オンラインSKype英会話はリアル英会話

2017年07月07日

英検1級二次試験 スピーチ/質疑応答 の時間管理

先週、二次試験を受験された方も多くいらっしゃいますが
今週の日曜日に試験の方もいますね。

私も、いつもどおり、
9:15集合のいちばん早い時間での受験です。

「英検1級合格マップ」ワークショップでも
二次試験対策を都内で1回開催、
その後は前日の土曜日まで
スカイプの練習をやっています。

複数回参加してくれている方もいるので
徐々に合格へ届くところまできています。

最初は、スピーチで
ネタを思いつくところから難しいとは思いますが、
次に難関と思われるもののひとつに、時間管理があります。

今日は、その時間管理について書いてみたいと思います。



理想は、

イントロダクション:10秒
理由1:50秒
理由2:50秒
コンクルージョン:10秒


っていうのがいいかな、と。

この時間管理ってけっこう難しかったり。


でも、、

でも。。。。



体で時間を覚える!

とか言っても
練習の時にできたとしても
本番で緊張の中で
その体感を正常に保てるかって
人によってはかなり厳し〜💦💦💦💦



なので、時間より、もう少し具体的な
自分で管理しやすいものとして、センテンス数はどうでしょう??


もしかして今やってるのよりやりやすいかも💡。


イントロダクション:2センテンス
理由1:1センテンスではっきりと端的に根拠+1〜2センテンスで根拠の説明+1〜2センテンスで具体例
理由2:1センテンスではっきりと端的に根拠+1〜2センテンスで根拠の説明+1〜2センテンスで具体例
コンクルージョン:2センテンス



たとえば、

イントロダクション:2センテンス
理由1:3センテンス
理由2:3センテンス
コンクルージョン:2センテンス


くらいでもいいのです。

あまり、だらだらとしゃべってて
途中で自分が言いたいことがわけがわからなくなるより
もう、この量の中で言う!って決めておいて
よくわからなくなってきたら、

That's it.
Next, .....

みたいに、切っちゃう。
気持ちは切り替えて、次の理由を言う、
または、結論に入っちゃう。


逆に、時間を計測しててもいつも1min.30sec.くらいで
早めに終わっている人は1センテンス追加してちょっと盛って。

時間が早いってことは
内容が薄まっている可能性が高いです。


これは質疑応答セクションでも同じで、
しどろもどろになって、だんだんわけがわからなくなる前に、終わって次の質問でリカバーできるように。
あまりにも、どの質問もさっさと一言二言で終わらせてしまう場合は、それを2センテンス追加して肉付けしてみて。

一次試験でも大事ですが、二次試験でも
時間管理は、本当に重要だなぁとあらためて思いました。

時間だけの問題じゃなくて。
一つ目の理由で長くとっちゃうと、
それだけで二つ目の理由を十分に説明できない
可能性が高くなります。



英語がかなり上手な人は
別に、イントロ+理由2つ+コンクル、っていう形式じゃなくても
数センテンスでも、十分に説得力ある濃いスピーチを
その場でできたりします。

でも、1級に初挑戦であまりふだん英語で話す機会も少ない、
って場合は、相当な練習量が必要だし、
どんなふうに時間管理をしよう、っていうのを
ちゃんと考えておかないと、合格に近づくのが難しい、、かも!


ネタとか時間管理じゃなくて
英語を話すこと自体に慣れてない、って場合は
スピーチより前に
英語で話す、という練習をやったほうがいいですね。

これから英検1級に(1級じゃなくても)
将来的に挑戦したいと思ってるなら
英検のトピックとは直接関係なくても
英語で話す、っていう練習はやっておいたほうがいいです。

シャドーイングや音読もトレーニングとして有効です。


以上〜。

ランキング✨クリックおねがいします!


英検ランキング



にほんブログ村 英語ブログ 英検へ
にほんブログ村


↓あと1週間くらいでキャンペーンコード終わりますのでよかったら今のうちにぜひ!
リアル英会話:初月30%キャッシュバック→お申し込みはここから
キャンペーンコード: Jun201707hC8iYgF  (※期間限定:7/15まで)
posted by Jun at 00:20| 英検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする