of the park
out of the park = 成功する

So massive the plumes of fix smoke, captured on radar.
The fire quickly hopscotching.

hopscotching = http://www.thesaurus.com/browse/hopscotching


meals on wheels
〔慈善団体などが体の不自由な人々に対して行う〕食事の宅配サービス
bluff(人)をだます
induct〔新しい考えなどを人に〕紹介する、授ける
paramedic =〔米国の〕救急医療隊員
hit a nerve = 神経にさわる
roe v. Wade ロー vs. ウェイド事件(see on Wiki
inferno 地獄.
→そんな映画のタイトルを聞いたことがあるようなないような。。って思ってました。
スペイン語読みをしちゃいそうですが、ここはやはり英語で ɪnfˈɚːnoʊ です
litmus test リトマス試験
ring = 黒幕一味
crime ring 《a 〜》犯罪組織[集団]
今回はこんな表現で出てきましたが、CNN EEで出てきて知ってました。

A man who said he was investigating a conspiracy theory about Hillary Clinton running a child sex ring out of a pizza place fired an assault rifle inside the Washington, D.C. (see more)

こんな感じ。
こうやって、やってることの
(使い古された表現ですが)点と点がつながる感じ
これが楽しいです✨✨。




そして、今週のいちばんの収穫は、、
the elephant in the room = 見て見ぬ振りをする
 → 問題があるのはわかってるのに、みんなでそれに触れようとしない様子のこと
elephant.png

おもしろい(๑˃̵ᴗ˂̵)و!!!!



〜・〜・〜・〜・〜 過去分〜・〜・〜・〜・〜・〜
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 1
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 2
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 3
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 4
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 5
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 6
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 7
- PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 8


posted by Jun at 07:00| 英語を聞く事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする