2020年01月26日

1月の英語テスト:TOEIC LR, SW, 英検1級



1月は
12日 TOEIC LR
19日 TOEIC SW
26日 英検1級

と、久々にテスト三昧してました。

昨年夏から半年ほどなんのテストもうけず
休眠してエネルギーを蓄えつつ
語彙強化と文法書通読なんてやっておりました。

いよいよ復活です。


とは言っても、前のようなギラギラ感はないはず(笑

TOEIC Speaking, TOEFL iBT以外は
特に対策せずに、英語力の変動のままに
その日の体調や問題との相性も考慮の上の
結果が出ればいいなと思っております。


今日の英検はそれにしても難しかったかも。

語彙せっかくずっとやってるのに、問題として出されると正解を選べないのが割とあったり。。

でも、自分の中では今日のライティングがかなりイケてると思ってるので(どんなスコアになるのか)楽しみです。

英検協会の求める方向と違っていれば低く出るかもですが。

2月は16日にTOEIC SWを受けるだけなので
英語資格試験的にはゆったりです。


3月には怒涛のほぼオールスター

英検1級(二次試験)
TOEIC LR
TOEIC SW
TOEFL iBT

の4つがあります。

2月のうちにしっかり力を蓄えたいと思います。


TOEIC Speakingについては毎日模試を1個解くようにしてます。
あとは、写真とQ6, 10, 11について原稿を書いてます。
原稿を音読したりサンプルアンサーの暗唱をしたりしています。

今までで一番TOEIC Speakingに本腰を入れているかもしれません。
一時期のTOEIC LRにハマったときほどではありませんが、こんなに試験対策を毎日何かしらちょっとでもやるのはとても久しぶりです。

それでもなかなか200点満点は難しいかもですが、
今年はとにかくTOEIC S頑張ります。

TOEFLもSW中心に2月下旬から頑張ります。


英語試験、半年の冷却期間をおいたからか、
今とても楽しいです。

本当は良い点数を取れるのが一番ですが
今はあまりプレッシャーを感じずに受験できているので
それも良い感じです。



英語ジム らいおんとひよこ、ホームページリニューアルまもなく!
posted by Jun at 22:57| 英検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月02日

Happy New Decade! 〜この先の10年を考える〜



new-years-eve-4657142_640.jpg




2日目となってしまいましたが、
2020年あけましておめでとうございます!


A new year, a new decade.


ってことで、新しい10年が始まったようです。


(本音を言うと、新しい10年って、1から数えて10までなら、来年からじゃないかと思ったりしてるのですが、まぁ、ネット上でもオンライン英会話でもnew decadeとネイティブが言ってるので、0から数えて9までを10年でいいのかな〜と。。。)


1年ってことで考えると、今年の目標はツイートもしてますが

・英語力をあげる
・筋肉を鍛える
・PL合計250kg超える(BP50, DL120, SQ80)
・47kg級でPLの大会いくつか出る
・美肌、美容
・スペイン語取り戻す

(* PL = パワーリフティング)

っていう感じかなぁ。



ここではあらためて
この先10年ってことで考えてみようと思います。

とはいえ10年って長すぎて
英語的に、筋肉的に、美容的にどうなってるかとか
目標とか全然検討もつかないですね。。



それでも、まずは、らいひよの存続。
サービスを開始したのが2017年ですので3年目に突入です。
法人化したのは2018年11月なので、2年目。
今のところはsustainableですが、

俗にいう「企業生存率」って

ベンチャー企業の生存率を示すデータがあります。創業から5年後は15.0%、10年後は6.3%。20年後はなんと0.3%です。
日経ビジネスより

ってことなので、5年目には85%の企業がなくなってるってことです。
このパーセンテージには諸説あったり、ソースによって多少のズレはあると思いますが、
5年存続する会社はとても少なく、さらに10年存続する会社はもっと減るってことです。
そのさきの20年、30年を考えると、もっとでしょう。


SONYとかTOYOTAはすごいなあ。。。


なので、らいひよ的には、10年後も「存続している」ってことがまず第一の目標となります。

英語教育業界って、受験とか社会人向けとかいろいろ
この先10年で変化が出ると思いますが、
変わらない部分もあるでしょう。


その上、どの業界もそうですが、
最先端のアプリやIT技術、AIとか、
人間がやらなくてもいいことが増えて
動きを素早く察知して、柔軟に対応していかないと
淘汰されてしまう危険性が大きくあります。


10年って、昔はそんな変化もなかったかもしれないけど、
今は1年で全然いろいろ変わります。
すごい時代に生きてるなぁって思います。


情報を取り入れることはもちろんのこと
不要な情報はシャットアウトすることも重要だったり

tech-savvy であることは大きな武器になると思ったり

(その意味ではIT業界にいた経験もちょっとは個人的にアドバンテージと思っている)


それでも私もやはり昭和の人間

過信するのはよくなくて
新しい考えや技術を、謙虚に学ぶ、ってことが大事だなぁと思います。


歳を重ねると経験が増え知識がつき
若い年代を見ると「まだまだだな」と上から目線になることもしばしば

でも、Gen Zers(Generation Z)は、デジタルネイティブ。
感覚がまったく違ってたりします。それは想像するしかなく、こっちの世代とあっちの世代を大きく分ける違いなのかなと。


謙虚に
素直に
柔軟に
変化に敏感に

全面的に迎合する必要はないけど
この先、100才まで生きることを考えると
まだまだ先は長い(長すぎる!!!)


今の自分を知り、
他人との違いを受け入れ、
器の大きな人間になりたいと思います。



そしてもちろん
個人的な10年後の目標は

・英語
・スペイン語
・筋肉

(ここら辺は10年前とか20年前とか、はるか昔学生時代から変わってない)

・見た目年齢大きくマイナス
 → これは顔だけではなく身体も重要。いつまでもビキニ着れる。美しい背中。手の甲も。全身肌すべすべ(かかとまで!)。

でも、少し前と変わったのは、激痩せを望まなくなったこと。
前は「痩せていれば痩せているほど、いい」と思ってたけど、今は筋肉は美しいと思っているので、そこまで痩せてなくてもいいかな〜と思ってます。もうすでに、肩とか「どうしたの?」っていうくらいモリモリしてますが(爆笑!!


っていう感じかなぁ。

毎年、年末年始に感じることは

「去年は一昨年より遥かに良い1年だったなぁ」ってことです。

これは毎年思うので、1年ごとに人生ってアップグレードしていくものなのかな、と今は思います。
これが100才まで続けばいなぁ。


それには自分の努力あるのみ。選択の繰り返し。


失敗することもあるけど、1年単位で結果オーライならいい。



ところで、、

英語ジム らいおんとひよこ、ホームページリニューアル、もうすぐです!


本当は、法人化1年の節目でリニューアルを予定してましたが、
結構、我々のこだわりも強く、
業者さんに無理を言った部分も多く、
ちょっと後ろ倒しになっています。

今、せっせと作業してもらってます。

2月頃に、公開できればいいなぁというところです。
お楽しみに!!!





posted by Jun at 09:50| 目標設定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月09日

英語リーディング力を鍛えるメリット3つ


background-1090148_640.jpg



個人的にここしばらく続いているのが、英語を読むこと。
National Geographicは2年定期購読してたし
Scientific Americanは時々単号で買ったりしてたのを定期購読6ヶ月しました。

そして、今はいったん定期購読を両方止めて、
別の雑誌を単号で買って、他に面白そうなのないか物色しています。

昨日から、完全に表紙だけで選んでしまったDiscoverを読みはじめました。
(あ、一応内容は時事というよりサイエンス寄りとわかった上で)

Discovery.png



なんでこんなにリーディングを重視してるか
なんであんなに苦手だったリーディングが嫌じゃなくなったのか
どれくらい丁寧に読めばいいのか
英文をたくさん読むとどんないいことがあるのか

そういうことを考えてみたいと思います。

まずは、英語リーディング力を鍛えるメリット3つとしては、

・丁寧に読む癖がつき、正しく&速く読めるようになる

・語彙・表現のストックが増え、コロケーション含め英語の感覚が育つ

・ライティング、スピーキング強化になる


これですね!

最初の「丁寧に」っていうのは

・語彙、文法、構文を一つ一つ確認すること
・センテンスごとに、主語はどれか動詞はどれか、文型は?構文は? 修飾関係はどうなってるか 先行詞はどれ?代名詞が指すものは? このtheはなんでtheなんだろう(なんでa じゃないんだろう)っていうことを考えながら読むこと
・センテンスとセンテンスのつながり・関連を考えながら読む
・パラグラフ単位でどんなことを言っているのか
・パラグラフ内でどんな論理展開をしているか
・パラグラフとパラグラフの間のつながり・関連を考えながら読む
・文章全体の流れ・論理展開は?
・文章全体で言いたいことはなんだろう?

っていうのを、細かく丁寧に見てく、ってことです。



そして、その過程で、「英語の感覚が育つ」っていうのはピンとくると思います。
この文章ではこんな単語が使われるのか〜、こんな表現があるんだなあ、とか
この名詞を目的語に取るのはこの動詞が多いのか、とか
この形容詞と名詞がくっついてることが多いなぁ、とか


で、最後に、「SW力へ」これらの全てが組み合わさって、
ライティングをする時に、単語のチョイスだったりが少しずつ洗練されてきたり
バリエーションが増え、パラフレージングもできるようになり、
そうなると、スピーキングの時に、ふと頭に浮かぶ語彙・表現が適切で、豊かになる、、、みたいな



もう、これ英語読むしかありません!!


Amazonで単号で買うこともできるし
Fujisan.co.jpで、定期購読できます。


例えば、



NATIONAL GEOGRAPHIC MAGAZINEの定期購読



SCIENTIFIC AMERICANの定期購読


って、サイエンス系ばかり推しちゃうんですが、
もちろん、英語学習者に人気のTIMEも1年とか2年って定期購読ができるみたいです。
→ TIME(タイム)定期購読

→ 英国The Economist定期購読



これにプラスして、私個人的には


・例文暗唱、語彙強化
・シャドーイング
・ポッドキャスト
・Netflixで海外ドラマ
・TOEFLの勉強
・TOEIC Speakingの勉強

とかをやってて、

その辺のいろいろ相乗効果もあると思うんだけど、

やっと、ついに、洋書ペーパーバックが読める気になってきました!!


以前、(覚えてる方もいるかもしれませんが)何年か前に、
Journey Under the Midnight Sun1冊を2年くらいかけて読み終わったことがあるだけで(2年かかってそれを読み終えたと言っていいのかどうか甚だ疑問)、とにかく洋書は読めない!と思ってました。


Journey Under the Midnight Sunは東野圭吾の「白夜行」の英訳で、日本語のやつは100回くらい読んでいる大好きな本です。
ストーリーは全て頭に入っているのに、2年もかかって、もう本当にちょっと途中でやめそうになりました。


今回は英訳じゃなく、元が英語の(しかもちょっと古い英語の)Gone with the Windを(性懲りもなく)読みはじめ、
結構、苦痛なく、日本語で読むのと大差ない気軽さで読んでいます。(日本語版はこれも100回くらい読んでいる「風と共に去りぬ」です)



英字雑誌は定期購読して、小さい記事も大きい記事も、編集長コラムも全て読むし、別に苦痛でもないのに、小説だけはどうしても無理!ってもうずっと思ってきました。それが急に楽になったのです。



その原因はなんでかな、って考えてみると


・英字雑誌で興味あるもの(時事英語とかニュースは興味がないのでサイエンス系)をしばらく読んでた
・例文暗唱とかで語彙強化をしてきた(英単語検定1級も無事合格)
・シャドーイングで英語の感覚を磨いてきた
・文法書を1冊通読し(今2冊目丁寧に読んでる)文法知識を感覚ではなく体系立てて勉強してきた
・とりあえず、好きな小説のオリジナルから始めてみた

ってところでしょうか?


好きこそものの、って言いますが、


読みやすい洋書(GRとか簡単めの小説)から読み始めることなく
*昔(10年前くらい)GRとかもトライしたことあります


英字雑誌も興味のあるジャンルで
ポッドキャストも興味のあるジャンルで
やってきました。


やっぱり、なので、好きなものから始めることをお勧めしたいと思います。
自分がテンション上がるものっていうのは、他人がテンション上がるとは限らないし。


Netflixだって、相変わらず、Gossip Girlばかり繰り返し全シーズン見てます。

他にも、Dynasty, Lucifer, THE ELITE(スペイン語)を見てますが、これらも、シーズン1から繰り返し見てます。

他のドラマや映画を見ても、すぐに途中でやめちゃって、上の4つに戻ってしまいます。

DynastyはGossip Girlと制作陣が同じなので、BGMもめっちゃ好みです
後ELITEもなんかGossip Girlとかぶるところとか、サントラも(スペイン語が多い)かっこいいのが多い。

ドラマで出てくる音楽はShazamに聞かせて、Apple Musicで登録してます。


あと、メンタルちょっと疲れたな、とか、一回脳をリセットしたいなって時にthe bigbang theoryを見てます。


今ちょっと気になっているのは、V-Wars。主人公がヴァンパイア・ダイアリーズの人だ!って予告編見てました。

チェサピーク海岸もちょっと見てたんだけど、かなり後になって、この主人公の男性、デス妻のガビーの不倫相手だった高校生ジョンが大人になってる!!!って気付きました(どっかで見たことあるなぁ、、って。)


英語字幕はつけたりOFFにしたりしています。


スペイン語は必ずスペイン語字幕にしてます。
オンラインのスペイン語辞書で時々引いたりしてます。
英語と同じくらいの学習量をやればかなり上達するはずなんだけど。。


っていう、今日は、英語リーディングの効果についてと
好きなことからやってみよう!ってことでした。



英字雑誌もそうだけど、そもそも英語を読むことがイヤでイヤでしかたがなかった私が
いつの間にか英字雑誌を定期購読することになり
しかも、2020年はついに洋書を何冊か読めるかもしれないという明るい展望が見えてきた今、
ますます英語学習が楽しくなってきております。

語彙や文法も強化しながら、その結果としてSやWが上達すればいいなと思っています。



英語の試験も来年は完全復活します。
じっくり羽を休め、栄養を補給することができたので、
これをアウトプットする場へ。

テストとか受けないと、英語力が上がっているのか下がっているのかわかりません。
受けたってスコアがちょっと上がったからって別に上達したことにはならないと思うけど、
それでも、この半年〜1年でやってきたことが少しでもテストスコアに現れればいいなと思います。

試験対策をコテコテにやることがなくなったり
テストの形式そのものが変わったり(TOEFL, TOEIC Sとか)してて
点数につながるかどうか、そもそも怪しいところですが、

自分がやっている勉強方法は正しいという自信と
量や時間については、追い込めてないなぁという感覚と
両方ありますが、

このまま淡々とコツコツ頑張っていきたいと思います。



英語ジム らいおんとひよこ コース一覧・料金表はこちら



books-261228_640.jpg



posted by Jun at 08:14| 英語を読む事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月05日

英語力のアウトプット強化にオススメ

bag-21467_640.jpg




❄️12月のキャンペーンのお知らせ❄️

下記コースでプロモコード[2019Winter]をお問合せフォームに入力の上ご入会の場合に、

入会金5000円オフとなります!

今だけ

対象コース:
 🎄さくらこ 中級スピーキング&発音コース
 🎄さくらこ 上級スピーキング&発音コース
 🎄アカデミックライティング特訓コース


スピーキング&発音コースは、
在米歴6年/EPTR 英語発音テストで満点を取得したトレーナーから、本格的なアメリカ発音への矯正やリズム・イントネーション指導を受けられます。


アカデミックライティング特訓コースは、
早稲田大学理工学部を卒業後、​英文学を志し渡英。英オックスフォード大学で英文学のディプロマ号、ニューカッスル大学で英文学博士号を取得し、​Doctor of Philosophyの称号を得たYasuakiの担当です!


12月だけのキャンペーンなので、お早めにどうぞ!

お申し込みフォームにプロモコード[2019Winter]を必ず入力ください。
これがないと適用されません。




posted by Jun at 19:15| らいおんとひよこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月26日

Comfort Zone を飛び出す 世界を広げる


gym-595597_640.jpg




Comfort Zone を飛び出す 世界を広げる


な〜んて大袈裟な感じですが、

行ってきました、パワーリフティング大会


初めての出場で、しかも、一人でそんなところへ行く。

(パワーリフティング 専門のジムとか通う人とか、
国体の選手とかはセコンドが必ずついてきます、
でも、Junにはそんな人はいません)

9月に 出よう!  と決めてから
トレーニングと減量をがんばってきました。

人生で数回あるかないかくらいの
一番健康的に、いい感じで成功したダイエットだったかもしれません。


朝は バナナ+豆乳(プロテイン粉末プラス)
昼は キャベツ+豆腐
夜は キャベツ+豆腐

で、飲み会が(いつもはないのに)月1回程度珍しくあったので
その日は烏龍茶と野菜とか魚のみ、
肉とか炭水化物、デザートは全て他の方に食べてもらって、みたいな。


ダイエット中でも「ま、いっか」って自分に甘くなるのが常なのですが、
今回は、コントロールできました。



家から遠いし、気温は急に下がったし
朝は雨降ってるし、本当に行手を阻むものがたくさんあったんだけど

行ってきました!


そして、



パワーリフティング大会で、世界が広がりました。


私の実力は、TOEICでいうと250点くらいです  No offense.
で、いきなり大会に出てみた、っていう感じで。

ジュニア選手から、大人〜年配の方まで様々ですが、
同じくらいの年代の同じくらいの体型の女性たちで

かなり重いのを持ち上げたり、かついでスクワットできたりします。

デッドリフトっていう種目があるのですが、
これは、私的にはだいぶ目標大幅更新した数値で75kgだったんだけど
これは出場してた女性の中では最弱(年齢とかかかわらず)

60歳を超えた方も120kgとかそんな数値でした。


そして、もう一つ驚いたことは、
同じ年代の似たような体型に見える(つまり、そんなにデカくない)女性数人と仲良くなったんだけど
見た目同じ感じなのに、私は52kg級、彼女たちは57kg級でした。
実際の体重はその数値より低くないと失格なのですが、
検量の時の数値を聞いてみたところ、5kg以上は差がある。。。なのに見た目同じ。。

これがショックでしたね。

つまり彼女たちは筋肉が多いからその重さであって、
私も1年ゴールドジムに通って、だいぶ筋肉増えて
腹筋もいい感じで割れてきたのに、全然まだまだなのか。。って思い知った。


これは大会に出なければわからなかったことです。

通っているゴールドジムはパワーリフティングやっている人が少なくて
(そもそも女性も少ないけど)
ボディビル系(フィジークとかビキニとか)の人の方が多い。

だから、大会で同じ競技をやっている、同じ年代の同じ女性と話ができてよかったな〜って



これって、会社とか昔からの友達にTOEICや英検の話をしても、よくわからない顔されるのと同じで
パワーリフティングの話を今までの知人・友人に話しても「すごいねー」で終わるところなんですよね。


そういう意味でもよかったな。って。


初出場ってことで右も左も分からない私に、もう何度も出ていて「私の庭よ」くらいの人がとっても優しくしてくれて
「うちのセコンドいるから!一緒に面倒みてあげるよ」って。
本当にそのセコンドの方、私の記録シートとか記入とかしてくれて、もう本当に感謝です。


そして、何人か仲良くなった人たちと交流試合に参加することにしました。
それとは別で来年の公式の大会も(募集はまだしてないけど)情報に気をつけて
今度はちょっと勝手がわかるし、もうちょっとチャレンジングな数値を出せるように頑張ろうかなと思います。


とにかく、ゴールドジムに通って自分の筋肉が増えてきたことに喜んでるだけじゃ知り得なかった
いろんなことを知ることができました。


英語の仕事をしてるからって英語ばっかり(もちろん英語は優先だけど)じゃなくて
世界を広げるってことは、人生全体を考えて重要だなと思います。


Runを再開して、マラソン大会に参加したり
トレイルランにも興味があるので、初心者講習に来年どこかのタイミングで行きたいなとか
パワーリフティングがまだまだ未熟なのに、そんな今から目移りしているところです。






posted by Jun at 22:12| Jun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする