オンラインSKype英会話はリアル英会話

2015年02月01日

C2プロジェクト (TOEFL, IELTS系な話)

C2プロジェクト

英語教師さんに、お誘いを頂き、
・リンク貼ること
・結果の公開
っていうことだけなら大丈夫かな〜って参加することにしました。

なんだか、最近人数も増え、驚愕しております(笑

今のメンバーは、公開されている通り、
(ランキング順)
英語好きさん
Red Bullさん
tatsさん
RYUさん
Bryceさん
Jun
Pippiさん
英語教師さん
Hidekazuさん
Hiroさん
おこのさん
りゅうさん
キャプテンさん
Timさん

です。
(抜けてたらごめんなさい。あと、このブログからもリンクしておきます)


あたし自身はTOEICメイン
TOEFLも娯楽で受けますよ〜的な
立ち位置でやってます、ってのは
名言しておりますし、それは今も変わりません。



先日の英検1級結果をちょっと見てると
(ふだん、他人様のブログはあまり見てません、すみません、、、バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)


英検1級解いてみました記事に衝撃を受けました!!

まずは、英語好きさんの結果&感想

で、RYUさんの結果&感想


思ったことは、

もぅ〜〜!!なんなの!???この人たち!!!!

They appalled me. です!!



で、ここで、Jun なら何を思うか?
このブログを長年読んでくださっている方なら
もうおわかりかと思います(≧ε≦○ )プッ



挑発されやすいタチです(笑
を放たれるとすぐに燃え上がります。
物心ついた頃から闘争心旺盛です。
幼少のみぎりから負けず嫌いです。


C2でのランキングも本気で上位を目指します!


ただ、レベルが"足元にも及びません"感がハンパないので、
ここは確実に戦略的に動かなければなりません。


で、具体的な作戦は?


。。。ない!


上位の人たちのブログを読んだりして
綿密な計画を練りたいと思います。

ここからは、いつもと同じですね。

計画を立て、
実行し、
適宜、軌道修正加えつつ、
自分に最適な方法で
考えうる最大の効率で
上へ上がっていく


なんでも同じです。

この時点で

Junが上がれるわけね〜だろ、

って思う方が大多数だと思います。

それはあたしがTOEIC885の頃も同じでした。
周りから見ても、900超えとか、ましてや
990なんてそれはそれは遠い夢物語でした。

英検1級だって、一部の天才だけ合格するもの、だと
自分でも以前思ってました。


ムリ、って思ったら、ムリなんです。


できる、って思ったら、できるんです。



一人一人、必要な方法、必要な時間は違います。
あの人がこの方法で半年で990獲った、ってことを考え
自分と比較しても仕方ないんです。

自分なりの、一番最適と思える方法を
試行錯誤しながら進むしかないんです。

ただ、かたくなに、
絶対この方法でやる、って決めつけるんじゃなくて
時々の微修正をすることをめんどくさがらないで
現実を見て、今の自分に欠けているものを補充しないと。


これは、昨日のスクーでも出た話と同じで
そのレベルに合った勉強法っていうのはありますよね。
600の人が990めざしている920の人と同じ方法を
真似してもそれはほとんどかなり非効率です。


だから、あたしもC2の上位の人たちを見て
同じ勉強方法をとるのは、これはダメなんです。
レベルが違いすぎるんだから。
ここは、自分に合った方法で。


ただ、思ったのは、
彼らも日々右肩上がり。

C2折れ線1.jpg

あたしはあたしで
試行錯誤くりかえしながら、
その勢いを追い越す必要があります。

C2Jun折れ線.jpg


現時点が違いすぎるので
そうそう簡単ではないのですが、
いつもやってることを増やす必要はありますね。
時間を見つけて
効率も高まるように。


こんながんばろうと思える機会をくださった、
英語教師さん
英語好きさん
RYUさん
ありがとうございます!
他の参加メンバーの動向もめっちゃ気になってきました、急に。
火が付くの遅くてスミマセン、、、

ちょっと待っててください。
やってみます。


2月TOEFLの後は
9月もTOEFL受けようかなと思ってます。
お財布に何事もなければ。。

IELTSは来年かなぁ。。

ちょっとまだSWもやってるので。
SWはS200取ったらやめます。

英検は
自己採点の結果、長文&リスニングノーミスでした!
とか言ってみたい。。


年間10回のTOEIC公開テストと
時々のTOEIC IPもありまして、
これらは、毎回990(全問正解)狙いでいきます。


それでは、よろしくお願いします。


posted by Jun at 11:17| C2プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする