オンラインSKype英会話はリアル英会話

2017年03月25日

英検・TOEFL・IELTS・TOEIC SWライティング試験対策に。スピーチ添削にも使えるチケット2枚


いろんな試験の準備に使えると思いますが
英作文のフルーツフルイングリッシュの添削チケットが


2枚無料で試せます→ここから


2枚なら、英検1級のスピーチ添削やエッセー添削に使えるかなと思います。
他の試験にはちょっと字数が足りないですが。。。



あと、たぶん、最初に「やりたいな」って思っても
40枚から、っていう2万円とか
(有効期限がないので消えないとはいえ)
ちょっと躊躇してしまうところかなと思いますが

(通常の料金表はこれ)



この2枚のチケットなら少しだけうでだめしもできるし

どれだけ自分が書けないか
逆に、意外と書けてたり
っていうのを確認できるので
英検の合格ストラテジーを立てていくのにも使えます。

まだ試してない方は是非✨

オンライン英会話と同じで
やったからすぐにスキルが上がるわけではなく
少しずつしか上達しないし
時間のかかるものですが、

最初から「時間のかかるもの」として
半年・一年と続けると変化が感じられます。

英語で何かを書くって
最初の1センテンスでもすごーーーーく億劫なんですよね。
英検などの試験でも

語数が足りない
何書けばいいのかわからない

などなど色々悩みを聞きます。

これはある程度は慣れで解消できます。

そのうち、もう少しライティングに抵抗がなくなってきたら
ライティングについての本を買ってみて
ちょっとしたコツを使ってみたり

そうこうしているうちに、並行して
読んだり聴いたり話したり、語彙強化していると
その中で使ってみたい単語や表現が蓄積されてて
ある日ふとライティングで自然な形で使えたりします。


何曜日に1エッセイ提出する

って決めてもいいですね


そして、
それを続けるには

たとえば、Twitterなどで宣言をしておく

これ、有効です。

実際には誰も気にしてません(爆

誰が怠けてようと
有言実行であろうとなかろうと。

でも、宣言しておくとさぼれなくなります。


だからやる前に言っておく




ツイッターじゃなくても他のSNSでも
ブログ持ってたらブログでも

あとは、Skypeなどの学習仲間に宣言しておくのも良いです。
お互いに「今週、出した〜?」
「あ、まだ〜」
「今から、やる。。(つもり)」
みたいなやりとりも楽しいです。

オンライン英会話やエッセイ添削って
強制されてないので、
ちょっとめんどくさいなと思うと
すぐに「ま、いっか〜」って思っちゃいます。

そこで peer pressure を使うのです。

あ、語彙とかも同じかな。

なんか話がそれちゃいましたが、
使えるものはどんどん使って
結果を出せることにつなげてくのをおすすめします!





posted by Jun at 07:16| 英作文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする