オンラインSKype英会話はリアル英会話

2015年08月09日

TOEIC SWを受験します。ETS公式のスピーキングデジタル模試と、オンライン英会話でスピーキング試験シミュレーションレッスン。


ライティングは2回目の200を出したいところですが、
やっぱりスピーキング対策を中心にやってきました。

昨夜は、ETS公式デジ模試を3セット解いてから寝ました。



調子は良い感じなんですが、
どれくらいで200取れるのかわからないことと、
あとは、本番では変なところで間違えてしまったり
何が起こるかわからないところですね。

TOEIC SW対策として,他には、
マイチューターで、
かなりビシバシ鍛えてもらってきました。

先生からの的確なアドバイスのおかげで
なんとか200点満点まで後少しのところまできました。

ライティングは何もやってないとはいえ
フルーツフルの週1添削は続けてるので
(あ、これも4月からだっけ?時が経つのは早い)
TOEIC SW特化の試験対策として何もやってなくても
ポイントさえおさえれば200取れるんだと思います。

だから、スピーキングもそこまでもっていきたいなぁ。。

Skypeオンライン英会話でしか
英語を話すチャンスがないので
かなり少ないですよね。
仕事で使ってたりしてるとだいぶ英語使用量が違うんでしょうけど。。

昨日の3ヶ月継続説もそうですが、
も大事だと思ってます。


ライティングも週1で続けてればそれだけの量が蓄積されるし
サンプルアンサーの音読もそうだし、
Podcastを暇さえあれば再生してるとリスニング力が上がるってこともそう。

だから、1日8レッスンでもオンライン英会話受けるくらいの量があれば
かなり違ってくるんだろうな、って。

オンライン英会話始めたのが2010年くらいなのでもう5年です。
あの頃はTOEICにハマってなくて
オンライン英会話にハマってて、
1日8レッスンが土日ではよくありました。

最近はもう土日だと
25分レッスンを1回と50分レッスンを1回、とかかなぁ。。
リアル英会話の先生も優秀なので
頻度は下がりますが、ずっとやってます。

あ、ネイティブの英会話も。
発音にハマってからはネイティブ講師のレッスンが
とても好きです。
エイゴックスだと、講師が基本的に
・アメリカ
・カナダ
・オーストラリア
・イギリス

っていう、これ、TOEICのナレーター出身国(?)なので
TOEICのリスニングにも発音レッスンは効果が出ていると思っています。

あ、もちろん、英検とかTOEFLも。

TOEIC SWもQ10とかは聴き取れないと
どうにも解答のしようがない問題もありますしね。

スピーキングリスニングは切っても切れないです。


ライティングスピーキング
一人じゃできない、っていうか、難しいので
色々利用してます。


とにかく、今日は、妥協せず
200/200ぴかぴか(新しい)でがんばってきます!


posted by Jun at 05:21| TOEIC SW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする