オンラインSKype英会話はリアル英会話

2017年01月29日

英語をいろんな角度から勉強する:必要なことはすべてやる、いらないものは捨てる


英語を話すことにフォーカスして毎日を過ごしてて
CNN-EE, English Journal のシャドーイングから
JRCや他の仲間との暗唱
語彙をちょっとだけやる気を出してみたり
海外ドラマを丁寧に見て表現をピックアップしたり
洋楽をアカペラで歌えるまで練習してみたり
ポッドキャストをふだんは流し 聞きしつつ
特定のものだけ精聴してメモをとって調べたり
ってことをやっていて

最近、それでもやっぱりいろいろ足りてないなと思って
英語を話す
ってことを仕事にしている人はどうなんだろう?
ってことで古本で何冊も読んでみました。

どの本もすごく(ありきたりな言葉でいうと)
inspire するものではあったのですが、
その中で1冊、定価で買っても620円+税っていう
reasonableすぎる小さい本にかなり衝撃を受けました。

これもよくある言い方でしか表現できないし
その勉強法を実際にどこまでやれるか、ってことを
これから見せられないと「衝撃を受けた」とかいう
感想そのものが意味をもたないのですが。

あなたの英語勉強法がガラリと変わる 同時通訳者の頭の中

この「ガラリと変わる」ってのが
とてもありそうなタイトルで
そんなに変わらないでしょ、と半信半疑だったのですが、

一気に読み終えて、
すごい、、こんな量のこんな内容の勉強方法を
1人の人間がやるんだ、って思いました。

これじゃ全然足りないわけだ。

その上、英語圏で暮らした経験もないなら
なおさら。

今の仕事が割と忙しい状況で(先週は残業多めで)
そこまでのことがやれるか、っていうとまたわからないし
現状のレベルとか
必要なものを考えて
やっていくことが必要です。

通訳をやるとかやらないとかではなく
英語を学習する意識高い系の人たちには
かなり有益な情報が詰まった
ものすごくお得な本だと思いました。

こんな金額でこんなちっさい本で
ここまでの濃厚な内容が入ってて
あとは、やるだけ、っていう。

かなり今やる気をもらって
毎日どうやって自分の英語を高めていこうかと
考えながらワクワクしてます。

1つのことを考え始めたら
他のことがどうでもよくなるので
気をつけないと、です。
仕事もちゃんとやらないと(笑


何度か読み直して
英語学習についての意識を
根本から叩き直すための本として
使っていきたいと思います。





まず、手始めに、
いらない本を資源ごみ行きにしました。

「え、いらない本って、今あるのほぼ全部じゃない?」

とか言われそうですが、

今いらなくてももったいなくて捨てられないものは
実は、置いてあります(笑
でもふだんは視界に入らない本棚の一番下に入れました。
TOEFLとか。
(TOEFL本がいちばん多いですが、
1冊も捨てられないかな、と。)


世界史の本は楽しく読んでいて、
上巻を2回読んだ後、下巻はすらすら進んでもう1回目半分くらいまできました。
これも2周目終わったら、別の世界史の本にしようかなと思ってます。


で、英語的には、語彙が足りないのは重々自覚してて
ちょこちょこやってはいますが
それ以上に自覚なく足りてないのは文法かもしれないと
ちょっと思ったりして
そこも重点事項に考慮したいなと思います。

posted by Jun at 09:55| 英語を話すこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする