オンラインSKype英会話はリアル英会話

2017年02月23日

PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 4

2/17までのをまとめます。
ここらへんで書いておかないと今週末に
2週間分をまとめることになるな、と。
ってもうすぐ金曜日になるところなんだけど

これまでの記事。
PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 1
PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 2
PodCastを丁寧に聴いてみてる -- 3

今回まとめが4回目ってことは4週間=1ヶ月毎日聴いたってことです
(1回か2回スキップしたかもだけど)


最近はルーチーンができてきて
昼休みに聴いて
夜にその日の確認をする
って感じになってきてます。

では、今回のところ。

circuit court っていうのがなんどもでてきました。
Circuit Court of Appealsが、高等裁判所って意味でアメリカでは
(連邦)巡回控訴[上訴]裁判所ってことみたいです。

holy moly = なんてことだ!;おやまあ!
a flurry of wind = 突風.
a flurry of snow=a snow flurry = にわか雪.
The Congressional Black Caucus is a race-based political organization representing the African-American members of the United States Congress


holding up options
これは聞き取れて吐いたんだけど「選択肢」って意味で解釈しちゃうとなんとなくストーリーがつながらない、ってことになり。
この option は株とかそういう話で、よくいう、ストックオプションとかその手の話だって考えれば話がつながりました。


あと、爆弾を仕掛ける、的な意味で

plant a bomb って、plant の動詞が使われてました。

chill on me
basically means to chill with the subject u are talking about who the person is being "rude" about something
これもよく出ます。




はい、では、恒例の聞き違えたところ。

salet to the American people

って、何?って思ってたら

sell it to the American people でした。


あとは、すごくsnow stormとか激しくて
車がすべって事故とか多発してたんだけど
なんども

skitting on an icy road

ってなんだろうって思ってたら

skidding でした。→(自動車・車輪などの)滑り、 横滑り、 スリップ


で、もうひとつ、

gus up to 7 miles

これは

gust up to 7 miles

gust = 突風

です。

usurp patient って何?
って思ってたら

usurpation = 権利侵害,横領.
でした(苦笑


なんかの事故か事件のニュースで

have time to dock...
みたいに聞こえて、なんか違う、って思ってたら

have time to duck
でした。

duck = ひょいとかがむ. (ひょいとかがんで)逃げる,身をかわす


へぇ!!!!
あひるだけじゃないんだ!!

duck.png


vowing bell pay for it
これは

vowing they'll pay for it
でした。


そして、
taking aim lay today

って聞こえたのは

taking aim late today
でした。
これはlateの最後の t と today の最初の t が一緒になっちゃってたのかな。


で、もう全然聞き取れないものはカタカナで書いておくんだけど
クースガードってかいてあったのは

coast guard でした
アメリカ沿岸警備隊 ; United States Coast Guard、略称:USCG



plat foil
あーーもうだんだんわからなすぎてこのてきとー感
適当な感じで聴いてるわけじゃなくてもわからなくなってくるとメモが
てきとー感満載になります。

これは
plot foiled = 失敗した策略、ってことでした





こうやって毎回聞き違えてるのを確認すると、
知らない単語は聞けないんだなぁってことが
毎回わかります。
知らないから、知ってる単語の中でどうにか並べてみる、
そうすると、品詞とか構文とかおかしくて
文が成り立たないってことになります
当然意味もわかりません。

語彙は本当にできるだけ避けてきたのでこんな有様ですが
知ってたらしってるほどいいんだな、ってすごく思います。


知らなくても、音を文字にして
ぐぐったら近いスペルでそのような単語を
Google さんがサジェストしてくれて
それで figure out できちゃうことも少なくはないけど
TIMEもThe economistも読み始めたし
このポッドキャストのニュース精聴も続けてるし
いろいろな角度から語彙や表現は少しでも増やしていきたいです。


先週知ったのは
ICE Agent です。
= Immigration and Customs Enforcement Agents

これも、知ってないと音だけで聴くと
icy roadとかsnow stormの話かとばかり思ってしまいます。



ってことで、今日はここまで!
また土曜日あたりに今週分を更新します。


今日は The Economist の記事を予習して
1時間スカイプで予習内容を英語で話す、って会を
第一回目やりました。

週に一度、これを続けていきます。


The Economistの予習を始めて少ししてから
TIMEの定期購読の1冊目が届いたので
ちょっとThe Economist を読んでからTIME読むと
え?読みやすくない?って思いました。

この違いを聞いてはいたけど
こんなに違うのかー。って

TIMEのほうはもう半分くらい読みました。
電車で読んでるだけだけど
これなら1週間に1冊できそうです。
これは精読対象ではないので
読んで気になったところだけ調べるし
ポッドキャストやThe Economist から仕入れる
情報との突きあわせなどに使います。


あ、日本語版TIMEを読んだと思ったらニューズウィークだった。

Kindleで日本語で情報収集しようと思って



これも少しずつ空き時間に読んでるのと、
あとは 、町山 智浩さんって人の本がわかりやすくて読み易いと聞いたので

さらば白人国家アメリカ
この本を読みます。
ぱらぱらと中身を見たら土日ですぐに読めそうなので
確かによみやすそーと思っているところです。


では、明日もまた早朝、出勤前にシャドーイングがんばります!


posted by Jun at 23:54| 英語を聞く事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする