2019年10月06日

サボる理由を探さない

優雅な肉体が最高の復讐である.png


優雅な肉体が最高の復讐である。


少し前にストイックな本を読みたいなぁと思って、
Gacktの本(GACKTの勝ち方)を買うときにおすすめに表示されたこの武田真治の本を読んで、
むしろ、こっちの本の方が、名言が詰まってて、その後の生活に大きく影響を与えられました。


GACKTの勝ち方.png


「優雅な肉体が最高の復讐である」で、いちばんのお気に入りは

やめる理由を探さない by 武田真治



脳内で勝手に

サボる理由を探さない

に変換されちゃってますが

毎日毎日、このフレーズをなんども脳内に蘇らせています。



英語とか運動とか、その他のこと全部同じかなと。


9月下旬に、1日おきに日の出とともに走ろうかな、と考えて
実際にやってみたら、雨の日とかでその「一日おき」のペースが乱されるのが気になって


じゃ、それなら、毎日走ることにすれば、雨の日も関係なくなるな!と思って、毎日走ると決めました。



まだ、レインウェアを楽天の買い物かごに入れて、レジしてないんだけど、そのうち手に入れます。


ここで、サボる理由・やめる理由を見つけるのは簡単です。


起床後すぐにお天気アプリを起動し「あ〜風速が少し強いなぁ、小雨か〜台風の影響かな」とか

毎日だと洗濯したウェアが乾いてないかなぁ、とか

昨夜遅くまで仕事してちょっと睡眠がいつもより短いんだよね、とか(いつもは4時間半)

昨日のゴールドジムで張り切ってトレーニングしたから、筋肉痛がひどいんだよね、とか


それに、こんなこと考えなくても
ちょっとめんどくさいなぁ、
ちょっとだるいなぁ、
とか、理由がなくても理由を作り出すこともできます。


なんなら、グーグルで

「ランニング 毎日 よくない」
「ジョギング 意味ない」

なんて、検索したら、膨大な情報が出てきて、
しかも、もっともらしい記事がたくさん読めます。



短時間睡眠
超少食



同じ。
反対意見はたくさんある。



筋トレでさえ

「筋トレ 必要ない」
「筋トレ 短命」

みたいなキーワードが並んでいます笑


いちいちそれ気にしてたら自分のやりたいことをできないので、そういう記事は読みませんが、

サボる理由・やめる理由はいくらでも見つけられるのです。



走りに行く前の、様々な考えられるすべてのサボる理由を排除して、
出かけても、

あ〜、2kmくらいで戻ろうかな、とか
なんか体がだるいな、これはやめておいた方がいいのかもしれない、

なんて、

風邪ひとつ引かないのに、よくいうよ、っていう感じですが、

一瞬思うこともあります。

それでも、それはやっぱり言い訳でしかなくて

1kmも走っていると調子が出てきます。
最初の1km目の速度より、それ以降の方が速く走れます。


で、4km超えて自宅に戻ると、1mmの後悔もない
清々しい朝が迎えられます。

朝4:30に起床し、ちょっと仕事や英語の勉強をしてから
5:30すぎに日の出くらいに30分程度走ります。
その後、お風呂のお湯で汗を流しながら、日本語の本を読んでいきます。


そこまですべて終わって、朝7時には仕事や勉強のスタンバイができます



ちなみに、Gackt本でのお気に入り名言は


少なくともビジネスにおいて、デブであることにメリットなどない


です。

人生においてもそうだと思っています。


武田真治も、


緩んだ身体はほどけた靴ひも


確かに。。

最近、お試しを始めたKindle Unlimitedでローランドの本「俺か、俺以外か  ローランドという生き方」を読んだら


デブは甘え。
普通に生きていたら太らない

と、あった。


ジャージばかり着ていたら、ジャージの似合う人間になっていく


これもメモしておく📝




俺か、俺以外か。 ローランドという生き方 .png



ストイック本でいうと、与沢 翼「ブチ抜く力」もおすすめです!


ブチ抜く力.png



posted by Jun at 09:58| 徒然なるままに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする