Jun著「英検1級合格マップ」アルクから出ました!
英検1級合格マップ

2015年08月02日

英検1級レベルのエッセイが書けるようになるまでのライティング練習や勉強

やっとLV5もらえた!!!!英文ライティング添削結果の記事にコメント頂いたので久々の"質問に答えちゃおうのコーナー"です。

現在の英文や、英検1級レベルのエッセイが書けるようになるまでどのようなライティングの練習や勉強をされてきたのでしょうか?


英検1級合格レベルっていうのがけっこう難しいご質問ですね。。

エッセーがかなりへたくそでも
語彙や読解、リスニングである程度取れれば
合格はできちゃうので。

おそらく、でも、合格するには16点くらいは最低でも(28点中)ないと
他が相当できないと合格は難しくなるでしょうし、
20点あれば、まぁ、合格ラインいける気がします。

そして、22点、24点ととれてくると
他のパートもそこまで低くはないと思うので

↑これは、語彙や読解などができるということと
エッセイが書けるということが結びついている、
と考えてのことです。

エッセイだけが満点近くて、
他がボーダーぎりぎりってことは、そうそうないと思います。

もう本当に
エッセー=総合力、的な??
(リスニングはまた別かもしれませんが)


あとは、現在のレベル、っていうところまでは
そんなぜんぜんまだネイティブの小学生レベルか
時々幼稚園児レベルの作文しかできてないですが、
それでも、今まで何をやって来たか、っていうのは
比較的、まとめやすいかもです。


まず、英検1級合格ってことも視野に入れつつ
ライティング、ってことだと、
英検対策本を1冊買って(テキトーになんでもいい。旺文社系が王道)

1⃣どんなテーマが出題されるか
ってことをさーっと見て、そのような話題に少し慣れておく
(でも時事問題は必須ではありません。あたしなどは世の中のことにかなり疎くて、国内も国際もほとんど知らないまま、山ごもりしているかのような状態です)


2⃣出題形式を確認しておく。
1問出されて、含むべきキーワードを3つ選ぶ、とか。


3⃣対策本で、簡単な基本的なエッセーの構成を頭にいれる。
introduction, body×3個、conclusion
とか。
それぞれの中身とか、センテンス数の目安とか。


4⃣模範解答のエッセーを音読とかしつつ、どんな流れで書いてるかを体で覚える



ってここまでが英検特化のエッセイ得点のためのやり方です。

あ、ちょっと簡単にまとめすぎ!?


で、ライティングとかエッセー全般的に伸ばすなら
上記をやりつつ、並行して
やっぱり、もう少しちゃんとやらないと、ですね。

書くってことは、
語彙や文法、スペルもそうだし、
文と文のつながり、
文章全体の流れ、
論理的な構成
(矛盾がないか、根拠がだぶってないかなどなど)
もうほんとーーーに色々考えないといけません。


なので。
5⃣実際に書いて添削してもらい、そのフィードバックを取り入れる

6⃣ライティングの本を読んでコツを習得する

ってことかなぁ。


添削は、
フルーツフルで長くやってますが、ときどきさぼりつつ、2,3年はやってるかな。
(解説無しの添削だけで500円で全然力つくと思います)

アイディーも試したことはありますし、人気もあるようですね。最初に1200円分の添削をしてもらえるので、フィーリングが合えばいいかな、と。

あと、試したことないですが、リバティっていうところもありますね。

検索してみると色々あります。


で、ライティング本で、今まで読んだのを下記へ並べておきます。
植田一三さん系の本は3回読んでも4回読んでも
味わい深く、何度でも読んで、そのたびに収穫があります。

なので、通勤バッグには必ずどれか1冊イッチー系本は入っています。
暇があれば読んでますね。


まずは、コレ!


英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニング

最初は難しく感じるかもしれませんが
もう本当に1ページ1ページ隅々まで濃いです。
1回目はサラッと読んで、2回、3回、。。。10回とか読んで
細部まで読んで脳にしみ込ませていくと、すごく役立ちます。



で、
最近のお気に入り、通勤バッグに入れたり
土日にレジャーに出掛ける時も必ず連れて行く本。



英語で経済・政治・社会を討論する技術と表現(CD BOOK)

これも、もう5回くらい読んでますが
今やっと細部までしっかり読めるようになったところでしょうか。


あと、これ!
絶対これ!!!


発信型英語スーパーレベルライティング

ライティング力アップに
この本なしにはできません。

っていうか、本当に
あたしは、TOEIC SWのWは200点満点
(スピーキングばかり対策してるにもかかわらず)

TOEFL iBT100超えのスコア配分にしては珍しい
リーディングの点数が相当低い(23/30)のですが
そこをカバーしているのがライティング(27/30)だと思っています。


これらはこのスーパーレベルライティングを何度も何度もくり返し読んでいる(これもよく通勤に持ち歩いてます)ことだと確信しています。


コツとしては、何度もくり返し読むことです。
これらイッチー系の本は。
一度ではぜんぜん足りないと思います。




あとは、英検1級については、

英検分野別ターゲット英検1級英作文問題


これもかなり使えます!
この本もまるまる1冊習得するには半年とかそれ以上かかるでしょう。



そして、あとは語彙とか表現を身につけるには
あえて、試験対策特化しない感じで



速読速聴・英単語 Advanced 1100 ver.4



速読速聴・英単語 Opinion 1400


この2冊もお風呂で
汗かいてへとへとになるまで
読んでます。

本自体はもうぼろぼろです(水分で)。


。。。ってそんなところかなぁ。。


あたしはLRSWまんべんなく
試験対策特化型でやってますが、

今までやって来たこと
普段やってることの中で
ライティングについてだけ抜き出してみると
これくらいかもしれません。

ただ、
LRSも一緒にやってくと
Wも伸びます。


相互に絡み合ってます、英語だから。


何か他に思い出したら、追記します。

あたしもスゴイ人たちから見ると
アリンコレベルに低いライティング力なので
今後も試行錯誤しつつ

あ、これいいな、

って思ったら
このブログとかTwitterで共有しつつ

続けていきまーす。



posted by Jun at 09:57| 英作文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする