秋トク!50%OFF!
ビジネス英会話のビズメイツ!!

2017年01月21日

TOEIC part5の効力 : 文法とかについて感じたこと


TOEICはあらためて素晴らしい試験だなーと今日思いました。
TOEICを離れてはや半年。もうだいぶ14回の過去の栄光が色あせてきて
JunがTOEICの話をするなんてまったくおこがましく(?)
ちょっといろいろえらそーに言えなくなったなと(勝手に)感じてます。

受験してないと
990とってないと

っていうのが心のどこかにあったりして。


でも、TOEICを離れたとはいえ
TOEIC公開テストの開催月には
仲良しと集まってTOEICの模試を解いてます。

これ、かれこれ2年半前から始めたので
かなり細く長く続いてることです。

「英検1級合格マップ」にも書きましたが
学習仲間がいるってことはとても心強いです。


で、今日思ったこと。
今日の模試はTOEIC LISTENING AND READING TEST 標準模試1



通称「やどかり2」ですね。

あたしの大好き神崎先生のやどかり2冊目です。
これ(ちょっと宣伝しとくと)
ポッドキャストやアプリで音声が再生出来るとか
アプリでマークしていくと、最後に一瞬で採点できます。

すごく便利!!

そして、もちろん、韓国のHackersとかより
本番に近いですね。
やどかり1はちょっと難しかったようで
2のほうはかなり良い感じのレベルになってるっぽいです(今日のみんなの感想より)。
リスニングは難しめだったぽいですが。


月に1回程度彼らと一緒に模試を解いてるとはいえ
最近使ってるのはHackers2なので、


-----------



本当に正解数が少なかったりします
(ふつーに90問とれなかったり)


でも今回は13分時間が余って
見直しする時間があって、
part7からNo.200から1問ずつ見直して
「これOK, これOK」って
「え、これ全問正解じゃない?part7」っていう
公開テストでも時々あったその感覚、ワクワク感 が蘇ってきました(笑

まぁ2問間違えてましたが、part7。
part6は100%正解。
part5が2問ミス。

このpart5のミスもそうだし、
解いてる時の感覚が、

あ〜前と違う。

って思いました。


これ、全然伝わらないかもだけど💦💦
(ってここまで書いて思えてきた。)


Hackersだと難しくて
公開テストに近い感覚で解けないんですが
今日は本当にだいぶ近い感じで、
でも瞬発力が落ちたなぁ、って


で、模試のあと、甘いものをちょっと外に買いに行って
また引き続き会議室で他の part5 問題を解いたりしてみました。


いろいろとあれな感じのJリサーチのTOEIC本ですが、
モリテツさんなら絶対信頼できる、というのがこの本。

TOEIC(R)TEST必ず☆でる文法スピードマスター



ある10問を解いてみて、
今日一緒にいた3人が3人とも
10問正解をできず、っていう問題があって
「すごいねーーー、これ」
って。


モリテツさんだからこそのTOEICらしい問題であり
TOEIC990erたちもひっかかる。
そして、この本解説も素晴らしい。
文構造とかも書いてくれてるし、まだスコアがそれほどでなくても
この1冊でとても勉強になります。


でも、模試のほうでは
もしかして、最盛期の頃なら解けたかも、
っていうものもあったりして、

鈍ってるなぁ、って話をしてました(←あたしが

他の2人は毎回受験でがんばってるので
やっぱり感覚としてはすごいです。
990とかそれに近いスコアを出し続けるって本当にすごいなー
と今は割と外から目線で見てます。



で、ここらへんまでが前置きですが


TOEIC part5って文法的な感覚とかかなりつきますね。
そして、やらないと落ちてく。
この半年でTOEICから離れてpart5解く量が激減して
(まぁ晩年はそれほど解いてなかったですが)
だいぶ感覚が薄くなりました。

それでも990はとれないにしても985とか
それに近いスコアは今でも出せるかなと
たかをくくってますが。


とにかく今日はpart5ってすごいって思いました。


これが結論です。


part5で基礎を鍛えてると

書くときや話すときに正しい文法で
アウトプット
できるようになるし
英字雑誌読んでても複雑な構文でも
比較的すぐに見抜けたり
する。
っていうか主語動詞の区別もちゃんとわかる。


もちろんpart5じゃなくたって全然いいし
TOEICに出る範囲って語彙も文法も狭い範囲に
限られてるから、それではもっと難しいものには
対応ができないのはそうなんだけど。
それでも、どんなpart5でもだいたい全問正解できるようになると
基本的な文法や語彙も身につきます。


あたしの経験からはpart5でpart6, 7も上がるし
リスニングのスコアもあがる。

TOEIC受けたくないけど会社で仕方なく受ける、
でも1ヶ月しかない、、どうしよー。
模試とか苦痛だし、って場合はpart5 だけで大丈夫!と思います。
個人的な経験から。


だから、その意味で TOEICってすごいなって。
特にpart5はすごいなーって、あらためて思いました。

TOEICをしばらくやってある程度(マニアックと思われそうな)TOEICレベルまでたどりついたことで、他のSW含む試験にもだいぶ効果が出てるし(意識してなくても)、他の試験さえ受けない方向に向かってスピーキング特化の日々であってもTOEIC part5への感謝は毎日しないといけないな、と思うくらいです(大げさ!


文法書1冊読むとか
高校生や大学生なら授業で英文法ちゃんとやるとか
いろいろ手段はありますが、
TOEICならスコアアップを目指すうちに
自然に文法的スキルがついてくるのかも、って思いました。

しゃべるときに文法エラーはもちろん犯します、
でも、それはTOEICがなかったらもっとひどかっただろうと想像します。


英語資格試験にはいろんな意見があるけど
そりゃ一長一短で、満たせない部分はたくさんあるでしょう。
それはTOEICも英検もTOEFL, IELTSや他の試験も同じで。

ただ、目標スコアとか合格目指して勉強することで
今までなかった知識を習得できたり
達成した後の他のフィールドへ活かすことができます。

あれだけTOEICにはまってたあたしが言うのはとても変ですが
ある地点へ到達したあとのことっていうのはそれぞれあると思うし
それはTOEIC990とり続けることもそのひとつで。

あたしは別の方向へ向かってるけど
この一定期間気持ち悪いほど何かを集中して徹底してやってきたことっていうのは無駄ではないし、今後もいろいろと役立つ場面があるだろうなって思っています。


TOEIC990でも話せないと意味がないとか
英検1級でそのレベルかよとか
まぁ、いろいろあります。
でも、それらの試験がなければ worse だったでしょう。
試験にハマって楽しめる人は✨だと思います。

だって楽しいんだもん。

だから堂々としてていいし
何も外野を気にすることはない、と。

そして、(自分擁護ではないですが。あれ?そうなるかな)
TOEICに対しての情熱がふっと消えてしまってもそれはそれでいいんです。
英語資格試験に対する熱も同様に。

それが自然だから。

そこをうしろめたく思う必要はない。

そう思います!

それにそこまでやってきたことは必ず役に立つ。
そして、築いてきた人間関係もちゃんと続く。
特に大事な人たち、本当に気持ちを分かち合える人とはTOEIC関係なく続きます。



ってことで、10回合格してますが
また明日英検1級受験してきます。

結局ライティングについては何もできてなくて
バッグにはちょっと本を入れてますが
試験前に開く気になるかどうかは微妙です。

ちょっとだけ語彙が楽しくなってきました。
そして、いつも通り読解とリスニングは
できれば全問正解を目指してやりたいなと。
(まだ全問正解はしたことない)


明日、1級に限らず、英検受験のみなさま

Good luck with your Eiken exam.




posted by Jun at 23:39| TOEIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする