ビジネス英会話のビズメイツ!!

2016年10月10日

IELTSライティング添削結果:フルーツフルイングリッシュ


英作文のフルーツフルイングリッシュから戻って来たIELTSライティングの添削結果です。

もう受験はしちゃいましたが。


英文課題:
Some people think that parents should teach children how to be good members of society. Others, however, believe that school is the place to learn this. Discuss both these views and give your own opinion.



Jun_エッセイ01.png

最初だけ褒められた。

Jun_エッセイ02.png
Jun_エッセイ03.png

内容を詰めすぎ
バランス

Jun_エッセイ04.png

最初は気合入っててだんだん小さくなるのかもねぇ


Jun_エッセイ05.png


表現力と語彙
これはちょっとずつ伸ばす


Jun_エッセイ06.png

Jun_エッセイ07.png



添削結果

In the modern world, whether social skills should be taught at home or at school has been a major topic of discussions and debate. Over the years, the number of family has dramatically decreased and women were empowered in the society. These factors(which) are related to the subject. Therefore, each individual has his or her own opinion on it. I will explain each perspective in the following passages.

First, what is the most important is that parents are definitely responsible for raising their children until they become full-fledged persons. They should be provided with appropriate food, a (dwelling) house to live and clothing. On top of that, they should receive (academic education) both academic and moral education so they can handle their future by themselves. When it comes to academic knowledge, they can learn necessary things from at school. MHowever, manners and morals should be taught at home from their parents. This is because parents can show their attitudes toward or among others how they need to behave in public. For instance, they bring their kids to a relative's house, greet them with smile, express appreciation when (receiving something) needed and sometimes apologize to them (when they do) if they happened to do something wrong. In tThis way, children can learn social skills by watching their parents and imitating them.

However, these days, both of parents are working outside home and it has become less easy for parents to think about teach moral education for to their children. In the past, most women were taking care of their kids at home and had time enough enough time to teach such kind of things what they needed to learn. Otherwise, other members of the family such as grandparents or elder siblings could take the roles instead. This is the reason why some people assert that social skills should be taught at school. Children spend more time at school than at home during weekdays. Therefore teachers have more opportunities to deal with the issue each kid.

Personally, I believe both should take responsibility in giving moral education to children. But considering the fact that parents live with their children for more or less 20 years, while one teacher typically takes care of a student usually for one year, I think parents should care for it more than school teachers.





今回は提出時に先生あてにメッセージを追加しておきました。

長すぎました。。IELTS writing task2ですっきりと要点をまとめるコツをおしえてください。

って。



先生からの講評

確かに今回は少し長すぎるかなと感じました。長さを求められるエッセーでも同じ表現を繰り返したらそれは文字数にカウントされませんから、何を言わんとしているのか、どういう例を挙げているのか、ポイントをきちんととらえないといけませんね。

エッセーの構成というのは、骨組みが一番大事です。
骨組みというのは、

書き出し(ご意見)
内容(理由、例)
内容(理由、例)
結論(=書き出し)
ですね。

例えば今回の作文を例にすると、
書き出し(ご意見) しつけは両親か学校か(ご意見:)
内容(理由、例) 両親の場合 (例:)
内容(理由、例) 学校の場合 (例:)
結論(=書き出し) どちらともいえるが、個人的には(ご意見:)
このようにしたとしますね。

この時点で、「内容」になるべき事柄をできる限り挙げておいて、その中から何がベストの議論かを選択します。これは後になって「あ、これも書きたい」という事を避ける為です。

ここまでの練習を最初は日本語で、必要が無ければ英語で練習されるといいと思います。慣れて来たら時間を計って、10分以内にここまで、と決めるといいと思います。更に「アイデアをできる限りあげる」練習はブレーンストーミングを使って頻繁にする事をお勧めします。慣れていないと、すぐにあれこれとは出てこない物だからです。

次の段階からはこの内容に肉付けをして行きます。字数に合わせて内容の説明や例を増やして行きますが、急にドカンと増やさず、これも段階を踏んで書きたい事を考えていくといいでしょう。

この時、書き出しと結論は同じ意見を述べられればあまり内容を増やす必要はありませんので取りあえず置いておきます。本文の内容(パラグラフ)は、それぞれの内容量が大体同じになるように、または内容量が大きく偏らないように気を付けて増やして行ってください。

骨組みが大体先にできていると後はそれに沿って書くだけですから、そこから先にはあまり時間をかける必要はないですね。その代り、最終的な自己校正の時間は必ず残しておいてください。人にもよりますが、課題全体を2回読み直しできる位の時間があればいいでしょう。

つまり最初からさらさらと文章を書いていくのではなく、短い内容を少しずつ付けていく感じですね。慣れるまでは大変かもしれませんが、慣れてしまうとこっちの方が楽ですので、是非練習してみてください。

それでは、次もまた頑張って下さい!



そうそう、最初からさらさらと文章を書いてしまう。。
英検は今回は書き始める前に少しメモを書き出してみたけど
いつもはすぐに書いちゃう。


そうゆう習慣をつけていかないとね。
見直しも。

というか書いた後だと、
スペルミスか単複とか三単元とかくらいしか修正できないし
もう試験終わりの時間が刻々と迫ってるのに
あー1パラグラフ目長すぎた、とかって削れないし。

だから、先生の言うように
短い部分を少しずつ付け足して
だいたい同じ分量になるように、
ってことなんだ。




posted by Jun at 20:53| Comment(0) | IELTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント