2019年09月11日

モノを所有しないことと通勤しないこと、無駄を徹底排除すること

desk-1081708_640.jpg



私、何かにハマると本当に他の全てを犠牲にしてでもはまってしまう傾向があるのですが、
今は、筋トレにはまりつつ、仕事と英語の勉強のクオリティを保てるように意識しています。


断捨離
ミニマリズム
ミニマリスト




不要なものを捨てて
シンプルに生きる


興味はあったし、性格に合いそうと常々思っていたのだけれど
多分、本を読み漁り、はまってしまうと極端にやってしまいそうで
ちょっと控えめにやってきました。


それでも、


洗濯機・冷蔵庫まで捨てる
4畳一間に暮らす


なんてのは憧れます✨✨✨✨✨。


食事も、1日3食完全食のシェイクだけで過ごせたら
・食事時間の節約
・今日何食べようと悩む時間
・あれを食べちゃいけない、これを食べちゃいけないという制約を考慮すること
・食器を所有すること、使うこと、洗うこと

様々な無駄を排除することができ、
そこで生まれた物理的・時間的余裕を他に活かせることができます。勉強とか仕事とか筋トレとか


COMP



とはいえ、まだ妄想段階。

そして、何より肉が好きなので、
365日完全食で暮らすのは難しそうです。



あ、そういえば、不食、っていうのもあると聞きました。

断食というより、不食


食べなくても、健康を損なわずに、生きていける

っていう、ちょっと怪しげな感じもしますが、
そんなことができたら、なんて素敵だろう!!!と思いました。

その人たちは、睡眠も短くなったようです。


non-eater.png



でも、私は肉もファーストフードも大好きです。



これって、睡眠を少なく生きていくのに似てて


non-sleeper.png


人間って、食べなくても寝なくても
思ったより健康に生きていけるのかな、と思ったり。


今の時代が飽食で、
睡眠や食事や健康やダイエットについての情報が溢れてて
どれが本当かどれが嘘か

研究結果にしても、
数年前の研究で正しいとされたことが
誤っていたとわかったり
または、それより良い成分が発見されたり


その流行り廃りに右往左往するより

結局はシンプルな、

・食事管理
・睡眠管理
・運動管理

が、オーソドックスで間違い無いんだろうなと思います。



office-1273985_640.jpg


で、モノを捨てる話に戻すと



家に必要なものは、
・本と本棚
・パソコンとスマホ
・インターネット
です。


家は小さければ小さいほど掃除の時間やそれに関わる全てが減ります。



っていうのが、最近、来年に向けて脳内シミュレーションしていることだったりするんだけど
これだけ文明化した生活に慣れてしまうと、すぐに挫折しそうなことも想定しつつ。



今は、まず、通勤時間がなくなったことが
かなりの節約になっています。


通勤がなくなるということは

時間の節約だけではなく


・服、靴、バッグを買わなくてよくなる

 私服とは別で会社用のモノが必要でした
 

・家から出ないので化粧をしなくなる
 
 化粧品の肌への負担を考えると、これほど良いことはありません。
 外走ったり、ジム行く以外ほぼ外出しないので、日焼けも心配不要です。
 運動とのコンビネーションで肌は絶好調です!



・靴を履く時間が大幅に減るので、足への負担が減る

 これ、地味に快適です!
 ハイヒールとかで、かなり窮屈な思いをしていた足が解放されてます!



もちろん、デメリットとしては

・運動不足になる
・自分を律する力がさらに必要となる

なので、近所を走ったり、ジムで筋トレしたりが必要となります。




私の友人で、IT系企業の同僚だった女性は、私が会社を辞める少し前に辞めて独立して、自宅で仕事をしていますが、彼女はなんと最初の頃こそ、通勤なしの生活を満喫していたそうですが、数ヶ月後には、外出しなくてもきちんとした服に着替えて化粧をするようにした、と言ってました。素晴らしい!!!女性のかがみ!



私は、これからも、無駄を省き、
色々なものを捨てて
(食器とかフライパンとか鍋とか)
最低限の所有物で暮らす方向を目指したいと思います。


シンプルであればシンプルであるほど
ココロも身体も軽くなり、
とても快適だと思うし、
まだまだたくさんのモノがある自宅ですが、
これから少しずつ快適にしたいと思います。


小さい部屋に引っ越すにあたり、
国内でも海外でもどこに引っ越すしても
ゴールドジムに徒歩で通える場所を探したいと思います。






本物のシャドーイングで本物の英語力を。
英語ジム らいおんとひよこはこちら




posted by Jun at 07:45| Jun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする