オンラインSKype英会話はリアル英会話

2017年01月09日

英検1級合格のために、あと2週間何ができるか


英検1級合格マップの発売から3週間!


昨日、ひとり洋楽カラオケ行った時に
近所の本屋(そんな大きくない)に行ったら
1冊だけ、本棚の高いところにありました٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ !!!
本棚の前には踏み台が置いてあったので、それに乗れば取れます。


っていうことで、あと英検まで2週間きりました。
3連休で今日はお休みの方も多いかもしれません。
私も(!!)4時起床で朝から忙しくしております。
残りの時間をできるだけ無駄なく過ごしたいですね。

本を出したからには不合格なんてことになると
ちょっと恥ずかしいので(ノ≧ڡ≦)
あと2週間やれることをやっておきたいなと思います。


英語上級者や
すでに1回以上合格している方には
必要ない情報ですが

どうしても英検1級が欲しい!

って場合には

そして、

この1月で一次試験だけでも突破したい!

って場合は


今から2週間を諦めずにぜひぜひ頑張ってください!って思います。

Hiroshiさんブログの英検1級カテゴリも読んでみるとコツがわかりやすいかと思います。
あたしのブログなんかよりずっと論理的に整然とまとまっているので読みやすいかなー。


とにかく、まずは、ライティング。

どんなトピックがくるかわからないので、
どんなジャンルでもどうにか3つはアイディアを搾り出せるように
サンプルアンサーのサイトを読み尽くしておく。
できれば音読のほうが目も口も耳も使うので
体内に残りやすいかなと思います。

http://voiceroom.web.fc2.com/CI16.htm
とか
http://e-kaiwa-master.com/essayfreedl.html
とか。

意見を自分で考えてみたいって場合は
多くの人の賛否両論が掲載されている、
http://www.debate.org/
とかイイですね。時間のあるときに読むだけでも
へぇ〜そんな考え方があるのか〜って思ったりします。

同じトピックでも他人の観点から見た意見って
新鮮で、自分のこだわりがあるものであっても
少し視点を変えることで
濃い意見にできたりします。

ライティングで、自分の意見を書いて
3つ理由を書いたりするけど

○○っていう意見もあるようですが、個人的には〜と思います

みたいな感じで、
ライティングについての書籍を読んでいると
counter argument を少しだけ入れるのも
相手に与える印象が違ったりするようです。


英検1級のライティングは、内容がすごく重視される印象があります。
(だから、あたしは苦手だし、ハイスコアを出せないんだけど。。。)

なので、そんな感じで、まずは内容を充実させる。

もちろん、語数がとても少ないので、
その中で3つ理由を書いて、濃厚な内容にするのが
ちょっと難しかったりします。

ここまで10回の合格の経験や
他の英検仲間(850点満点の知人が数人いたりする)から聞いた話だと
すごく高度な文章でなくても、
高尚な思考を見せなくても、
相手を納得させられる、理解しやすい文章のほうが
得点しやすいみたいです。

あぁ、、、すっごい曖昧💦💦。。。

1級に合格する小学生・中学生が割といますが
彼らは英語力的にはすごく高いかと思いますが
社会人経験はないし、やはり子ども目線での
政治や世界情勢や社会問題を見て
それについてエッセーを書いていると思います。
(全員が天才児ではないという意味で)

なので、それを考えると大人の方には希望が湧くかな〜、と。
だから

コンテンツ重視で!


ここを心がけてみて
採点する人は何千人(?)とかの文章を読むので
その人が「あら、これ、なんか読みやすいわね。
しかもわかりやすい。スペルミスはあるし文法エラーも多少あるけど
まぁ、これくらいなら内容でぜんぜんカバーできてるわ」
っていう
判定をしてくれればこっちのもんです。

文字を丁寧に書く、っていうのも大事だという方もいますね。
TOEFLやTOEIC SWと違って手書きなので
ここがあたしにもとても苦手ポイントでもあります。

人間的な心情として採点者も、そりゃ読みやすい丁寧な文字の方がありがたいかな、と。
それは容易に想像できます。
もちろんそれが点数に直結しないにしても。

人間なので。


そんな感じで、1. 内容を重視し、
2. 読みやすいことを意識して、
その上で 3. テクニック的なところも
考えられればいいかなと。

それはバラエティ豊かな構文を散りばめる、とか
1級的な語彙を使う、とか
目を引く表現・慣用表現を混ぜてみる、とか。


あたしが技術的なところで参考にしてるのは、
即戦力がつく英文ライティング
発信型英語スーパーレベルライティング
スーパーレベル パーフェクト英文法
とか、かな。

英語力が高いわけではないので
それをどこまで自然に使えているかは怪しいし
あたしが使うと単なる小手先の技になってないか、
というのは常に気にしているところではあります。

でも、英語力というのはじわじわ上がっていくものであって
数日数週間でどうにかなるものではありません。

なので色々駆使します。

ざっと読んでおくだけでも
本番で役立つことも多いです。



技術とは別で、アイディアを得るためには
英語で経済・政治・社会を討論する技術と表現、とか。
やっぱりイッチー本サイコー✨!
この本は試験当日に一次も二次も持っていきます。
この本しか持っていきません。
あと、数回合格した頃にライティングで点数が取れないことを悩んでて
連続受験している仲良しな方に相談したら
勧めてもらったのは英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニングです
またまたイッチー。



最近、JRC-E1で始めた書籍は
最短合格! 英検1級 英作文問題完全制覇なのですが、これを1つ1つ暗唱してってます。


暗唱をしていくのは、たとえば1ページに時間がかかるので
方法としては有効だし、夏の合格や秋の合格を目指す方には
今からスタートしてみてほしいなと思いますが
あと2週間であれば、この本を繰り返し音読することのほうが
よほど効果が高いかな、と。
そのまま2月の二次試験でも使えるし。


っていう、今日は貴重な得点源である、
しかも、合否を左右する可能性が高いエッセーのところについて
書いてみました。


あと2週間、がんばってみてください!!!

合格マップにはタイプA, Bとして
半年かけて合格を目指す方と
1年かけて合格しにいく方と
大雑把ですが分けてやることを書いてあります。

なので今月の受験する方には
ちょっと急すぎますね。

ってことで、あと2週間何ができるかを考えてみました。


さて今日も1日がんばります!






posted by Jun at 06:56| Comment(0) | 英検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント