オンラインSKype英会話はリアル英会話

2017年02月25日

PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 5


前回→PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 4

2/23までのをまとめておきます。


最初に、、
high tech peek in Tom????
(えwなに?トム?)

これは、
high tech Peeping Tom's
って言ってて、
Peeping Tom = のぞき見のトム
を知らなければ全然わかりませんでした。
http://www.urbandictionary.com/define.php?term=Peeping%20Tom


次は Trumpのこと

his administration is off the rolling start...
って聞こえたんだけど

his administration is off to the roaring start
でした

roaring = 活発な
参考)get off to a good start = 好[幸先の良い]スタートを切る



今日はなんか聞き違いばかりになりそうな雰囲気だけど


あ、そうそう、ダムの話かな。

なんどもなんども

cinco って聞こえて、これはスペイン語で「5」のことなんだけど
地名かしら、とか思ってたら

sink hole のことでした!!!


あと聞き取れなかったのは、

voyeurism

スペルもむずかしー!!!!

「窃視(せつし)症、のぞき見」です。



head-scratching = 混乱;困惑
electoral college = (大統領・副大統領)選挙人団、選挙人団
tight-lipped = 口を固く結んだ, 無口の.

laced with = 〜が織り交ぜられている, 混ぜられている
 →これは毒物を染み込ませたハンカチとかのところで出てきました。空港で使われたやつです。


fire hydrant = 《主に米国で用いられる》 消火栓.
desecrate = (…の)神聖を汚す、俗用に供する
earful = うんざりするほどの話、お小言、お目玉



あ、そうそう、

pull from the mangoed ---

え?マンゴー??動詞?おいしそー
なんでも動詞になるわよねー

って思ってたら飛行機の話で

pull from the mangled remnant of this plane

mangle = 〈…を〉めった切りにする,切りさいなむ


っていうのもありました(苦笑



あと、かみなり⚡⚡のところ。

lightning retryfying??? the sky

ってメモってて、でも、

lightning electrifying the sky でした。
そりゃそーだよねー


そして、今週いちばん「へぇーそーなんだ!」って思ったのは

milk carton
です

そう、牛乳パック

でも、その意味が。。。


missing.png


ポッドキャストから聞こえてきたのは

missing 〜 milk carton to call them 〜

っていう。

こんな風に牛乳パックに「たずねびと」を載せる文化があるんですかねー。

2回目に出てきた時も

plastered their faces on milk carton

みたいに言ってたので、
やっぱり顔を載せるみたいです。


へぇーーーー。


gusty winds buffeting the plane

前回のポッドキャストとか gustで突風っていうのは知ってたので、
gusty windsはわかりました!

で、このbuffetingですが、
buffet て、ビュッフェと同じスペルなんですが
他動詞だと、(強く)打つ、殴る、打ちのめす、〜と戦う、〜に吹き付けるとか意味があります。
そして、名詞だと


buffeting
繰り返し強打すること
バフェティング = 主翼によって生じる分離流によって引き起こされる航空機の後部の不規則な振動。


もう飛行機関連の用語のようです。

へぇ〜〜〜!!!
って。
これが今週2個目の新発見です。


わからないところは「迷宮入」として
片付けてしまうところもありますが
だんだんと聞き取れる内容も増えてきたような気がします。


以上、また来週もがんばります。





posted by Jun at 17:25| 英語を聞く事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする