オンラインSKype英会話はリアル英会話

2015年01月08日

語彙について思う事


やっと最近、繰り返し使ってる語彙本で
ページの中の色んな情報を参照出来るようになったな〜って。

たとえば、文で覚える単熟語。
最初は、単語を覚えるので精一杯。
文章を理解するので精一杯。

やっと、文章も丁寧に読んで
1センテンスの中に詰め込まれた色んな要素だったり
書いた人の意図だったりを
少しだけ、ほんの少しだけ考えたり出来るかな〜と言う感じになって来て。

同時に
単語のページでは
英単語と日本語を対で覚えようとするだけじゃなく

その日本語もいくつか意味があれば、一つだけじゃなくて複数見てみる。
あとは類義語も見てみる。

この、シノニムをチェックするってところが
すごく、あたし的には成長したな〜って感じるところ。
表現のバリエーションが増える。

文章に出てこない単語も載ってるからそれもチェック。

みたいな。

これって、でも、最初からやればいいじゃん、って思うかもだけど
最初はやっぱり余裕がない。

だから、その本を繰り返しやってるうちに、

その間に
模試解いたり
問題解いたり
他の英文読んだり
他の単語集使ったり
単語問題を解いたり

っていう、違う事もしながら
結局、語彙のベースを上げてる。

語彙の基礎力を上げて来たから
同じ本でも別の箇所に目を向ける余裕が出てくる。

何度もくり返し同じ本をやる、ってことは
こうゆうことなのだ。

苦手なものならなおさら。

ほぼ、コレ、パーフェクト、
って感じになるまで
occasionally とか
sporadically にくり返す。

あたしが900超え目指してたときからの仲間
ぴあのさんが「語彙はうるし塗りのように」って
強烈な言葉で表現してた。

もう本当に本当にその通り!

うるし塗り。

語彙の本は1級用にと何冊も持ってる。
問題集も。

語彙本ってどうやって覚えれば良いんだろう、って思う。
し、よく質問を頂く。

結局、アナログな
地道な、
苦痛に満ちた方法で
進めるしかないのだ。

書く
音読
見る(眺める)
音声で聴く

さらに、他のsource で出会う。


最近、ちょっとだけなんとなく
語彙はこうやればいいんじゃないか、
ってのもわかってきたから
地道に
血を吐くような
泥の中を這うような感じで
進めていきたいと思います。


語彙がわかってくると、
けっこー楽しい事が多いのも知ってる。

これは肌で感じる。

読めるものが(ちゃんと理解出来るものが)増えるし
BBCとか聴いてて正確にわかることが増えるし
さらにもっと楽しいのは
話したり書いたりするときに
自分の使う語彙や表現が増えたりするのが嬉しくなる。

ぽっと脳内に浮かんで上手に使えた時は本当に「えへへ」って思う。

文法本も今日新しく手に入れたので
語彙を鍛えつつ、文法もより深く理解しつつ
いろんなテストで自己ベスト更新できるよう
がんばります!


posted by Jun at 23:41| Comment(0) | 語彙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: