2018年08月17日

英語の文章が読めるようになる、ということ



Reading.jpg





英語の文章を読むのには何が必要でしょうか?


試験を受けるのでも
仕事の英文でも
英語サイトを趣味で読むのでも
ニュース記事を読むことも
説明書やパンフレットを読むとか
小説や雑誌を読むことも


語彙+文法

が、まず必要です。


例えば、

When I was a child, I wanted to be a monkey.

っていう文章があって、これを理解するには
childとかmonkeyっていう単語を知っている
または辞書で引く必要があります。

was, wantedが過去を表していることを知る必要があります。

また、従属節 When S+Vの方で「〜のとき」という意味になることも。


*保育園の卒園式で一人一人手形をとって
好きな食べ物とか将来の夢を書くやつがあったのですが、
私の「大きくなったらなりたいもの」は「お猿さん」でした(←実話
上の例文ではシンプルにするために将来の夢のニュアンスは省きました




このセンテンスなら、
辞書や文法書を引かなくても
いちいち脳内で和訳しなくても
瞬時に頭にイメージが浮かぶことでしょう。


では、こんな瞬時に脳で理解できるセンテンスのパターンを増やしていけば
日本語の文章を読むように英文が読める範囲が広がります。

今は、中学の教科書で出てくるような単純なセンテンスしか
自動で意味処理をできないとしてもストックが増えれば増えるほど

俗にいう、英語を英語のまま理解する、ことがより多くなります。

すべてのどんな英文をも英語を英語のまま理解する、っていうところは
果てしなく遠いです。ネイティブじゃないし。



そして、またまたここで例文を出します。

 ・I paid a cool 200,000 yen for this MacBook.

 ・Taking care of my cat is not troublesome at all; it is a labor of love for me.

 ・We need a safe pair of hands to meet our customers' demands.

 ・A cup of coffee in the morning is a real shot in the arm for me.

 ・I woke up 10 minutes shy of at 6 A.M. in the morning.

 ・Failure in the exam was a bitter pill for me to swallow.


これは「すぐに使えるCNN重要口語表現300」っていうCNN English Expressに載ってた表現を使って自分で英作文したものを添削に出して文法ミスがないか見てもらったものです。

これらのセンテンスの場合、知らない単語はほぼないと思われます。
でも、表現を知らないと正しく理解できないものもあるかもしれません。


上から、

cool
a labor of love
a safe pair of hands
a shot in the arm
shy of
a bitter pill to swallow

を使って書いてます。単語自体は全然簡単ですね。
この場合は、
語彙+文法
だけではカバーしきれない範囲だと思っています。


だって、例えば、shy と ofだったら、
あれ?shy?形容詞にof?
shyは動詞も名詞もあるのかぁ。。でも意味不明〜
という流れになります。


ということで、語彙+文法以外に
表現も大事になってきます。



私の場合は、
それぞれの表現について最低3つは自分に関連したセンテンスを作って
添削にだして音読して復習しています。

スピーキングやライティングでとっさの一言で使えるといいな、という企みです。
自然にすっと出てくるまではまだまだですが、小さな努力の積み重ねと思ってやってます。

これって、自分で使えるまではまだ至ってないものがあるにしても
これらのどれもが英文で、例えば好きで読んでる英字雑誌ナショジオで出てきたら
全然わかります。すっと入ります。



で、さっきの I wanted to be a monkey. のセンテンスくらいに
すっと脳に入ってくる文章を増やすにはどうしますか?


語彙と文法の勉強、表現のストック







と、???


何か足りなくないですか??



いっぱい×丁寧に読むこと


です



あとは、センテンスとセンテンスの関係、パラグラフとパラグラフの関係、
(主張の部分や例を挙げてたり、対比とか。)
論理展開の把握も必要ですが、
ちょっとまたこれは別の機会にして。。




なんどもなんども書いてますが、
この英語を読むことが生理的に嫌で嫌でたまらなかった
私がこんなことを言うなんて!
数年前からは考えられなかったことです。


そして、丁寧に読むことは一人でもできます。


構文が取れなかったら?
→語彙や文法を調べ、隠れている表現がないかググって見ましょう。
調べて調べて「もういいや」と思ったらそこはスキップしましょう、今は。


語彙や構文がわかるのに意味がわからなかったら?
→背景知識を調べましょう。キーワードや登場人物をググりましょう。
それでもわからなければ別の素材にしましょう。


興味が持てなかったら?
→優先順位を考えましょう。
 興味がなくても試験で必要だから読む
 興味がないし昇進や転職に関係ないから諦める


どうしても意味が取れなくて気持ち悪い場合は?
→お金を出しましょう。
 フィリピン系オンライン英会話でも英語講師でもツイッター上でもどこかに教えてくれる人はいます。



色々、言い訳をして読まないことを選択する人もいるでしょう。
「英文苦手、読めない」→「読まない」→「読めなくてもいい」と決めるのは自分なので、その決定に責任を持ち、誰のせいにもしないならいいと思います。
一生読まないというコトにもならないし、その気になれば始めればいいのです。
私はいつか70歳とか過ぎて、人生のスピードが少し緩やかになったらスペイン語の本を読んだりスペイン語の映画を見たり、スペイン語のオンラインレッスンを受けたいな、と(今は)思ってます。



ちょっと話がそれましたが、

・必要な語彙と文法、表現の知識を蓄える
・英文をとにかく読んでみる
・難しければ飛ばす、素材を易しいものにする
・誰かに(お金と敬意と節度を持って、素直に謙虚に)教えてもらう

っていうことで英文は読めるようになると思います。

だんだんとコツが掴めてきて、
最初は易しめの素材だったとしても
少しずつ難解なものに挑戦したくなります。
それが1つ階段を上がるタイミングです。


1年かかっても2年かかってもいいのです。
1年や2年なんて今まで読めなかった時間の長さを考えるとほんの少しです。
今日始めて来月読めるようになるなんて期待しないほうがいいですね。
読むのと並行して語彙や文法や表現の習得に忙しいので
そんなにたくさんできないのです。



私も進化の途中ですので、
興味のわく英字雑誌を中心に、
英検やTOEFLのリーディング素材も読んだりしながら
すっと理解できる文章の幅を広げていってます。





クリックおねがいします!
ありがと✨✨💕💕💕!!!


英検ランキング

にほんブログ村 英語ブログ 英検へ
にほんブログ村


posted by Jun at 12:25| 英語を読む事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなどの英語圏のネイティブ講師
予約不要 & 24時間365日
予約なしで24時間いつでも受講可能!【Cambly(キャンブリー)】今すぐ無料トライアル!