2014年12月22日

RTA (RedBull TOEIC Academy)に行ってきました


名古屋研究会のVOZEさん主催の
RedBull TOEIC Academy
参加してきました。

懇親会(=忘年会)には参加出来なかったので、
RedBullさん含め12人でランチ。

7月に名古屋研究会にご一緒させて頂いた方も何人かいたり
関西からの参加者の方もいて、
Skype模試メンバーは、モコちゃん、toshiさん、tomo君も
ランチから参加です。

楽しいランチの後は14時からRTA開始!

内容は、グプ太さんが詳しく書かれています。


おそらく、
あたしとは全然違うアプローチの仕方で
TOEICを受験している、と感じた方も多いでしょう。

ある意味、そうだと思います。

でも、色々確認出来た事がありました。
共通点もありました。


このブログの右側のスコア遷移を見て頂くと、
885から970に3ヶ月で上がって、
その後はほとんど950以下に落ちていません。

これ、この3ヶ月で何をやってたか、って
ひたすら、900点特急の音読とシャドーイングをやってました。
音声はアメリカ英語、イギリス英語両方あるので
1センテンスに2種類の音を聞きながら
3ヶ月、ほぼ、この1冊しかやってないくらいに
シャドーイングと音読やってました。

気分により、音読だったり、シャドーイングだったり
色々アレンジはしてました。

模試はほとんど解かなかったと思います。
っていうか、模試は数冊しか持ってなかったかも。。


で、あたしはこの3ヶ月の大ジャンプを音読のおかげと
思ってましたが、なかなか、
「本当にそれだけ?」
「もともと英語できたからじゃないの?」
って、あまり信頼度も高くなく。

ってことがあったので、
昨日のRedBullさんの話を聞いて、
あ、やっぱり、あの3ヶ月の音読はよかったんだなって思えました。

そして、その3ヶ月があったから
その後のスコアもそれほど下がらず、
けっこう良い点を取れています、今も。


ただ、RedBullさんがおっしゃってたように

「ふつーの人は、ここでやめちゃうんです」

って。
あたしも、狂ったように音読やってたのはこの3ヶ月だけです。
それ以降は、誤答ノートで音読したり
パス単覚えるときに音読したり
最近は、文単をお風呂で音読してはいますが

1冊同じものを使って、っていうのはやってないです。

あ〜、ふつーの人かもな〜って。


あとは、
どんな素材でも、自分の好きなものならいい、って
RedBullさんはおっしゃってました。


私は、テストとか試験とかが大好きなので、
やっぱり模試とか問題集を使うのが一番向いてるのかもしれません。

PBとかまったく読めないし
TOEICや英検1級にカンケーないようなジャンルの
読み物は一切キョーミがわきません。


好きなものを素材に、っていうのは良いですよね。
それぞれ趣味、嗜好が違いますし。


で、昨日は、私の弱点もはっきりとわかりました。
(初めてわかった訳じゃないですが。。)


RedBullさんに敵わないところだらけですが、
集中力もかなり衝撃を受けました。

私はリスニング中もリーディング中もよく他の事を考えてしまいます。
本番中でもそうなので、自宅模試など、それはひどいです。

昨日も、速読みたいな感じで、
冊子裏のパッセージをみんなで何度か黙読したのですが、
1回目だけちゃんと読むと、
私、2回目は内容がわかっているので、
すぐに思考がべつのところへふわふわしてました。

あ、ダメダメ、
って思ってすぐに意識を戻そうとするのに
ぜんぜん、どーでもいいことが頭に浮かんできます。

ここが、もう本当に弱いところです。


あとは、
辞書を使うのが苦手な事。
最近TLで話題の電子辞書。
某TOEICkerにおさがりをもらいましたが
本棚のどこかで眠っています。

英英辞書で、
a
the
を引くと良い

ってことを聞いたので
オンライン辞書で調べてみました。

もともと、英語の文章を読むのがとても苦手なので
英英辞典って、かなり頑張らないと意味が理解出来ないんですよね。。。

ちょっとココは頑張ってみたいと思います。


それでも、
最近は、英語ニュースアプリで英語を読むようにしてるので
やっと半人前には英語の文章を読めるようになりましたあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

去年の今頃は、
英語のウェブページに行き当たったら
瞬時に「戻る」または「閉じる」でした。

TOEFLを受験するときにも
申し込みは英語のサイトだし
英語でメールとか届くし

もう本当にいやでしたね。。
「このページを翻訳する」っていうのを押してみたり、
でも、結局へんな日本語で意味がわからなくて
英語で頑張って読んでみたり。


まぁ、それでも、1年かけて、
英語の文章を生理的に嫌悪する感情(苦痛)
かなり薄れました。

年内に、Devotion of suspect X を読み終えるはずが
(今年の最初の頃から読み始めた)
50%いったかどうかくらいなので、まぁ、ムリでしょう。
2015年中にはよめるかもしれません。


東野圭吾は好きなので、
ここでも好きなものを素材に、ってことができます。
ちょうど、2015年の10月に白夜行のPBがKindleで
出る、ってAmazonで見たような気がするので、
容疑者Xの献身は、それまでに読めればちょうどいいかな。


あとは
海外ドラマをiPodに取り込む、っていうの、
これは是非やってみたいですね。


毎日ひたすらpodcast で聞いてるのは
CNN, BBC, CBC, 豪ABC などで、
話題も英検やTOEFLに役立つようなところを
真剣に聞いています。試験につながらないと、まったく面白くも楽しくもないので。
内容もある程度理解出来るので楽しいです。
キャスターの喋り方の真似をしてJDHのシミュレーションやってます。




ただ、海外ドラマは

Gossip Girl
the O.C.
Desperate Housewives
は大好きです。
あ、あと、
Vampire Diaries
とかも。

DVDも買って持ってる、一部。
だから、音声だけ聞くのも楽しいかも。
DVDの時は英語字幕ですが、
インターネットで見る時は,字幕無しのを見てます。


あ、そうそう、あとは
1日15時間の勉強って言うのは
私は、高校生の夏休みでやってました。
あの頃は22時就寝3時起床でしたね。

これも、RedBullさんとちょっとだけ共通点??


あ、そうそう、
「学習ではない学習」っていうのも。

podcastは聞ける時はずっと聞いてるし
英字ニュースはちょっと手があいたらスマホで読んでる
お風呂で1級文単を読んでる。

これはあたしにとって、学習時間のカウントにはなってません。

それも、RedBullさんと同じじゃ〜〜んぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

って思いました。

(え?ぜんぜん違う??)


っていう感じかな〜。 RTAの感想。

とにかく濃い半日でした。


RedBullさんは、
あんなにスゴイスコア連発なのに
ものすごく腰の低い、物腰柔らかな方です。
でも、やっぱり人前で喋るのは
テキパキして、すごく引き込まれる感じでした。


その分、自分の今を見つめ直し
どうやって英語を勉強していくか、って
ことも、しっかりと考える事が出来ました。


私は,幸いにも(?)

英語を使って何をしたい、っていうのはありません。
英語の資格をとってどうする、っていう目標もありません。

英語力が欲しいわけじゃなくて
スコア、点数、ランキング上位、っていう
数字が欲しいのです。



ただただ、
ゲームとしての
TOEIC, 英検、SW, TOEFLを
楽しんでいるだけ
なので、
実用的な英語かどうかではなく
スコアを取るために
何が必要か、何が欠けているか
考えながら、
続けていきます。





posted by Jun at 21:22| Comment(0) | TOEIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: