オンラインSKype英会話はリアル英会話

2016年04月29日

第6回花田塾チャリティセミナーに登壇


第6回花田塾チャリティセミナーで、112人くらいの方の前でお話をしてきました!

2014年に参加時のブログは→ 2014チャリティセミナーに参加して
2015年に参加時のブログは→ 花田塾チャリティセミナー2015


東日本大震災の直後から始まったこのセミナー。
6回目です。

今回は熊本の震災への寄付金も集めて送ることになりました。

未だに Be the light を聞くと、動画を見ると
あの日がよみがえってきて、涙があふれそうになります。



それくらい強烈な出来事だった。

それを毎年TOEICのセミナーとして
思い出させてくれる、
少しでも寄付金としての支援の機会をつくってくれる
花田先生に感謝です。


TOEICのセミナーとしては
毎年、講師陣がとにかく豪華!

今年は、その中に混ぜていただきました。


まずはOjimさんのpart7から始まり、

次にTEX加藤さん
TOEFL ITP誤文訂正問題からTOEICへつなげる演習

そして、Jun。新形式のスパルタリスニング演習

休憩をはさみ

神崎先生💕のpart7の高地トレーニングと称した
ケンブリッジ英検CPEの問題に挑戦!

最後はRabbitさんのpart6新形式。


個人的には、英語部の勉強会(150人とか200人近くいらっしゃいますが)より
アウェー感が強く
けっこー色々考えることがありました。
おそらく半分以上の方がJunのことを知らない、っていう状況でしゃべるっていうのはやっぱりいつもと違うってことです。ネガティブな感情では決してなく。

緊張するかどうかでいえば、
あまり緊張しないのですが
慣れてない場所で
どうやったらいいのかなーって考えていました。


内容的には
なんだかやたらと難し目の問題があって
TOEFL ITPだったりケンブリッジ英検CPEとか
(え、TOEICじゃないじゃーん!!って思った!?よね!?)
Junのリスニング先読みなし(速くて、豪&英)とかも含め
かなり消耗💦する内容だったかもしれません(笑


でも!

それでも!

最後まで諦めない!

もちろん、そんな難しいTOEICの範囲を出た問題は本番では出ません。
でも、今日そんな経験をすることだったり
諦めない、ってことを決意したり、
っていうのは有用だったかなと思います。


Junのところでやった
先読みなしっていうのは、
最近あたしはだいたい
初見の模試でもやってます。

つまり、
part3,4では、
会話などが終わったら
設問選択肢を読むところを聞かず次へ進む、
ってことです。

これは、
先読み時間が与えられないので
必然的に強制的に

耳で聞きながら
目で読みながら
会話が終わるまでにマークをし終える


ってことになります。

これがね!
また大変


時々やってみるのもいいかもしれません。

通常はふつーに先読みをして
そのリズムを身体で覚えておくことが重要です。

その上でたまに先読み時間を取り上げて
本番の有事の際にすぐに立て直しがきくように
ちょっとだけ準備をしておく、って感じかな。


あとは、part1,2はディクテーションをしました。
これについてはこのブログでも英語部などでも
よく話してきました。


めんどくさいなーって思うことでもやってみたら
意外とできちゃうもんです。


今までスコアが停滞してるなら
今までとは少し違う、もっときつい方法で
自分を追い込んでみるっていうのも一つの手です。


ここまで変わってないなら
この先、多少のレベルアップはあっても
自分で満足できる結果を手にするまでに
時間がかかるかもしれません。

だから


そんなときに、ちょこっとだけ気合を入れてやってみたら
いいことあるかもねーーーー。



ま、だいたいの人が
セミナーとか勉強会とか出ても
その、もらったやる気を継続できるのが
数日または1週間とかです。

問題はその後。
1ヶ月、3ヶ月、半年って続けられるかどうか。

その新鮮な気持ちを持ち続けられるかどうか。


この花田塾のチャリティセミナーもそうなんですが
本当にやめずに毎年同じ頃に同じ会場に集まって
震災のことを思う。支援を募る。それを続けてる。


・続けること
・諦めないこと


これができれば、
本当にできれば、
絶対に、大丈夫。
目標のスコアには達します。




チャリティセミナーは来年も開催される予定です。
また参加できることを楽しみにして
それまでの勉強だったり仕事とかプライベートも
いろいろと元気にやっていきたいなーと思います。

ありがとうございました!!











posted by Jun at 22:54| TOEIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする