ビジネス英会話のビズメイツ!!

2016年05月31日

I wanna express my appreciation to Salah.


Salah.さんがこんな記事を書いてくれました。


What makes her tick? : Jun さん 〜 量と質は両立するか 〜


You’re too kind!です。

I can never thank you enough, Salah.



もう今日はいつも以上にSalah.ファンの殺気立つのが
肌にしみるほど感じます。


なんていうか、言葉が出てこなくなるくらいです。

ありがとーー!!

あたしを褒める部分の真偽についてはaudienceの皆様に委ねたいと思いますが、やってることとか、こんな風にやってるんだよ、っていうのは事実です。


かなりの頻度で
かなりの濃度で
いろいろやってます。


精神と時の部屋で。


え、おかしいんじゃない?

ってくらいエスカレートしてしまいます。


たぶん、似てるところがあるのかなって勝手に思ってます。(ノ≧ڡ≦)てへぺろ


だって、そんな誰でもこんな量をそんな時間にやろうと思わないでしょ。
ってか、やってみたいって思う人はいると思う。
でもそれを数ヶ月もずっとリスケなしで続けられないかな、と。


途中で、頭が痛いとかお腹が痛いとか言うんです、だいたい。


でもここで重要なのは
Salah.さんは別にJunを褒めちぎりたいわけじゃなくて

これくらいできるでしょ?
それでいいの?
足りてる?
本気でやってんの?


ってことを伝えたいんだと思います。

Junを取り上げたのはわかりやすいから。
あ、もちろんいつも一緒にトレーニングをやってて
お互い、かなり色々わかってきたこともあるから、ってのもあります。

でも、そこじゃなくて。
英語頑張ってる方は是非
メッセージを正確に素直に受け止めてみてください。



ちょっと裏側をお話ししてみると、
おもしろいのは、

最初はTOEFLスピーキングの練習だけだったんです。
一緒にやってみよっかって。

それが、色々増えてきて、
Salah.さんも書いてるように
今ではかなりの量をやってます。

その、メニューが1つだったところへ
別の何かをプラスするときって
どちらかが「◯◯もいいねー、ちょっとやってみる?」
くらいから始まるんです。

しかも、それまでやってることを減らしたりせず

だから、ただ、増えてく一方


あと、時間的なことでいうと
「次、いつにしよっか」ってスケジュールを決めるときに

「あーその日6時はJRC-VOCAなんだよね」っていうと
「じゃ、5時にしよっか」
って決まったり。


GWの英検1級スピーチ作って覚える特訓が終わるときのことはこのブログでも少し書きましたが
「GW終わっても続けたいねー。週4から週7くらいで」
への回答が
「じゃ、週8しよっか」
でした。


みたいなことは日常茶飯事。


で、今に至る、っていう。

この

減らさず
クオリティ落とさず
量を手加減なく増やしていく


って
もう本当にねーーー


キツイよ〜



ま、それが楽しいんだけどね✨


少しでも英語うまくなればいいなーって思ってます。



あ、そうそう、最近ちょっとSalah.さんについて思うのは、

これ、本人にも言ってないですが。。


なんか、




サラ


って自分のこと書いてるよね。


最初は、あ〜めんどくさいんだ〜(←Junでもあるまいしw)


そりゃ


Salah.


って一度入力モードを英数字にして書くより

サラ

ってそのままカタカナのほうがいいよねー

とか、って
思ってたのですが、

けっこーここのところずっとそうなので、

あれ、これは改名か!?

とか思って、
あたしだけいつまでもSalah.さんSalah.さん書いてたら
ちょっと恥ずかしいじゃん、って思っているところです。


次のトレーニングで覚えてたら聞いてみます。


ま、だいたい覚えてなくて
しかも、ムダ話はなしに
そのまま、厳しいトレーニングへ突入してしまうので
そんな会話に持ってくのが難しいのですが。。(爆



以上〜。
Salah.さんブログを読んでの感想でした〜。

Thanks!!


最近ずっとなぜかAqua Timezばかり聴いてます。
つい最近まで、この「虹」の、しかもサビしか知らなかった。







posted by Jun at 21:43| Comment(0) | Jun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント