電子辞書は、EX-wordプロフェッショナル

2019年01月29日

BIG3の1rep 測定

victor-freitas-667495-unsplash.jpg



はい、今日の筋トレブログ更新です!
BIG31REP測定の結果について。


BIG3?
なんじゃそりゃ、ってかたには、この画像

 *画像は、http://www.bulkup.jp/training/weight/wts04.html 様より

つまり、

・スクワット
・デッドリフト
・ベンチプレス


です。


スクワットは、バーベルをかついでスクワットします
 お尻が十分に下がるところまで行かないと失格です。

デッドリフトは、バーベルを下から持ち上げます。
 ちゃんと最後まで上げないと失格です(他にもルールが書いてあったけど忘れた)

ベンチプレスは、寝っ転がって、バーベルを上へ持ち上げます。
 お尻や足が浮くと失格です。胸につくところまで下げないと失格です。


で、その、1REPの測定を、
ルールにしたがって、トレーナーさんの判定でOKが出たら
その記録が認められる、っていう
ちょっとした測定をゴールドジムでやってきました。

あ、1REPっていうのは、
1回だけ何kgのをできるか、っていう測定です。



1月に測定したら、
次は、4月、7月、10月と
3ヶ月ごとに図る予定です。

TOEICとか英検みたいですね。
日々のトレーニングの成果を定期的に測定する、的な。


日々のトレーニングっていうのは、

スクワットなら35kgを10回3セットかつぐ、
デッドリフトも35kgを10回3セット持ち上げる、
ベンチプレスは30kgを10回3セットやる、とか
そういう感じで進めます。

スクワットとデッドリフトは最近、その重さで10回3セットできますが、
ベンチプレスは30kgは10回上がるかどうかです。
3セット丸々10回はできないくらいです。


で、まずは、ベンチプレスの1REPどこまで行けるか?
35kgをやってみたら、意外と1回はすっと上がりました。
腰が離れない、足が床についている、バーベルが胸につく、とか
審判のトレーナーさんの判定も「○」が出ました。

で、なんか簡単に上がるから、一気に40kgやってみる?ってことでやってみました。



「40kg上がったら、うちに来てる女性のお客さんの中で一番ですよ〜」
なんて言われたら、やる気になっちゃうでしょ。


でも、、


笑っちゃうくらい上がらない!

37.5kgならいけるかも、ってことで挑戦。


またまた、全然上がらない。。

ってことで1月の結果はベンチプレス35kgでした。

始めてすぐの10月に、20kg3回で、フラフラしてた頃を考えると別人です!




その後、デッドリフトへ移動し、
いつもより少し多めの45kgからやってみたら軽々1REP
で、55kg試してみると、まだ余裕がある、
60kgやってみてもフォームはバッチリ判定「○」で
トレーナーさんに「70kgいけそうですね」と言われつつ
「どうします?次にしますか?」と言われたので、
じゃ、4月に70kgやります、と伝えて、その日の測定は終わりました。



って言うのが先週の話。

そして、本日、スクワットの測定です。

結果は55kg!!

Yay!!


これ、世界滅亡とかの危機になった時に、
よく映画とかである、ビルとか壊れてて
動けない人がいる時に、
55kgまでの人なら、肩に担いで運んであげられる、ってことです!

すごい!!!

いや、1REPだから
45kgくらいまでにしとこうかな。
担いで歩くことを考えると。




トレーナーさんが

「自分の体重より重いのあげられましたね!
デッドリフトも60kgだし。
ベンチプレスも自分と同じくらいまではいってほしい。」

ムムム。。。
今35kgだから、全然遠い。。。


ま、ちょっとずつ頑張ります。

1月の結果は、
・スクワット 55kg
・デッドリフト 60kg
・ベンチプレス 35kg

でした。

次回から、普段のトレーニングは、
・スクワット 40kg 10回数セット
・デッドリフト 40 - 45kg 10回数セット
・ベンチプレス 30kg 10回数セット
を基本的にやって、少しずつ重量を上げていきます。



あと、最近、頻繁に行くので、
知らないベテランさんたちに声かけられます。
フォームのアドバイスをいただいたり
色々。

で、それをトレーナーさんに言うと、
「いや、今できる範囲のことを考えましょう。
頭で、膝が、骨盤が、腰が、背中が、って考えてると
全然スクワットに集中できないし、効果的にできなくなるから。

それよりは、今はとにかく腹筋の力を抜かないこと。

フォームは今のままで大丈夫だから。

体型によっても
鍛えたい部分によっても
コツが違ったりするし、
あまりにいろんな意見を聞きすぎると
混乱しちゃうでしょ。」


って。

ふむふむ。。どこかで聞いた話ですね。

英語学習です。
勉強法ばかり収集して、頭でっかちになって
ノウハウばかり語って、
基本的な部分を無視して、
人にアドバイスしたがっている人がいますね。

教えを請うているわけでもないのに
「それはこうだよ」と押し付けてくる。




話が逸れましたが、、




もうなんか、はまってますね。
完全に。
週に3回行くことを目標にしてたのに、
4回とか5回とか行こうとしています(爆

そりゃ英語の勉強時間が減るわけです。


腹筋がいい感じに引き締まってきたので
もっときちんと割れるように
腹筋メニューも増やしてはいます。



レッグレイズとか、クランチも何種類とか
Vシットとか、ボール使うやつとか

sport-2245029_640.jpg


こういうやつとかも。


いろんなマシーンがあって、
本当にいろんな筋肉を鍛えられるので楽しいです。

ある日は上半身だけメニューをこなして
次の日は下半身だけにして、
みたいにすれば毎日行けます。

腹筋も違う部位を鍛えるなら数種類の組み合わせを毎日できます。


もう、そのうち、

weights-652488_640.jpg

この女性みたいに、片手40kgずつ、合計80kgのダンベルとかあげられるようになっちゃうかも!?


あ、そうそう、いつも面倒見てもらってる女性トレーナーさん、
私より背がちっさいんだけど、

ベンチプレスはいつも60kgでトレーニングしてて
1REPなら70kgくらいだそうです。。。。

ヒェ〜〜〜


その人がやると、いちいち、マットの上の腹筋とかぴしっと決まってかっこいいんですよね。
安定感があるっていうか。

私みたいに1回ごとにフラフラしない、とか苦笑

それでも、ブルガリアンスクワットとか
(片足のスクワットで、上半身を捻りながらやってる)
なかなか安定してできるようになりました。


じわじわと筋肉をつけて、細マッチョな身体を造っていきます!


posted by Jun at 13:50| 徒然なるままに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
英語ライティングこれ一冊: 英検・TOEFL・IELTSに共通する基礎