オンラインSKype英会話はリアル英会話

2017年02月26日

オンライン英会話の使い方を工夫する


あなたの英語勉強法がガラリと変わる 同時通訳者の頭の中




最近、週末になるとこの本を開き、
勉強方法を書き出したメモと比較しつつ、
勉強メニューを決めます。


通訳、という仕事にずっと特に興味はなかったのですが
去年、上田さんの通訳WSとか行って、
イッチーのセミナーで松本さんに会ってお話ししたことをきっかけに
ちょっとだけ意識するようになり、

Salah.さんの影響でシャドーイング中心の生活をするようになり

試験をあまり受けない方向へ意識が変わったところへ


この関谷英里子さんの、勉強法ががらりと変わる本を見つけました。


この本は前にも書きましたが、

え!?1人の人間がこんなに勉強するの?
3人くらい必要じゃない?
っていうくらいの勉強方法が書かれています。

しかも、通訳なので、
今あたしが強化しようとしている
スピーキングに効果のあるものばかりです。

やることをすべて書き出すとかなりの量になりました。

Jun_英検_通訳.JPG

通訳スクールの無料体験とかセミナーにも行ってみようかなと思います。
今の会社をすぐにやめるとかにはならないですが
ちょっとずつ方向転換と、毎日のトレーニングに取り入れていきます。


ってことで、オンライン英会話の使い方


勉強メニューのメモにある
シャドーイングとか暗唱とか
リテンションは1人でもできます。

でもパラフレージングって難しいなぁと思って。
あとはサイトラ(日英、英日)も。


パラフレージングは、英会話の先生に説明したら
一緒にやってくれて
しかも、ボキャブラリーの少ないあたしが考えつかない
パラフレーズの候補を出してくれるんじゃないかなと思ってます。

で、昨日、リアル英会話
Grace にその話をしてみました。
「いいんじゃない?」っていう返事。

これって、何年も知ってる先生だから
こちらを知っててくれるから
言えるリクエストかもしれないな、とは思います。
Graceは優しそうで、実は、ちょっと厳しいところもあるので
ただ楽しいだけのレッスンで終わらないので
あいてるときはいつもGraceです。



レアジョブも週に数回(月に10回以上)受けてますが、毎回違う先生なので、しかも25分なのでちょっと短すぎます。


ってことで、パラフレージングについては
そんな感じでやってみようと思います。
サマライジングも同じ感じでできますね。



次に、サイトラ
これはバイリンガルの先生じゃないと無理かな、と。
なので、エイゴックスで、お願いしたいなと考えてます。
っていう。

オンライン英会話をただ受けて
ニュース読んで、ちょっと意見言って、
って感じのも

なんとなくマンネリ化してきたと思うので
もっと同じ25分、50分を有意義に
自分のすぐ先の未来につながるような
利用をしていきたいと思ったのです。

同じお金を払うんだったら
リターンが大きい方が絶対良いし。

それには、自分からやり方を工夫してみて
先生にリクエストしてみて
先生からのアドバイスも聞きながら
試行錯誤もあると思うし
それより良い方法もあとで見つかるかもしれないし

でも、どんな勉強も
たとえばTOEICでもそうだけど、
やってみて、うまくいかなければ、調整して
自分が心地よく成長できるところを
探していけばいい
と思います。


「何年でそれくらい英語できるようになりますか?」
「半年で900点超えたいんですけどー」

とか
それはもういろんな質問をいただきます。

期間も重要だし
そんなすぐには手に入らないケースもあります。
でも、自分でやってみたらいいのに、って思うことが
多々あります。

「TOEICやろうと思ってるんですけど、どの本がいいですか?」
っていうのも同じ。

どの本、っていうより
どれでもいいから1つ決めて
または、ついていく!と思える人を1人決めて
それだけに絞ってやっていく
自分のアレンジで、その1冊から最大限のリターンを得るように
工夫を繰り返す
、っていう行為が
あとあと色々と功を奏してくれると思います。



あ、あと、
関谷さんが紹介している、Cambly はネイティブなので
これも短い時間でちょっとやってみたいと思います。
ネイティブにも伝わる英語を話したいなと先日思ったのです。

フィリピン人の先生や
日本人にあまりにも慣れてるネイティブ(英検の面接官とか)は
たぶん、くみ取ってくれて
通じてない部分もその人の脳内で補ってくれてる
気がしてて

だから、あまりそんなのがない先生だと
容赦なく(?)ネイティブの耳で聞いてくれて
伝わらなければ伝わらない、っていう状況になるかな、と。

なんとなく、
日頃そう感じている、というだけですが。


まぁ、もちろん、Camblyも英語を教える、という立場で
そこにいる方々なので脳内補充はやってくれちゃうとは思いますが。
ネイティブはネイティブの良さがあると思うし。


あと、シャドーイングはアメリカ英語に限定したくて
CNN English Express もアメリカ英語のとこだけ抜き出してやってましたが
通訳、っていう仕事を考えると(何年先か、定年後か、くらいの先の話ですが)
聴くほうは限定せずいろんな英語を聞いた方がいいなと思いました。


posted by Jun at 08:34| オンライン英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする